テレビを見ない生活

テレビを見ない生活が5日間続いている。

もともとテレビにかじりついていたわけではないので、特に支障はない。むしろ快適と言ってもいいくらいだ。

なぜ、見なくなったのか・・・

実は、うちのテレビはまだこのタイプなのだが・・・・

(驚かれそう・・・)

地デジ放送開始になってからも、契約していたケーブル会社が無料でチューナーを設置してくれたので、問題はなかった。

しかし、やはり画面が小さい。

そろそろ薄型大型画面のテレビに買い換えたい、同時にこの際ほとんど見ないケーブルテレビも解約したい、と思い始めた。

あわてる必要はないので、テレビを買うのは6月の旅行が終わってからゆっくりと、の予定だった。

ところが、ケーブルテレビの契約が5月末で切れる。解約をこのタイミングでしないとまたまた1年更新しなければならなくなるので、あわてて解約の手続きをした。

外のケーブルもチューナーもすべて撤去され、今はテレビはあるが映らない状態。

旅行に出かける6月上旬まではこの状態が続くわけだ。

今はテレビの代わりをラジオがしている。いつも聞いている局はNHK。震災以来ずっと。アナウンサーの聞きやすい声、落ち着いた語りが耳に心地いい。無駄なおしゃべりやコマーシャルがないのもいい。歌謡曲が少々多いのが難点だろうか。

夜7時、ラジオのニュースを聞きながら食事をする。 夫婦の視線の行き先は今までのテレビからお互いの顔へと移った。

昔に戻ったような生活だが、これが案外快適なのだ。ひょっとしてテレビなんていらないかも・・・・。

広告

安堵

このところほぼ毎日送られてくる赤ちゃんの写真に目を細めている。

「次はもっとアップにして」「横顔も見たいよ」「手や足も」・・・

動かない写真は少々もどかしく、娘への返信に次回への要望を書き込む。

今朝はぱっちり目が開いている写真が送られてきた。

「やっぱり外人っぽい。でも目が黒いからやはりハーフ顔だね。」

顔なんてどうでもいいよ、健康で生まれてきてくれさえすれば・・・なんて言ってたのに、つい顔に注目してしまう。

☆ ☆ ☆

喜びとともに、今ひしひしと感じる安堵の思い。

それは、娘が現在最高の幸せを感じて日々を送っていることへの安堵だ。

娘が泣くと、私も悲しかった。

娘が喜ぶと、私もうれしい。

それが親子だ。

この気持ち、今の娘はきっとわかるはず。

孫に会うのももちろん楽しみだが、元気な赤ちゃんを抱っこする娘に一日も早く会いたい。

旬の味

今が旬のグリンピース

我が家の畑のグリンピースは、春先全滅かと思われたが、生命力逞しく成長を盛り返し、見事にたくさんの実を付けてくれた。

1回目の収穫は豆ご飯にした。

豆ご飯のコツは、豆を先に茹でておいて、御飯が炊きあがってから入れる。これだと緑鮮やかな豆ご飯になる。ただ、これではご飯にあのグリンピースの香りがついてくれないので、さやを15分ほど茹でておいて、その茹で汁でご飯を炊くのだ。

ああ、写真をとらなかったのが残念!

さて、昨日は2回目の収穫。

ぎっしりつまったグリーンピース

今度は桜エビと一緒にかき揚げにしてみた。

.ビールにぴったし。

豆ご飯も、かき揚げも旬の味

・・・どこか懐かしい味がするのは気のせいか・・・。

はずせない

落ち着くんだ!

しっかり吐いて、しっかり吸うこと。

決してあせらないこと・・・

4秒・・・3秒・・・2秒・・・1秒・・・GO!

壁を蹴って水中に飛び出す。

☆ ☆ ☆

約1時間のスイムトレーニングは、いつも必死だ。

力を抜きつつ気持ちは泳ぎに集中する。 頭の中は泳ぐことしか考えない。

常に秒針時計を気にしつつの1時間。

コーチの「はい、今日は1500m泳ぎました」の声に、思わず笑顔がこぼれる。

☆ ☆ ☆ 

週末、ささいなことから夫が不機嫌になり、それが私の不機嫌の種になり、ずっと陥っていた夫婦の不機嫌スパイラル。

泳いでいる間に、断ち切れたみたい。 

あんなに、イライラしてたのに・・・もう何も感じない。

こっちからは、絶対喋ってあげない、と思っていたのに

夕方、夫に「ビール飲む?」と声をかけていた。

プール通いはやっぱりはずせない。

祝う

予定日を3日過ぎた。が、まだ・・・・・産まれない。

でもそろそろだろうと思い、今朝、もち米を洗った。

いっぱい作って冷凍しておけば、いつでもお祝いできる。

20110511

その後、いつものように2階に上がりMyパソコンのメールチェック。

あっ!

来てる。 娘からのメール。

タイトルは ”Boy”

誕生したばかりの赤ちゃんの写真も一緒に送られてきていた。

良かった、良かった。 本当に良かった。

今夜は赤飯でお祝い。 ばんざい~い。

母の日

息子夫婦から、母の日のプレゼントが送られてきた。

と言っても、現在住んでいるアメリカからではなく、日本の業者にネット注文した品物。

中身はスペイン産チーズとイベリコ豚のハム。

便利な世の中だ、とつくづく思う。

ありがとうの返事を送る前に、念のため去年は何をもらったんだろう・・・と思いだそうとしたが思いだせない。

こんな時は、ブログでチェック。

一昨年はカーネーションだった。

去年は? ああ、残念、書いてない。 

だが、母の日の記事は書いていた。

実家の母へ電話したこと、母と一緒に写っている写真のことなどを。

そうだ、去年の今頃はまだ母がいたんだ・・・・

母のこと、このところすっかり忘れていた。

今夜は、天国の母への感謝もしつつ、おいしいチーズとハムでワインを飲もう。

囲碁教室

3月のある日、回覧板で回ってきた公民館の案内に囲碁教室の入会者募集を見つけた。

かつて、日曜日の午後になると教育テレビの囲碁の時間を面白そうに見ていた夫の姿を思い出し、「囲碁教室、行ってみたら?」とやんわり促してみた。

毎日、散歩・畑・読書を繰り返している夫は十分満足そうだが、私から見ると、外の人との接触が少々不足気味。 囲碁教室でお友達ができれば・・・と、ひそかに期待した。

夫は意外にすんなり囲碁教室に通いだした。 教室は週3回、 一回3時間(・・・いいねえ。) 

囲碁教室のメンバーは?・・・おじいさんが多いよ。 自分は若い方。 あっ、そうそう、子供が幼稚園で一緒だった○○さん(奥さんの方)が来てたよ(ちょっとうれしそう)。

みんな強いの?・・・いろいろ。

おもしろい?・・・久しぶりに頭使って、とても楽しいよ。

やったあ、夫の余暇時間開発・・・成功!

先日、押入れに仕舞ってあった碁石と碁盤を出してきてあげた。会社の先輩から結婚祝いに頂いたものだが、ほとんど使っていない。 

 

私「せっかくあるんだから、使いなさいよ。」

夫「じゃあ、一緒にやる?」

おっと

ごめん

私、羊で忙しい。