本番無事終了

自分は気が小さい・・・・

と何度も思う。

合唱団の練習で突然歌詞が出てこないことが度々あり、

本番でそうなったらどうしよう・・・と思うと恐ろしくて恐ろしくて。

恐怖を振り払うには練習しかない。

自宅で10秒のソロの部分を何度も何度も歌った。

朝は夫が散歩に行っている間に。

夕方は、シチューの鍋をかきまぜながら、

お茶碗洗いながら

ピアノとキッチンをいったりきたり。

本番の日の朝、おまじないにと歌詞を手のひらに書いた。

 

さあ、いよいよ

20111008a

会場には予想以上の人が・・・・ああ、緊張する~

 

20111008b

我々の出番はプログラム開始から1時間半後。

自分たちの演奏直前まで客席に座っていなければならないので、

この時間は結構きつかった。

 

いよいよ本番。

客席が見える・・・落ち着いている・・・大丈夫そう・・・・

 

”ここはまつしま おじまがさきよ ほしのちろりに ききょうがさいた”

よかった。

ちゃんと歌えた。

やっぱり練習しておいて良かった。

 

最後のステージは、このコンサートのために結成された混声合唱団の演奏(私は出てないが)

歌は「ふるさとの四季」

ふるさと、春の小川、鯉のぼり・・・・紅葉、冬景色・・・と懐かしい曲が続く。

20111008c

いつものことながら、

最後の「ふるさと」の曲を聞いていると目が潤む。

 

この日集まった義捐金は約100万円。

H市と防災協定を結んでいる宮城県石巻市へ送られるそうだ。

本番無事終了」への2件のフィードバック

  1. 拍手!!よかった!ご苦労様でした。

    すごい!百万円も?!
    石巻はファンである辺見庸氏の故郷だなぁ・・・。

    温かいコンサート、私が行ったあの地にもwave届いたよきっと。

    • utaさん、拍手ありがとう。 おかげさまでちゃんと歌えたよ。
      コンサート会場は、出来るだけ開催費用をかけないようにということだったのか、入り口も舞台も華やかさには欠けたけど、演奏する人たちと足を運んでくださったお客様達が「音楽」そして「東北震災支援」で繋がっていて、とても温かい雰囲気だった。
      utaさんの行った町がちゃんと復興すること、心から願ってるよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中