足付焼網

毎週BSで放送される「京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし」をよく見ているのだが、

この番組で手作りの「焼網」が紹介されたことがある。

・ガスコンロでパンもおいしく焼ける

・しっかり作られているので、たわしでゴシゴシ洗ってもびくともしない

「あっ、いいな」と思ってから随分経つのだが、つい先日ようやく購入した。

 

これが京都辻和の焼き網

20111130a折りたたんだ部分を広げると

20111130b足になる

20111130c

さらに、セットになっている焼網受(ステンレス製)がガスの直火を和らげ熱をまんべんなく広げてくれ

 20111130d 食パンも、ほら、こんなにきれいに焼ける。

我が家にはトースターがなく、毎回大きいオーブンで食パンを焼いていたのだが、時間がかかる上、焦がすこと度々。

もっと気軽にトーストを食べたいと思っていた私には救世主。

 

この焼き網は、野菜・お餅・干物などを焼くのに最適で、汁の落ちるものは避けた方がよさそうだ。

焼き網にしては少し高いお値段だが、料理道具としては一生もの。

 

ところで、この焼き網はネットでももちろん買えるのだが、

今回は、手織り生徒仲間だったUさんが鎌倉にオープンした小さなお店「十和」で購入した。

お店の様子は→http://loosetube.exblog.jp/15016260/

彼女のブログは→http://d.hatena.ne.jp/towakamakura/20110901/1314892160

広告

興奮不眠

先週3日間催された手織り工房展示会、無事終了した。

ぎりぎり間に合わせたあの「紅葉色ブランケット」もお嫁入り。

一抹の淋しさを感じないではないが、どなたかの膝や背中をやさしく温めるのだと思うと、幸せ感の方が勝る。

 

今回も「動物園の羊を織りました」の貼り紙とマフラーを展示した。目を止めていただいたお客様には、これまでのいきさつ・苦労話などをお話したが、みなさん「おもしろい」と思って聞いて下さった。

普段寡黙な生活をしている私には、展示会を手伝った2日間は刺激の連続。脳みそはかなりの興奮状態に陥っていた。家に帰ってもその興奮はなかなか冷めず、夜布団に入っても寝付かれなかった。

次々とアイディアが湧いてきて・・・

 来年もあの羊たちの毛をもらおう。

 今度は仲間みんなでシェアして、其々の作品を作る・・・個性が出て楽しそう。

 そうだ、羊の毛で、ワークショップ「動物園の毛で作りましょう」はどうだろう。

  1回目は洗毛 2回目は染色 3回目は紡ぎ 4回目はフェルト作り・・・なんてのはどう?

 会場は時々ワークショップを行ってる市の美術館がいいかも。

 講師は仲間たち。

 いいな、いいな、こんなことできたらいいな。

ネット投票

熱血オヤジバトル・中日本ブロックのネット投票が今日から開始される。

早く姉の歌を聞かねば、と思って今朝早くそのWebページを開いてみたのだが、早すぎたようでまだ準備中。何時から始まるんだろう・・・

ちなみに西日本ブロックの投票結果が発表された。

一位は560票、最下位の14位は26票。

決戦に残れるのは1位だけ。

560票はさほど大きい数にはに思えないのだが、関係者しか投票しないから案外難しいのかな?

 

娘はスウェーデンから、

息子はアメリカから、それぞれ投票クリック。

彼らの友達もクリック。

こっちでも、あっちでもクリッククリック・・・

このブログを訪問して下さった方も

中日本ブロックのN&K「投票」お願いしま~す。

ここから→http://www.nhk.or.jp/oyaji/selection/

 

ついでに宣伝

姉のグループが来月コンサートを開く。

タイトルは「一生一度コンサート」・・・(ほんとに一度でいいのかしら?)

そのチラシを画像ファイルで送ってきた。

20111125

お近くの方は是非どうぞ。

近くでない私は、残念!行けない!

その日はコーラス発表会の1週間前で大切な練習があるのだ。

N&Kのコンサート成功を祈る。

間に合うか・・・?

昨夜、織りあがった布・・・

20111121a 全体は最初のイメージ通りで満足。

だが、縦糸がブツブツ切れ思いのほか手間取った。

今朝からは房作り。

5月まで通っていた手織り教室の展示会が木曜日から始まる。

佐藤 愛 織工房展

日時:11月24・25・26日 11:00~5:00

場所: 愛工房(大磯町 東小磯534)

img029

先生の作品(↑)のほか、現役生徒&卒業生の作品も展示される。

紅葉色ブランケットはこれに間に合わせるつもりではなかったけれど、

がんばれば間に合いそう。