京都旅行 その3

京都3日目。 昨夜の雨も上がって、清々しい朝。

ホテルから20mほど歩くと早朝から営業している食堂が。

logo このロゴ、どこかで見たような・・・

そうだ我々が時々利用するあの旭食堂の看板マークと一緒。

なんだ、チェーン店だったのか。

だからなんだ、名前は旭食堂ではなく「四条西洞院食堂」だった。

もちろん朝ごはんはここで頂いた。

 

駅のロッカーに荷物を置き、まず向かったのは夫が是非とも行っておきたい(いや、私に見せたい)という大学エリア。

 20111031a 20111031b

「随分変わったなあ・・・」と夫。

夫が学生の頃はまさに学生運動真っ盛りで、立て看板などが乱立していたはずだが、今は、構内にはごみ一つなく、美しく静かなキャンパスとなっている。

「あれから何年経ってると思ってるの・・・40年よ、40年!」

構内を横切り、夫が住んでいた下宿エリアを歩く。

20111031c今にも壊れそうな階段・・・人が住んでいるのかいないのか・・・。

下宿に向かって夫が足早に先を歩く。

3畳一間の小さな下宿・・・・その建物を見つけた。

昔のままだと言う。表札も同じ。

ピンポンを鳴らせば、大家さんが出てくるはず・・・・でも夫は鳴らさなかった。

 

下宿から少し歩くと

20111031e哲学の道

 20111031f銀閣寺の入り口

 20111031gそして、私がもっとも訪れたいと思っていた法然院へ。

 

  20111031i 20111031j

実は、時々パソコン操作のお手伝いをしているKさんはこの法然院の真ん前に住んでいらした。

お会いするたびに、京都での暮らしの思い出を話される。

 

20111031h法然院の前の住宅・・・・多分ここに住んでいらしたのでは。

なぜ、こんな素敵な場所を離れちゃったんだろう・・・。

 

歩いて歩いて、南禅寺

20111031k 

20111031l境内にある疏水閣

明治時代、琵琶湖からの水を京都市内に引くため造られた煉瓦の水道橋。

お寺の敷地内を通っている。一見妙だが、お寺の古さにすっかり馴染んでいる。

20111031m 怖々三門に上って、下を見下ろした。紅葉には少し早かったようだ。

 

生まれて初めての京都旅行は、30年前の子連れ急ぎ足の旅だった。

2度目の今回は余裕の3日間。初日は観光客の多い有名処に行ってしまったため二人ともピリピリしてしまったが、二日目以降は、自分たちの興味とペースを考えて、ゆっくりのんびり歩くことができてとても満足。

それにしても、よく歩いた。

歩けたからこそ楽しかった。

旅の基本は”歩く”こと・・・と知った。

京都旅行 その3」への2件のフィードバック

  1. チャイムを押さなかったHさんの気持ちがほんの少しわかるような・・・。

    歩くことは生きることに、歩くことができることは生きていることに繋がっているよね。

  2. チャイム、私が押したらどうなってたかしら・・・なんて、いろいろ想像しちゃうよ。

    今回たくさん歩いたけど、案外平気だった。 散歩の効果かしら・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中