興奮不眠

先週3日間催された手織り工房展示会、無事終了した。

ぎりぎり間に合わせたあの「紅葉色ブランケット」もお嫁入り。

一抹の淋しさを感じないではないが、どなたかの膝や背中をやさしく温めるのだと思うと、幸せ感の方が勝る。

 

今回も「動物園の羊を織りました」の貼り紙とマフラーを展示した。目を止めていただいたお客様には、これまでのいきさつ・苦労話などをお話したが、みなさん「おもしろい」と思って聞いて下さった。

普段寡黙な生活をしている私には、展示会を手伝った2日間は刺激の連続。脳みそはかなりの興奮状態に陥っていた。家に帰ってもその興奮はなかなか冷めず、夜布団に入っても寝付かれなかった。

次々とアイディアが湧いてきて・・・

 来年もあの羊たちの毛をもらおう。

 今度は仲間みんなでシェアして、其々の作品を作る・・・個性が出て楽しそう。

 そうだ、羊の毛で、ワークショップ「動物園の毛で作りましょう」はどうだろう。

  1回目は洗毛 2回目は染色 3回目は紡ぎ 4回目はフェルト作り・・・なんてのはどう?

 会場は時々ワークショップを行ってる市の美術館がいいかも。

 講師は仲間たち。

 いいな、いいな、こんなことできたらいいな。

興奮不眠」への1件のフィードバック

  1. ひとつの発想が何倍にも膨らむことの充実感とそれを現実化するまでのワクワク感。
    使うエネルギー以上の生きる力がそこにはある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中