京都旅行 その2

京都二日目。前日、夕方からの同窓会のことが気になって午前中の観光にあまり身が入らなかった夫だが、二日目は朝から元気。8時ごろホテルを出る。

まず訪れたのは、京都駅近くにある東本願寺。

    P1050752 P1050753

ここは浄土真宗の宗派の一つ・浄土真宗大谷派の本山。夫の実家が檀家となっているお寺のトップに立つお寺だ。北陸地方は浄土真宗の信仰があつく、京都へ足を踏み入れる際は必ず最初にここを訪れること・・・と夫は両親から言われていたらしく、学生時代は帰省から戻ると必ずここに立ち寄ったのだそうだ。

巨大な建物に圧倒される。さすが所属寺院8900の頂点だけのことはある。が、信仰心の薄い私にはその有難さがよくわからない。

次に向かったのは、京都から少し足を延ばして宇治の平等院へ。

P105075510円玉に刻まれたあの建物。だが 頭の中にあったイメージより少し小さかった。

P1050761 公衆電話ボックスにも鳳凰が。

せっかく丸一日たっぷり観光できると思っていたのに、午後京都へ戻ると、雨。

西陣界隈を傘をさして歩く。てくてく歩くと、ひょんな処に目が行く。

P1050764 P1050762 P1050763

お寺の塀・・・遊び心たっぷり。

夕方、京都の中心街を歩いた後、錦市場で京都ならではの「おばんざい」を何品か購入。コンビニで買ったビールと合わせて、ホテルの部屋で宴会。雰囲気はいまいちだが、お勘定を気にせず、酔えばすぐに横になれる体制の宴会は案外良かった。

京都旅行 その1

北陸地方の人々は昔から関西地方との往来が多く、文化は関西の影響を強く受けているのに、その北陸出身の私は、京都へはまだ1度しか行ったことがなかった。

その1度というのも、子供たちが小学生の時、実家へ帰省するついでに京都に1泊して観光しただけで、その時の記憶はもうおぼろになりつつある。

京都なんかいつでも行ける・・・と思っていたのだが、もうあれから20年以上も経ってしまった。

いつか・・・きっと・・・

 

そのチャンスがやっとめぐってきた。大学時代を京都で過ごした夫に、同窓会の案内が来たのだ。

夫は珍しく「これ、行こうかな。紅葉には少し早いけど一緒に行く?」と誘われた。

同窓会の集まりは土曜日の夕方5時から数時間だけだから、その前後は一緒に観光ができる。

一泊じゃ慌ただしいので2泊を予定。 日時は手織り展示会と重なってしまうが、ここは皆さんに謝って許してもらおう。

 

早朝の新幹線でいざ京都へ。

京都駅に着いた途端、うろうろ。

出口が見つからない。地下通路を行ったり来たり。

・・・住んでたんでしょ? 案内役はあなたよ・・・と心の中でぶつぶつ。

荷物をコインロッカーに預け、最初に向かった先は稲荷大社。

20111029a娘の婿殿が気に入った場所、人がいない瞬間を狙って撮った。

実は観光客がうじゃうじゃ、あちこちから中国語も。

 

次に向かったのは清水寺。

20111029b途中で舞妓さん2人に会った。

でもこの人たち、多分素人さん。「舞妓体験」を売る商売があるようだ。

 

20111029c   清水寺でも人がいっぱい。

20111029d こ・これじゃ・・・あんまりだ。

20111029e うん、まあ、いいか。

 

清水寺から八坂神社に向かって坂を下りた。

印象は・・・人・人・人、そして土産店の漬物・生八つ橋・ちりめん小物。

お昼をとうに過ぎお腹も空いていたせいか、二人とも徐々に機嫌が悪くなる。

あわや「別行動」になりかけたのだが、抑えて抑えて・・・

20111029f おばんざいランチ。

祇園・・・古い町家の2階にかかる簾や玄関脇の竹囲い・・・ああ、風情がある

20111029g はずだが、ここでも人が多すぎた。

ホテルは四条通りに面した便利な場所にあった。

20111029h節約旅行が身についている我々夫婦にはちょっぴり贅沢版。

夫は同窓会へ。

私は一人路線バスを利用して、手織り仲間のMちゃんから聞いていたモーネ工房を訪ねた。

20111029iえっ?ここが・・・

20111029j鉄工場のような雰囲気

20111029kあっ、階段がある。

20111029l  これこれ「北欧で見つけた手作りの暮らし」展。

残念ながら内部の写真は撮れなかった。

詳しくはhttp://kompis.exblog.jp/16767664/

 

さて、この夜、夫が楽しく宴会をやっている頃、

私は、ホテルそばにある「やよい食堂」で790円の定食を食べ、コンビニでビールを買い、

ホテルでそれを飲みながらテレビを見、ウトウト・・・全然さびしくないよ~。

 

夫が帰ってきたのは11時ごろだった・・・多分。

A*Myuon 展示会

10月28日から3日間、小田原のなりわい交流館で我々織り仲間の展示会が行われた。

今年も各人の個性を生かした作品が集まった。

Nさんの着尺

20111028i

羊毛の糸作りに夢中のKさんの作品はいつもすてき

20111028d

展示会のために急いで織ったというもう一人のKさんのテーブルマット

20111028l

Mさんの作品は、ご主人のために織ったジャケット・・・ごめん、写真がない!

下2段はフェルトマットで今年の目玉

20111028j

私の作品は・・・・

20111028c20111028m 動物園の羊の毛の作品と

手織り教室で最後に織った作品  椅子マット

20111028a

そして夏に織った麻のスクリーン

20111028e

展示会前、みんな口々に「今年は作品があまりないよ~」とぼやいていたものの、

さすが5人集まれば、なんとかなるもんだ。

さて、私は前日の準備と初日は参加したものの、

二日目、三日目は仲間に申し訳ないと思いつつ、夫と二人で京都旅行へ。

フルパワーで参加できなかった今年の展示会。来年こそはがんばるぞ!