岩手を味わう

我が家の夏ミカンを買いたいと手を挙げてくれたのはブログ仲間のutaさん。

早速夏ミカン20個を送った。

全く手をかけないで自然に実った夏ミカンなので、「代金は要らない」の一言を添えたら、昨日、彼女から荷物が届いた。

箱はずっしり重い。

一体何が・・・・ワクワク

一番上にあったのは彼女が焼いたと思われるパン

20120229g

そして「かもめの玉子」春の限定品・・・いちご味

20120229a

次に現れたのは

20120229c岩手のワイン

20120229b岩手の「早池峰しょうゆ」

20120229d岩手の手作りイチゴジャム

さらに、震災後テレビ報道で何度か見たあの「八木澤商店」(陸前高田市)の醤油も。

20120229e20120229f

ホームページを見ると、復興に立ち向かっている様子がよくわかる。

これから料理するたびに「頑張っぺ」と唱えよう。

今朝の朝食にパンを焼いた。

20120229i香りも歯ごたえも 市販のパンとは全然違って

おいしい・・・(黄色はかぼちゃの色かと思ったのだが、どうも違うみたい。何だろう?)

テーブルに広げた品物一つ一つを見て、

「素敵なつながりだね」と夫。

これから岩手を味わう日がしばらく続く。

広告

記録更新

2009年 19個

 

2010年 20個

 

2011年 32個  これで十分豊作と思っていたら、

 

 

2012年 な、なんと69個

20120225

うれしい記録更新

欲しい人、手を挙げて!

早池峰

岩手県にある早池峰山

行ったこともない山なのに、何故か「ハヤチネ」の響きに敏感に反応する。

 

先日、たまたまつけたBS番組「タイマグラばあちゃん」を見始めたのも、「ハヤチネ」を聞いたからだ。

映画の詳細は↓

http://www2.odn.ne.jp/ise-film/works/Taimagura/taimagura.htm

早池峰山の東麓にある開拓地。

そこに住むある一組の老夫婦の暮らしを15年に渡り取材して撮った映像。

 

厳しくも豊かな自然とともにあるばあちゃんの暮らしにすっかり引き込まれてしまった。

その暮らしは・・・・

そう、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」そのものだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを

自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり

そして忘れず

野原の松の林の陰の

小さな萱ぶきの小屋にいて

・・・

・・・

・・・

・・・

褒められもせず

苦にもされず

・・・

・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

番組を見て以来

「ハヤチネ」への感度はますます鋭くなり

 

翌週「花巻物産展」で

20120218 「早池峰ヨーグルト」を買った。

「早池峰」がおいでおいでしているような気がする。

スウェーデンの羊 No.5 毎日洗う

スウェーデンから送られてきた羊の毛は全部で15kg。

汚れたままで長期間外に置いておくわけにはいかないので、

取りあえず全部洗っておきたい。

 

一回に1kgを洗えば単純計算で15日、500gで30日かかる。

しかし、1回500gを丁寧に洗おうとすると途中でいやになる。

そこで、いやにならない量の200gずつを毎日洗うことにした。

 

20120218a

左の汚れた毛を少しずつ取り、ゴミや固まった毛先を取り除き、右へ移す。

20120218c  台所で洗剤液に数時間浸した後、再度洗剤液で丁寧に洗い、すすぎ、脱水。

20120218b 洗いあがった毛を干す。

これをほぼ毎日続けているので、

作業は生活の流れの中にすっかり組み込まれている。

 

残るはあと4kg

20日か・・・

ツィードの端切れ

ツィードの試し織りでできた布が2枚あった。

長さ1.5m幅40cm足らず。ベストにもならない。

用途が決まらないまま2年も押入れにしまっていたのだが、

ようやく重い腰を上げた。

 

布を思い切って小さく切った。

娘のために作ったコート地の端切れも同じ大きさに切って、

縫い合わせる。

20120213a

膝かけサイズのパッチワーク

20120213c 裏もツィードよ。

 20120213d 後は仕上げにバイアス布で縁取りするだけ。

少々地味だけれど、

「手紡ぎ・手織り」を強調して

3月初めの公民館祭りに出品予定。

血圧アップ

先週、息子が夫婦で一時帰国。

我が家へ二人で来るのは、結婚前の挨拶以来2度目。

彼らが気を使わないように、こっちも気を使わないぞ・・・

と思いつつ、やはり少しは。

寒くはないか・・・・

食べたいものは何か・・・

不自由はないか・・・

居心地はいいか・・・などと。

 

息子たちの滞在が4日ほど過ぎた日の夜、

久しぶりに血圧を測ってみたら、

150を超えていた。

「えええっ~、そんなはずないのに」

何度図っても150を超える。

たまたま、その夜の食事の時話題になっていたのは「健康」だった。

「お母さん、健康診断受けてる?」

「最近、受けてない。」

「安心のために受けといた方がいいよ」

「わかってる」

この会話が耳に残る。

 

息子たちが帰った後早速、市から送られてきていた受診券で、健康診断を受けに行ってきた。

血圧120の76

一応正常。

 

あの高い数値はなんだったんだろう。

緊張?

でも、そんな風には思いたくない。

 

きっといつもの水泳を2度もパスしたからに違いない。

夫の家事

夫は、現役時代、家事は一切しなかった。いや、できなかったと言うべきか・・・これは時間的に不可能の意と不器用だからの両方が含まれる。

ところが最近少し変化が・・・・

 ・お布団を上げる(が、敷くのは二人の共同作業)

 ・ごみを出す(散歩に出かける際出してもらうのだが、週に4回もある。)

 ・食事の後、テーブルから台所まで食器を運ぶ(洗うのはまだ・・・)

 ・灯油を買ってくる。

 ・お風呂を沸かす(と言っても、ボタンを押すだけ。お風呂掃除はまだ・・・)

 ・私がお昼いない時(少なくとも週3回)の昼ごはんは自分でなんとかする。

   (と言っても調理するのはまだまだで、前夜残しておいたおかずを温める程度。)

 ・コーヒーは自分で入れる(もちろんインスタントだけど・・・) 

以上。

えっ?

たったこれだけ?

と言われそうだけど、

夫は家事学習能力ゼロだと思わされてきた私としては非常にうれしい変化。

この調子で夫の家事がどんどん増えればいいなあ。

「上手ねえ」「助かる~」「ありがとう」を忘れさえしなければ、いつの日か・・・。