小さな親切

”一人になったら困らないように”

と、普段は「お互いを当てにせず」「自分でできることは自分でする」を生活の基本にしている。

とは言っても、生活全体がクール過ぎてもいけない。

時々は、小さな親切で、お互いの存在に感謝しあうことも大切だ。

親切のタイミングは、見えないセンサーが「そろそろよ」となんとなく感知し、教えてくれる。

 

梅雨入りした今朝、

夫は「子供の囲碁入門講座」のため、公民館へ出かけることになっていた。

公民館は歩いてもわずか10分ほどのところ。

いつもなら「行ってらっしゃい!」で傘をさして出ていく夫を見送るところだが、

ふと「車で送ろうか」と声をかけた。

「えっ? ほんと。うれしいな。」と夫。

 

今日は一日、シトシト雨の天気だが

20120609a 気持ちはすっきりさわやか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中