尾瀬ハイキング 番外編

高速バスを降りたのは夕方7時少し前。

その後湘南新宿ラインに乗るため、新宿駅東口ホーム1番線に立った。

人がうじゃうじゃいる。

3日分の疲労、そして台風後の高い気温・・・何もかもが、尾瀬でのあのゆったりした気分を壊していく。

そんな時だった。

突然夫が「忘れた!」とつぶやいた。

後1分ほどで電車が来るという時。

「何をっ?」と私・・・多分、顔が引きつっていたと思う。

「帽子をバスの中に忘れた!」

「ええっ~。あんなに運転手さんが『お忘れ物のないように』って注意してたのに・・・」

 

今から降車場に戻っても、多分バスはもういないだろう。

「家に帰ってから、バス会社に電話するようね。あればいいけど・・・」

二人とも無口で入ってきた電車に乗る。

 

私は無性に腹が立っていた。夫にも自分にも。

帽子は、昨年息子夫婦が誕生日プレゼントとして贈ってくれたもの。

アウトドア専用で、防水が効いていて今回の尾瀬でも活躍。夫も「この帽子、本当にいいよ」と大満足していたもの。

大切な帽子を忘れた夫が腹立たしい。

そして迂闊だった自分にも腹が立つ。

バスを降りるとき、夫の座っている席もチェックすべきだった。

 

せっかく素敵な3日間だったのに・・・最悪の終わり方。

 

翌日、夫はバス会社に電話。幸い、帽子は座席にあった。

着払いで送ってもらうよう頼み、次の日、送られてきた。

20120625 よかった~

 

これで私の気持ちもすっきりした。

と思ったら、なにやら昔の思い出がよみがえってきた。

そうだ、私もバスの中に帽子を忘れてきたことがあったんだ。

いつだったっけ・・・?と自分のブログを読むと、

あった! 2009年大菩薩峠を登った時。

帰りのバスの中に、買ったばかりのモンベルの帽子を忘れてきた。

あの時はバス会社に連絡することもなく、すんなり諦めた。

 

夫はこのことを、覚えているだろうか・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中