福島産

我が家で食べるお米の半分以上は、故郷から年に2度送られてくるお米なのだが、

足りない分はスーパーで買っている。

先日、お米を買おうといつものスーパーへ行くと、

「広告の品」の札がついたお米があった。

夕方6時なのに、袋数がまだ相当あり、あまり売れていない様子。

袋の表には「福島」の印刷が。

だからなのか・・・

やはり「福島」の名前で敬遠されているのだろうか・・・

 

だが、私もお米の前で一瞬だがためらった。

お米は放射能検査を受けて安全と判断されたものなのに。

原発事故の影響で苦しんでいる福島の農家の人たちの様子を報道で見るたびに心が痛いと感じていたのに。

 

ためらう私を見て悲しむ農家の人の姿が脳裏に浮かんだ。

安全なんだから・・・

積極的に買わなくっちゃ・・・

あまり売れていないその「福島」のお米をレジへ持って行ったのだが、

やはり少し勇気が要った。

20120726a

福島=放射能という誤解が知らず知らずのうちに私にも刷り込まれていたのだと

感じた出来事。

スウェーデンの羊 No.8 灰色の服地

平織りにしようか、それとも綾織りか

と散々迷った挙句

ついに

平織りで織り始めた灰色の服地

20120722a

微妙にかすれている感じが気に入っている。

20120722b

織りの段階では今のところ問題なし。

ゴールは「スウェーデンの羊の服地を着る」だが、

今は5合目あたり。

まだまだ気が抜けない。

狂った温度計

糸を染色するときに使うガラス製のアルコール温度計は

いつも台所に置いているのだが、

黄色の容器から取り出すと

 20120717a目盛りは56度

ん? 室温が56度?  おかしいな・・・

念のため、氷水に突っ込むと

 20120717b目盛りは38度

完全に狂っている。

 

そういえば、先日、羊毛を洗う時、60度のお湯を用意しようと温度計を使ったのだが、

お湯に手を入れてみるとやけにぬるい。

おかしいなあ・・・と思いつつ、温度計を信じてそのぬるいお湯を使ったのだが・・・

馬鹿だった。

自分の感覚を信じないで、狂った温度計を信じるなんて・・・

 

こういうことは、ひょっとして他にもあるかもしれない。

自分の感覚を信じないで、世の中の狂っている「ものさし」を信じ込まされてること。

要注意!

夏の羊毛仕事

蒸し暑い日が続いているが、羊毛仕事は相変わらず継続中。

 

先日から動物園の毛を紡ぎ始めたのだが、

20120715a

思い通りに紡げない。

指の汗のせいもあるのだが、

毛の脂分が多すぎるような気がする。

洗いが十分でなかったのだろう。

洗い直しはかなり面倒だが、納得しないまま進めるのもいやだ。

すでにカードをかけた毛を洗剤液に浸し、

20120715b只今乾燥中。

この間に、スウェーデンの羊の糸を機にかける準備。

P1060553

 

首にはタオルを巻き、胡坐をかいての作業。

この姿、とても人には見せられない。

七夕まつり 2012

「期間中は近づかないわよ」と友達の多くが言うけれど、

まだ野次馬的興味が少し残っている我々夫婦、「一回は行っておかなければ」と初日の夕方、バスで七夕会場へ出かけた。

予想通り、今年の七夕は不景気の影響が濃い。

まず、駅前通りの吹き流しがない!

メインストリートはというと、かつては隙間なく並べられていた竹飾りの数が激減。

しかも手抜きの安っぽいものが多く、豪華な飾りはほんの数本。

20120708b

20120708c

20120708d

それでも人出はまずまず。

お化け屋敷の前では、大音量のマイクを使った呼び込み効果で皆が足を止める。

20120708f

それにしても我が町の「七夕まつり」はバタ臭い。

バタ臭いなら徹底して「バタ臭さ」を楽しまなくっちゃ、と屋台食堂で

20120708g 

生ビールとアユの塩焼き

20120708h

パサパサのアユだよ、とブツブツ。

毎年ブツブツ言いながらの七夕だが、

きっと来年も行くと思う。