赤とんぼホームコンサート

14日(日)の高校合唱部OBによる「赤とんぼホームコンサート」に参加するため、金曜日帰省した。

本番前日の土曜日午後、初めての合同練習。

地区練習・自主練習のかいあってか、各曲1~2回通すだけで終了。

多少音が下がる、テンポが遅れるのが気にはなったが、初めての合同練習にしては上出来だ。

本番当日の午前中の練習もザザーッと通して終了。

歌好きが集まっているから当然のこととは言え、たった2度の合同練習でちゃんと纏まるなんてすごい。

メンバーそれぞれが隠し持っている情熱をひしひしと感じた。

20121014c会場は図書館も併設されている南砺市の施設”ヘリオス”

20121014a入口にはこんな素敵な看板が立っていた。

20121014d  円形大ホールもあるが、我々の会場はMスタジオ。

椅子を60個並べるともういっぱいになる小さな小さな会場。

午後1時・・・いよいよ本番。

歌った曲は全部で19曲。

聞いて下さったのは小中学時代に音楽を教わった恩師の方々やメンバーの家族友人たち。

暖かな雰囲気の中で、楽しく、そして思いを込めて歌うことができて、本当に良かった。

思い返せば、

高校に入学してまだ数日しか経っていない、不安がいっぱいだった時、

中学時代の先輩から「合唱部へ入らない?」と勧誘され、

知っている人がいる、というだけで入ってしまった合唱部。

入ってみると、楽しくて、楽しくて・・・混声合唱のだいご味を存分に味わった。

卒業後10年ほどコーラスから離れてしまったが、

再開したのは、子供が通っていた幼稚園のママさんコーラス。

以来、途中数年のブランクはあるものの、現在までずっとアマチュア女声合唱団で歌い続けている。

心が折れそうな時、歌うと元気が出る。

泣きそうな時、歌うと笑顔になれる。

歌は友達も作ってくれた。

いつの間にか歌うことは私の生活の一部になり、

コーラスは私の人生をいつも後押ししてくれるている。

その原点は間違いなく高校の合唱部にあったのだ・・・・と、練習・本番を通じて改めて思った。

ホームコンサートのホームは「小さなコンサート」の意味でつけられたタイトルかも知れないのだが、

私にとってのホームは「母校の合唱部」であり、OB会の「赤とんぼの会」であり、「故郷」そのものだ。

私の歌う心を育んでくれた、これらすべてに心から感謝したい。

広告

赤とんぼホームコンサート」への3件のフィードバック

  1. ホームは何なんでしょう? 家庭・家族、故郷・ふるさと、基盤・出発点、駅のホーム・出る(戻る)処…
    いろんな想いでまた出発しようかな、なんて・・

    • Saitoさん、来てくださったんですね。うれしい! 
      コンサートが成功して本当に良かったですね。
      これも中心になって動いてくださったSaitoさんのおかげです。  
      ありがとうございました。

  2. ピンバック: 赤とんぼの会コンサート 大成功 | Yuko's Diary

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中