新橋桁の謎

P1070321

この写真は国道134号線の花水橋。(山側から見た写真)

渋滞解消のため、2車線を4車線にする工事が現在行われている。

車線を増やすって、2階建になるのかぁ・・・と、見れば誰でもそう思いそうなこの工事現場。

 

ある日、夫が通っている英会話教室である男性生徒がこの2階建の橋のことを話した。

ところが、以前散歩でその工事現場まで行き、たまたま工事をしている人から聞いて「橋は2階建ではない」ことを知っている夫は、

「違う!」と思った。

が・・・・英語でそれを思うように説明できなかった。

 

何とかして、解りやすく説明したいとこだわる夫。

そんなことどうだっていいと思いつつ、私も一緒にこだわってみた。

二人でその花水橋工事現場へ。

たしかに2階建のように見える。

下の段に見えるのは現在使われている2車線の橋。その手前(海側に)に新しいコンクリートの橋脚。そのかなり高い場所に、新しい橋桁がある。

海側からの写真

DSC_0135

第1の疑問・・・一体、どうやってこの橋桁を渡したのか? トラックで運ぶ? それともヘリコプターでちょっとずつ?  

第2の疑問・・・なぜ2階建と思われるほど高い場所に橋桁を渡すのか?

それを解明すべく、工事現場へ。

入口付近に工事方法、工事予定表などが掲示してある。

P1070326

平面図では車線がちゃんと横並びになっている。完成図もある。

P1070334

詳細な工程表も写真に撮った。

P1070336

これらを参考に、工事の進め方を理解。

 

つまりこういうことだ(必要な橋桁は2本)

DSC_0144

向かって左の岸に橋桁を組み立てて送りだす台を設置。

まず1本目の橋桁をこの台の上で少しずつ組み立て、順次レールを使って右側へ送りだす。

DSC_0145

右岸に到達したら

DSC_0149

下のレールは外す。

次にこれを下げて、1本目の橋桁の上に取り付けられたレールと組み立て台のレールとを同じ高さにする。

DSC_0147

1本目の時と同じように2本目の橋桁も左岸で組み立て右へ送りだす。

DSC_0148

2本の橋桁が上下に並ぶ。

上の状態から②の橋桁を横(山側)へずらした後、橋脚まで下ろす。

次に①を海側に少しずらし、橋脚まで下ろす。

 

これで

どうやって橋桁を運んだか?

なぜ高い位置に橋桁があるのか?

わかったかな?

 

明日金曜日、夫は以上のことを英会話教室で英語で説明する予定。

そして土曜日、いよいよ①の橋桁が下げられるらしい。

もちろん、あの巨大な橋桁が降下する場面を見に行かなくっちゃ。

新橋桁の謎」への7件のフィードバック

  1. あれ!!!!
    私の勘違い・・・??
    もう書いていないとばかり・・・。
    情報も来ていなかったな・・・
    時間かかっても読む!

  2. 遠回りしてここまで到達。
    東京の有名なホテルの解体方法テレビで見たけど、Yukoさんは見た?
    上から順番にたたみこむように淡々と進む工事。
    技術の進歩はすごいね!

    • その番組は見てない。残念。
      橋げたはジャッキを使って下ろすんだって。
      明日から少しずつ下ろすらしいんだけど、毎日行って定点観測すると面白そう。
      ところで、土木技師のことを英語でcivil engineerって言うんだって。知ってた?

    • 土木工事って、道路・堤防・橋梁・港湾・鉄道・上下水道・河川など、木材・鉄材・土石・コンクリートなどを使用する工事のことで、つまり社会基盤の工事。だからcivilを使うんじゃないかなあ・・・? 「ドボク技師」と「civil engineer」とでは随分イメージが違ってくるよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中