フェルトバケツ

月に1度の紡ぎ講習会

今月はいつもの羊毛紡ぎではなく、フェルトのバケツ作りだった。

 

まず、型紙(今回はあのプチプチ梱包材を使用したが、厚手のビニールも良いみたい)の上に羊毛を薄く並べる。

1層目を並べたら、次の2層目は毛の向きを90度変えて並べ、これを繰り返し3層にする。

細かいネットシートを上にかけ、その上から薄い洗剤液をかけ、全体にむらなく行きわたるよう手でなでる。

これをひっくり返して、反対側も同様の作業を行う。

フェルトの厚さは10層くらいが理想らしいが、この日は6層。

バッグの土台ができたら、模様を置いて上から手でひたすら撫で、土台にくっつける。

この後、海苔巻きのように端からくるくる巻いて、もみもみ。

経てに巻いてもみもみ、横に巻いてもみもみ。

あら、不思議・・・・少しずつ、縮んでいく。

ある程度硬くなってきたら、底の部分に手で圧力を加えながら形を整える。

20130305a

20130305b

みんなの作品

20130305c20130305d

私のは↓

20130305eバケツでもいいのだが、持ち手をつけたらバッグにもなりそう。

羊毛との付き合いがどんどん深まっていく。

広告

フェルトバケツ」への2件のフィードバック

  1. とても素敵!!
    そのバージョンで帽子も可能かな・・・。
    鉢植えカバーもいいかも。
    いつか絶対展示会に行く!
    次回はいつ?

    • 帽子はサイズがぴったりじゃないといけないから結構難しいらしいよ。
      次回の展示会はえ~と・・・今度聞いとく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中