重量チェック

旅行の荷物は少しずつ準備し、1ヵ所にまとめて置いてある。

重量制限は一人あたりスーツケース1個23kgまで。

今まで20kgさえ越えたことはないのだが、今回は娘の所に長居させてもらうので、お土産やリクエスト品は出来るだけたくさん持って行きたい。

衣類や頼まれた食品、孫のプレゼントなど、準備が進むにつれ、重さが気になりだした。

出発直前にパッキングすると、重量オーバーであわてるとか、あるいは、まだまだ入れられたのに、と後悔することもあり得るので、パッキング前に個々の重量をチェック。

image

スーツケースは6.1kg image

夫の上着の着替え2.1kg image

食品3.5kg—-等々

こうしておくと、パッキングの際に重いスーツケースを何度も量りにのせる必要がなくなるはず。

今のところ合計33kgで、まだまだ余裕あり。”そうめん”、もう少し買ってこようかな?

広告

今年のカサブランカ

今朝咲き始めたカサブランカ
image

実はものすごく背が高い。

image

夫の背丈ほどなので、自力ですくっと立つのは難しく、
隣のキンモクセイの枝からヒモで吊り上げるようなかっこうに。

(今日もスマホから。タッチパネルでの入力、超苦手!)

スウェーデンの羊(フィンシープ)2点

旅行前でそわそわした気持を落ち着かせようと、

いつも以上に手仕事に向かっている。

青畳+麦藁色(フィンシープ)の布を織りあげた。

20130624b

仕上げの縮絨は旅行後と決め、

次の作品にとりかかる。

20130624c

フィンシープの硬い毛だが、

敷物にしては少し柔らかい感触。

使ってみてどうだろう・・・・

 

ところで、今年のアジサイ

20130624d

昨年よりさらに背が高くなった。

(旅行前に枝を刈りとらねば・・・)

毛の質

羊の毛の質は種類によって其々違うのだが、

1頭の羊でも、部位によって毛の質がかなり違う。

フィンシープの場合

20130620a

上が柔らかい毛

右下はやや硬い毛

左下はすごく硬い毛

(このほかむっちりした毛もあるのだが・・・)

 

去年送られてきたフィンシープのうち、柔らかい毛はショールに、むっちりした毛は布に使い、

残ったのは硬い毛。 

今年送られてきた毛が大量にあるので、去年のこの硬い毛は捨ててもいいのだが、なんだかもったいない。

 

硬い毛はきっとそれなりの使い道があるはず。

太めに紡いで双糸にしてみた。

20130620b

ごわごわの糸になるかと思ったが、それほどでもない。

以前敷物に使ったノルウェーの糸よりむしろ柔らかいくらい。

取りあえずモノトーンで何か織ってみようと思う。

これでうまくいけば

カラフルな糸にも挑戦

・・・・したいなあ。