エジンバラの思い出ー追加

我々のバックパック旅行の基本は「安く」だ。
エジンバラに着いた夜の食事は
ケンタッキー
image
翌日の昼はたまたま見つけた中華料理レストランのtake away
焼きそば
image
夜はちょっとだけ奮発してイタリアンレストランのスパゲッティ
image
お店でビールを飲むと高いので、先に公園の芝生かベンチで缶ビールを飲んでおくのが我々のスタイル。

さて、スコットランドと言えばタータンチェック。メインストリートのお店の大半にタータンチェックのマフラー、シヨール、ブランケットが並ぶ。でも私の興味はどちらかと言えば、洗練されたタータンチェックより、少し田舎っぽいツィード。

エジンバラ城のそばにあるお店で、ハリスツィードをたっぷり見ることができた。
image
大きなものは当然だが値段はとても高く、お土産に買ったのはお財布。
image 何だか勿体無くて、使えなさそう。

エジンバラを離れる日の朝、通りを歩いていると紡毛機発見!
image
紡いでいたのは超パンクな格好の女性。でもビデオで撮ったのでこれまたアップできなーい。残念!

再びロンドン

ロンドンに話を戻さねば。

ロンドンに着いた翌日は徒歩と地下鉄で精力的に観光スポットを回った。

ビッグベンで有名な国会議事堂(ウエストミンスター宮殿)
image
王室の戴冠式、結婚式、お葬式等が行われるウエストミンスター大寺院
image
中に入るには長い列に並ばねばならず、入場料もかなりするので我々は当然パス。
image
さらに歩いてバッキンガム宮殿へ。
image
ここで運良く衛兵交代式を見学しビデオに撮ったのだが、フェースブックにはアップできたのに、このブログには何度やっても失敗。すみません。
image
次に向かったのは老舗デパートのハロッズ—-買ったのは孫へのお土産とお昼に食べるサンドイッチ
image
公園で食べようと思ったが、なかなかその公園が見つからず、ペコペコ状態で歩き回り、あわやケンカになりそうに。が、押さえて押さえて、なんとか大事に至らずすんだ。後に夫は「カードも現金もホテルの鍵も全部お前が持ってるから、下手にケンカなんかできない」と言ってたっけ。

気を取り直して、次はトラファルガー広場。
image
夕方5時。お店の外に人だかり。よく見たらお店はパブで、カッコいいビジネスマンたちがビールを飲んでた。
image
紳士服の仕立屋テーラーが並ぶセビルローへも行き
image
ピカデリーに着いた頃はもうクタクタ。
image
ちょっと奮発して、夕食は三越のラーメン。
image
ビールは水より安いので、イギリス大好き!
image

image

ゴットランド羊

ゴットランドと言う種類の羊はゴットランド島が出身地だ。毛は糸にして織物や編み物にすると少し固くてチクチクするのてあまり好まれないのだが、くるんとカールした毛は艶があって美しく、ゴットランドシープスキンはとても人気が高い。

ゴットランド島滞在3日目、4日目は南部、北部をドライブ。途中何度も羊達に出会った。

この羊はゴットランドじゃなさそう。
image
これも違う
image
これこれ、これがゴットランド羊。image

毛皮を売る羊農家にも何軒か立ち寄った。
image
image
image
image
image
image
image
image
毛皮—-素敵だけど、よく考えると残酷よね。

Kikiの町

「魔女の宅急便」の背景の一部になったとされるヴィスビー

周りはものものしい城壁で囲まれているが、中にあるのはカメラスポットがいたるところにある美しくて、可愛らしい町。坂道を歩いていると、屋根から突き出した小窓から今にもkikiが出てきそうな雰囲気。

image

image

image

image

image

image

image