エジンバラの思い出ー追加

我々のバックパック旅行の基本は「安く」だ。
エジンバラに着いた夜の食事は
ケンタッキー
image
翌日の昼はたまたま見つけた中華料理レストランのtake away
焼きそば
image
夜はちょっとだけ奮発してイタリアンレストランのスパゲッティ
image
お店でビールを飲むと高いので、先に公園の芝生かベンチで缶ビールを飲んでおくのが我々のスタイル。

さて、スコットランドと言えばタータンチェック。メインストリートのお店の大半にタータンチェックのマフラー、シヨール、ブランケットが並ぶ。でも私の興味はどちらかと言えば、洗練されたタータンチェックより、少し田舎っぽいツィード。

エジンバラ城のそばにあるお店で、ハリスツィードをたっぷり見ることができた。
image
大きなものは当然だが値段はとても高く、お土産に買ったのはお財布。
image 何だか勿体無くて、使えなさそう。

エジンバラを離れる日の朝、通りを歩いていると紡毛機発見!
image
紡いでいたのは超パンクな格好の女性。でもビデオで撮ったのでこれまたアップできなーい。残念!

広告

再びロンドン

ロンドンに話を戻さねば。

ロンドンに着いた翌日は徒歩と地下鉄で精力的に観光スポットを回った。

ビッグベンで有名な国会議事堂(ウエストミンスター宮殿)
image
王室の戴冠式、結婚式、お葬式等が行われるウエストミンスター大寺院
image
中に入るには長い列に並ばねばならず、入場料もかなりするので我々は当然パス。
image
さらに歩いてバッキンガム宮殿へ。
image
ここで運良く衛兵交代式を見学しビデオに撮ったのだが、フェースブックにはアップできたのに、このブログには何度やっても失敗。すみません。
image
次に向かったのは老舗デパートのハロッズ—-買ったのは孫へのお土産とお昼に食べるサンドイッチ
image
公園で食べようと思ったが、なかなかその公園が見つからず、ペコペコ状態で歩き回り、あわやケンカになりそうに。が、押さえて押さえて、なんとか大事に至らずすんだ。後に夫は「カードも現金もホテルの鍵も全部お前が持ってるから、下手にケンカなんかできない」と言ってたっけ。

気を取り直して、次はトラファルガー広場。
image
夕方5時。お店の外に人だかり。よく見たらお店はパブで、カッコいいビジネスマンたちがビールを飲んでた。
image
紳士服の仕立屋テーラーが並ぶセビルローへも行き
image
ピカデリーに着いた頃はもうクタクタ。
image
ちょっと奮発して、夕食は三越のラーメン。
image
ビールは水より安いので、イギリス大好き!
image

image

ゴットランド羊

ゴットランドと言う種類の羊はゴットランド島が出身地だ。毛は糸にして織物や編み物にすると少し固くてチクチクするのてあまり好まれないのだが、くるんとカールした毛は艶があって美しく、ゴットランドシープスキンはとても人気が高い。

ゴットランド島滞在3日目、4日目は南部、北部をドライブ。途中何度も羊達に出会った。

この羊はゴットランドじゃなさそう。
image
これも違う
image
これこれ、これがゴットランド羊。image

毛皮を売る羊農家にも何軒か立ち寄った。
image
image
image
image
image
image
image
image
毛皮—-素敵だけど、よく考えると残酷よね。

Kikiの町

「魔女の宅急便」の背景の一部になったとされるヴィスビー

周りはものものしい城壁で囲まれているが、中にあるのはカメラスポットがいたるところにある美しくて、可愛らしい町。坂道を歩いていると、屋根から突き出した小窓から今にもkikiが出てきそうな雰囲気。

image

image

image

image

image

image

image

ゴットランド

イギリス旅行を振り返っている間にも、こっちでのスケジュールはどんどん進んでいて、それも記録しなきゃ忘れてしまいそう。話はややこしくなるが、イギリス旅行はちょっと横に置いといて、昨日から今日の動きを報告。

只今、娘の家族とともにゴットランドに滞在中。マルメを昨日の朝出発して、車4時間、フェリー3時間の移動。

美しい田園風景をひた走る
image
車の中でノンタンを見る孫
image
かなり大型のフェリー
image
image
宿泊はヴィスビーの中心から2kmほどのところにあるコテージ。
image

image
image
お鍋、食器などは備えられているが、5日間滞在のため娘たちが持ち込んだのは、布巾やペーパー類、サランラップ、洗剤、バーベキュー用小型コンロ、シーツ、タオルなど。もちろんアルコール類も。
着いた日の夕食は冷やし中華
image
今朝は城壁まで散歩
image
それにしても、涼しい!
長袖じゃないと寒いくらいの気温です。

ロンドン観光

イギリス3日目。お昼前、オックスフォードからの列車が終点のピカデリー駅に着いた。スウェーデンもそうだったがここでも列車に自転車を乗せることができるようだ。

image

ピカデリー駅からは地下鉄に乗り換え。日本のスイカのようなカード「オイスターカード」を窓口で購入。このカードは、デポジットが5ポンド。これに15ポンド分をチャージ。地下鉄料金は1回2.1ポンドだが、1日の上限があって4回以上乗っても7ポンド以上は引かれない。また、ロンドンを離れる時、残金とデポジット分は戻ってくる。
image

地下鉄をおりてすぐ目に飛び込んで来た見慣れた名前。
image

image
これじゃ全然外国へ来た気がしない。

ロンドンで最初に訪れたのは、夫の希望で大英博物館。
image
有名なロゼッタストーンも展示されていたが、あまり興味がない私は、待ち合わせ時間を決めて夫と別れ、ショップをぶらぶら。
image
キングズクロス駅の近くのホテルにチェックイン。
image
2泊で193.77ポンド。値段が安いので仕方がないが、細い階段を上がった3階の部屋で、大きい荷物があったらかなり大変。ベッドの幅も狭く寝返りしたら落ちそうだった。でもこんなことでめげる我々ではない。チェックイン後も元気良く外に出る。
ロンドン塔
image
タワーブリッジ
image
セントポール大聖堂
image
中で聞いた聖歌隊のコーラスが強く印象に残っている。

コッツウォルズ

イギリスでの最初のドキッ。
日本から持って来た変換プラグがコンセントに入らない!

そんなー、どうしようー
ほぼ毎日充電が必要なスマホが使えなくなる。
変換プラグはこれ↓ USA、EUROPE、UKの3種類あり、海外旅行の必需品。
image
UKを選んで何度試しても入らない。
image
わからない時は、誰かに聞く—-旅の鉄則だ。宿の人にプラグを見せたら、「あー、これはね」と言いながら中に収まっていたもうひとつのスティックをひょいと出してくれた。なーんだ、3本出てなきゃだめなのね。
image
ふー

オックスフォード2日目はコッツウォルズ観光。昔ながらの小さな美しい村があちこちに散らばってる地域だが、鉄道はなく路線バスも少ない。自力で回るのは困難なので、オックスフォード発の少人数ツァーを利用。これはあらかじめ日本から予約しておいた。

午前中、ウィストンチャーチルのお墓や彼が産まれたブレンハイム宮殿を見て回る。
image
午後からは小さな村をいくつも通る。
image

image

FilkinsにあるCotswold Woollen Weavers(展示&ショップ)
に立ち寄る。滞在予定時間はたった25分。だからツァーは嫌なんだよね。

image

image

image

image

image

image

image

image

買い物はせず写真を沢山撮って来た。
コッツウォルズはかつては羊毛産業で栄えた地方だが、産業革命の機械化に乗り遅れ、現在は観光で成り立っているらしい。羊毛ファンの私にとっては残念な事実。

丸1日使ってのツァー—-自由は制限されるものの、ガイドの説明はやはり有難かった。

スウェーデンに戻る

スウェーデンに戻って2日目。イギリスの旅の疲れもすっかり取れ、今日はマルメのダウンタウンへ出かけようと思う。娘夫婦は今日まで仕事(土曜日から二人とも長い夏休みに入る)なので、我々二人のみでまたまた路線バスに乗ってのお出かけだ。娘が現在住んでいる場所が前回訪問した時の場所とは違うので、路線番号には注意しなきゃ。

さて、ゴットランドへの旅行まで4日あるので、イギリス旅行をちょっとずつ振り返ってみようかな。

そもそも、旅先にイギリスを選んだ理由は、昨年のオリンピック前に放送されたたくさんのイギリス特集番組を見てすっかりイギリスファンになったから。プラス、私の手織りの行く先も何となく羊毛に絞られてきているのでホームスパンの故郷を是非訪ねてみたいと思ったことも理由のひとつ。期待どおり、すべてうまくいったのかどうか–

イギリス第1日目・・・・早朝コペンハーゲン空港へ。成田を発つ時と同じ緊張を再び味わう。荷物はリュックだけなのでカウンターには並ばなくていいものの、セキュリティを通過しゲートにつくまでは気を許せない。

イギリスの第1歩はマンチェスター空港から。 
まず鉄道のチケット売り場で鉄道フリー切符のバリデーションの手続きー使用開始の日付とパスポート番号を記入してもらい自分のサインをする。
image
さあ、乗ろう!

image

image
マンチェスターピカデリー駅で乗り換え。少し時間があったのでカードが使えない時のためにATMでほんの少しだけ現金をおろし、駅の売店でサンドイッチとビールを買う。
image
ああ、なんどこのビールで難局を乗り切ったことか—-

約3時間の乗車でオックスフォードに到着。
image
クライストチャーチ
image
The falcon B&&B
image

image
image
二人2泊で200ポンド。

チェックインの後、一度は行かねばと思っていたバーでビール+fish&chips
image
お店の人が我々が手にしている「地球の歩き方」を見て、ああ、知ってる知ってる、日本人はみんなそれ持ってる、と言うような顔をしてた。

湖水地方へ

月曜日、ついにイギリス旅行最後の地、湖水地方へ来た。
エジンバラから乗った電車がめちゃ混んでて、あわや2時間立ちっぱなしになりかけたが、途中から何とか座れてホッ。
ウインダミアに着いた後もハプニングがあり、またまた喉カラカラ状態に。それでも元気を振り絞って、30分ほどハイキングコースの登り坂を頑張ってあるく。
翌日も精力的に路線バスを乗り降りしながら、美しい自然を堪能。

image

image

image

明日で我々のシニアバックパック旅行は終わり。

スマホだと、思ったこと、感じたことの半分も書けなかったので、いずれゆっくりと旅日記を書くつもり。

エジンバラ2日目

エジンバラに着いた昨日は曇り
で気温も20度以下。冷たーい風が吹き付け、翌日の観光が心配だったが、なんの、なんの、一夜明けたら、キラキラの快晴。

image

image

イギリスに来てから、いや、スウェーデンにきてから、ほぼ毎日外を歩き回っていて、かなり日焼けしてそう(でも、どのホテルの洗面所も照明が暗くて、自分の顔色がいまいちよくわからない)

明日も快晴予報。
午後からは湖水地方へ移動しまーす。

エジンバラ

ロンドンのホテル(安いから仕方がないけど、決して居心地が良かったとは言えない)をチェックアウトし、

image

重いリュックを背負ったまま、恐竜の化石(レプリカ)が数多く展示されている自然博物館を見学(これは夫の希望)。

image

この日の天気予報は最高気温30度。暑いねーと言いたいところだが日本では早くも猛暑のようなので、我慢我慢。

午後からはいよいよ旅の後半エジンバラへ移動。
列車で約4時間

image

エジンバラに到着。

image

涼しい!
いや、寒い。
一応長袖は持ってきたけど大丈夫かなー?

ロンドン

オックスフォードからロンドンへ移動。電車で約1時間だから丁度H市から東京までくらい。
地下鉄への乗り換えは、前の晩にしっかり情報集めをしておいたので、トラブらず、かつ、けんかもしなかった。
前回のオーストリア旅行で、夫と私それぞれが協力の仕方を学んだ結果とも言える。

image

(セント ポール大聖堂の前)

便利なスマホ

スマホがこんなに役にたつとは思わなかった。

Wifiのおかげで、宿のベッドの上でネットが使える。つまりメールが読め、ネット経由の電話(line)が使えるのだ。

心配しているかも知れない娘や、日本にいる姉に、電話代を気にせず電話をかけられるのは有難い。

さて、オックスフォード2日目はコッツウォルズ観光。詳しいことは帰国後書くことにして、とりあえず写真だけアップ。

image
image
image

image

image

イギリス初日

コペンハーゲンから飛行機でマンチェスターへ行き、その後すぐに列車でオックスフォードへ移動。
トラブルもなく一応すべてスムーズにいったけれど、朝から緊張続きでおまけにお天気に恵まれ過ぎてやっぱり喉がカラカラ。
乗車3時間のあいだ、二人でビールを4本も空けた。

image

3時、B&Bでチェックイン。

image

荷物を置いて、繁華街へ。あちこち歩き回った後、是非とも行ってみたかったパブで、ビールとフィッシュ&チップスを注文。

image

image

image

パブの店員さんもすごく親切だったので、オックスフォードの印象は very good!

流しそうめん

我が町H市が七夕まつりでにぎわっている頃、こちらでも負けじと娘たちが流しそうめんイベントを開催。

まずは食べ物の準備。これはわたしの役目。
ズッキーニの天ぷら
image
小エビと玉ねぎのかき揚げ
image
鳥の唐揚げ
image

“流しそうめん”は全く初めての婿殿がネット情報を参考に作った流しそうめん装置はほぼ完璧。
image
大いに盛り上がった。

そうそう
この日の朝、夫は軽くジョギング。
image
少しずつだが生活のペースを掴んできた。

今日も羊から

時差ボケでどうしても朝5時には目が覚める。する事もないので夫と一緒に散歩に出かける。
昨日教えてもらったのと全く同じコースで。
朝の羊たち

image

image

ここにいる羊はほとんどがゴットランド
私が使っているフィンシープはどこに放牧されてるんだろう。

昼すこし前、今度はみんなで少し長めの散歩をした。

image

広々とした景色

image

ピンクの他にも、黄色や紫色の可憐なお花がいっぱい。

image

デンマークとスウェーデンを結ぶ橋は長さ10キロ以上。

いつもの生活と違うリズム、違う景色、違う気候—-戸惑いもあるが、一つ一つが心地よい刺激で楽しい。

しかし、期待どうりにいかないことも。
image
孫がまだ我々を警戒してる。
時間がかかりそうだ。
まあ、のんびり距離を縮めていこう。

行ってきまーす

明け方からどしゃ降りの雨。
家の玄関からタクシーに乗り込むのもひと苦労。
戸塚駅で無事エクスプレスに乗りかえホッ。

image

朝ごはんに冷凍の焼おにぎりとゆで卵を食べた。

空港でwifiが使えるか、さっきからスマホをいじくってるが、うまくいかない。アップできないとこまる。ともかく、行ってきまーす。

image

心躍る

出発を明日に控えてるので、気持ちは確かにソワソワ、ワクワクなのだが、

これとは全く違う件で、今、心が躍っている。

今年3月、ブログタイトル「マリアのジャケット」で、”サウンドオブミュージックでマリアが着ていたジャケットの布の風合いが好き。できれば作りたい。”と書いた。

とは言え、自分の好きなデザインを自由に縫えるほど洋裁の技術はない。

型紙も自分で作れない。自分用テーラードジャケットの型紙は洋裁の本の付録だったし、コートの型紙はネットで買った。

マリアのジャケットの型紙を誰か作ってくれないかなあ・・・・

型紙さえあれば、今年の展示会の作品はこれで決まり!と思っていた。

型紙さえあれば・・・・

念ずれば叶うってほんと。

ブログを書いた数日後、大磯のフェルト講習で東京から臨時参加したYukoさんと出会った。

何と彼女はプロのパターンナ―。

思わず口にした「マリアのジャケット」に、Yukoさんが反応してくれた。

「そのうち作りますよ」と言ってもらったものの、その後会えるチャンスもなく、そもそもバリバリ仕事をしている彼女に「おばさんの趣味」に付き合ってる暇なんかないだろうなと、型紙は半ばあきらめかけていた。

 

ところが、先日パターンナーのYukoさんから突然連絡が・・・。

型紙に取りかかります、と。

マリアのジャケット、忘れられてなかった!

良かった。本当にうれしい!

マリアのジャケットの夢が実現しそう。

型紙さえあれば

20130302b

I have confidence!

スプラング

旅行前最後のアクティビティは、大磯「きなが」での紡ぎ講習会。
今日の内容は、紡いだ糸を使ってスプラングと言う技法の習得。
織でもなく、編み物とも違う技法でネット(網)を作るのだが、一見易しそうで、意外に難しい。
講習会では、モタモタして出来上がりもいまいちだったので、帰宅後すぐに、復習。
image

image

今回は小さな木枠を使ったので技法を学んだだけだが、道具を色々工夫したら、面白い作品ができそう。