茶色のコート

先日仕上げた茶色のコート

20131129

今日着ようと思うんだけど、

髪型・・・・

20131129a

気になる・・・・

広告

イメージチェンジ

もうすぐコンサート

練習回数が増え気分は徐々にアップしてきている。

こうなったらあらゆる努力で最高の本番を迎えたい。

そう思って急きょ美容院へ。

「コンサートに向けて気持ちが高まるようなスタイルにしたいの」

私の髪質はたわしのように硬くて太いので

20131125b

「イメージ変えるにはやっぱりパーマかな?」と担当者。

パーマ・・・この30年ほどで1度、娘の結婚式のために部分的にかけてもらっただけだ。

不安もあったが期待の方が大きく

「じゃあパーマでお願いします」

ロールに巻くのにキュッキュッと髪の毛を引っ張られ、パーマ液をかけるとヒリヒリ滲みる。

パーマかけるって結構しんどいなぁ・・・・

 

パーマをかけ終わり、担当者がドライヤーでブロー。

細めのブラシで引っかけた髪の毛をグ~ッとのばす。

後ろも横も頭のてっぺんも。

これ、自分ではできそうにないぞ・・・・・・・不安がよぎる

美容院から帰り、きれいなウェーブの髪型を見て夫「おっ、いいね」

 

ところが翌日、水泳が終わって更衣室の鏡の前に座る。

ん?・・・チリチリ

20131125a

・・・・どうしよう・・・

予防

「おれおれ詐欺」および「おれおれ的詐欺」が依然として横行しているようだ。

時々「H警察署です。只今H市内にオレオレ詐欺の電話がかかってきています。注意してください。」の屋外放送があったりする。

 

私は大丈夫・・・・子供たちは二人とも外国暮らしだし、簡単におろせる現金などない・・・と思っている。

が、いつどこに落とし穴があるかわからない。

息子からの電話は年に2度くらいしかないのだが、いつも「僕です」から始まる。

私は大丈夫でも夫が電話に出たら・・・

 

ある日、スーパーのテーブルの「自由にお取り下さい」コーナーで見つけたビラ

20131123

早速電話のそばに貼り付けた。

これで、ちょっとは安心かな。

 

それにしても・・・なぜ”息子”だけで”娘”はないんだろうね???

37番

来年の東京国際キルトフェスティバルのパートナーシップキルト

私のは37番

20131122

先日のutaさんのブログによると彼女のは19番

20131122b

私のブロックはこれ↓

20130813

utaさんのはこれ↓

20131122a

utaさんのは亡くなったお母さんがやり残した花弁を使った作品

いいなー

確か私の母も亡くなる数年前、このパートナーシップキルトに私と一緒に応募。

あの時のテーマは「ハウス」だったような・・・・

その写真を載せたくて、CDに収めた古いデーターを探してみたが、どうにも見つからない。

ああ、母の作品としてちゃんと撮っておくんだった。

あの時、ブログ日記を書いてたらきっと記録として残っていただろうに・・・・

本当に残念。

ボタン事情

またまたコートを縫った。

20131120

もう4枚目。

これまでの3枚のうち2枚は娘に、1枚は息子のお嫁さんにそれぞれプレゼントしたので、こんどこそ自分用。

20110208e12012120520121027

いつものように、ボタンホールを頼もうと、M商店に電話をした。

「いや~、今は依頼数が少ないから職人さんには週に1度しか来てもらってないんだよ。日曜日にやってもらってるから土曜日までに持ってきてもらえれば・・・悪いね。」

ボタンホールが出来れば完成なのだが、電話をかけたのは月曜日だったので、完成は1週間先のばしだ。

「わかったわ。それにしても、商売大変だね。でも止めないでね。止められると困っちゃう。」

 

M商店・・・かつては、洋装材料店として華やかな感じのお店だったのだが、今では、かなり寂れた雰囲気になってしまっている。 

今や、洋裁をする人が減り、オーダーする人も少ないので、お店が繁華街のど真ん中にあっても商売を続けるのは大変そうだ。

 

それでも、まだボタンの品ぞろえはかろうじて保たれている。

自作のコートを持っていくと、店のおじさんが壁一面に並べられたボタンの小箱から生地に似合ったボタンをいくつか選んでくれる。

手芸材料大型店での買い物と違って、かわりばんこに洋服の上に置いてじっくり吟味できる。

そのせいかどうか、出来上がった作品のボタンはいつも褒められる。 ボタンは重要なアクセントなのだ。

お店では、ボタンを買う他、ボタンホールも頼める。丁寧な仕上がりのボタンホールのおかげで、私の作品もワンラックアップする。

私のコート・ジャケット作りにM商店は欠かせない存在だ。

 

世の中、生活が変われば、街のお店も変わる。これは仕方がないことかもしれない。

私がどんなに頑張っても、お店の衰退は止められないだろうけど、お願い、私が洋裁やってる間は続けて!

「ふるさとの空」

私の生まれ故郷富山県には富山県民の歌がある。

運動会などの学校行事では必ず歌わされた歌だ。

一番の歌詞はこれ

 ♪仰ぎ見る立山連峰  朝空に 輝くところ 

   躍進の 理想かざして 高らかに 生産の歌

   声そろえ 声そろえ 共にうたわん 共にうたわん

   ああ われら われら富山 富山県民 ♪

子供のころ何度も何度も歌った歌なので、身体が覚えていてすぐに歌えるのだが、

今歌ってみるとかなり古臭い感じがする。

そう感じている人が多かったからなのかどうか・・・新しい”富山県民の歌”ができたということを最近知った。

県民や県出身者がふるさとを想い、ふるさとへの誇りや愛着を育める歌として新しく作られたのが「ふるさとの空」だ。

作曲は宮崎アニメの音楽でも有名な久石譲

歌詞は公募で選ばれたものが原詞となっているのだそうだ。

一番の歌詞は

 ♪耳を澄ませたなら 川の清き音

  かたかごの花が 朝の里を飾る

  春には春の歌 千本桜のまち

  ああ ひかりの中 

  そこに ふるさとがある

メロディーもいい。(http://www.doyukai.org/furusato/index.html

これなら、ふるさとを離れている我々も気持ち良く歌えそう。

 

ところで、

この「ふるさとの空」で、昨日ビッグニュースが届いた。

姉たちのアマチュアフォークグループN&Kが「ふるさとの空」のど自慢コンクールで最優秀賞を獲得!

書類審査、予選を通過、本選に残った12組から選ばれたという。

残念ながら、本番の映像はないので、

従兄が先日公民館で収録した映像を。

http://www.facebook.com/#!/photo.php?v=425954437530142&set=vb.100003467673447&type=2&theater

おやじバンドで優勝できなかったリベンジをついに果たしたね。

めでたい、めでたい。

高尾山

月曜日、久しぶりに山歩きをした。

行き先は、東京八王子市にある標高599mの山・・・高尾山。

都心から約1時間で行けるので、多くの人が訪れるそうだが、我々は今回が初めて。

紅葉が見頃のこの時期、土日は大変な混雑らしい。

平日の出来るだけ早い時間にと、朝5時半起床で出発した。

 

京王線の終点高尾山駅から山頂までは様々なコースがある。

ケーブルカー、リフトで中腹まで行くコースや

麓から山頂まで全部コンクリートの歩きやすいコースもあるのだが

我々は山歩きを楽しみたいので、山道ばかりの「稲荷山コース」を選ぶ。

 

ところどころが紅葉しているものの

20131110a

20131110k

少し時期は早すぎたのか、歩く山道の景色はあまり色がない。↓

20131110d

足の遅い私と夫の距離はいつもこの位。

私は周りを見る余裕もなく黙々と歩く。

 

わずか2時間弱で頂上・・・と言っても、なんだか公園みたいな感じで

20131110f

あたりは人・人・人

20131110g

20131110h

平日でこれだもの、土日は一体どんなだろう。

我々は早めにお昼ごはんを食べたので、12時過ぎには下り始めた。

人気の高尾山だが、1度行けばもういいやって感じ。

 

今回は上りがたったの2時間弱で、夫は物足りなかったようだが、

私はやっぱり筋肉痛(山散歩をさぼってるせい)で翌日はイテテを連発。

それでも、一日外で汗を流す心地よさは格別。

またどこか違う山へ行きたい・・・と、思うんだよね、下りた直後はいつも。

あと1カ月

所属している女声合唱団は発足してから今年で30年。

これを記念して、12月6日、市内にあるホテル付属のチャペルで「思い出と感謝のつどいコンサート」を開くことになっている。

20131109

練習は4月から始まったのだが、月日はあっという間に経ち、残すはあと1カ月。

ところが、まだ

歌詞を全部覚えてない

アカペラは音が下がってしまう

等など、本番までクリアしなければならない問題は多い。

 

これまでの週1回の練習ペースでは間に合わないと、

今月から一気に週3回に増えた。

アンサンブルKambaの練習も入れると週に4回。

合間を縫って、水泳に行き、糸を紡ぎ、そして洋裁(コート作り)も。

おおお~、なんと忙しいことか!

ギセイがんも

昨日の失敗・・・・

見るも無残な「がんもどき」

20131108a

焦げちゃった!

写真のお鍋はきれいだが、煮るのに使っていたお鍋は黒いお焦げがへばりついている。

あああ・・・・

 

20131108b

2日前もらった新しい楽譜(アンサンブルKambaが来年の合唱祭で歌う曲)の練習を、調理の合間に始めたら、

難しい旋律・リズムに加え

20131108c

歌詞が巻き舌Rのあるイタリア語に四苦八苦

何度も何度もくりかえしているうちに

つい夢中になり

「がんも」のことを完全に忘れてしまった。

 

調理中のちょっとした合間・・・いつもは糸紡ぎにあてているのだが、

今回は歌っていたせいで、お鍋の音が聞こえなかったからか。

よし、次回からはキッチンタイマーを首からぶら下げて練習しよう。

アルモノデ料理

「夕飯何食べたい?」 

「アルモノでいいよ。」

そう、我が家はいつもアルモノデ料理

 

今夜は、キャベツ・しめじ・ベーコン・豚肉と

20131102b

トマト水煮缶を使って”野菜たくさんトマトスープ”

ご飯のおかずとしてはインパクトがないので、

20131102a

じゃがいもと豚肉の醤油煮もプラス。

アルモノデ料理はいつも和洋ぐちゃぐちゃになってしまうが、気合いを入れた料理より何故か美味しい。