自家製たくあん漬け

初めて試みた自家製たくあん

不揃いの大根干しは思いのほか手間がかかった。

毎晩家の中に取り込み、朝になると再び物干し竿にかけるという作業を2週間ほど繰り返し、

ようやくしわしわ状態に。

ホームセンターで漬物用樽を買ってきて、

ネット検索で見つけたレシピ通りに配合した塩・糠・砂糖を準備。

大きさがばらばらの大根を平らになるように並べるのは至難の業。

1段並べては糠を振りかけ、その上にまた1段大根を並べそして糠を振る。

こうして何とか樽に漬け込んだのが昨年暮れ。

樽は家の中に置くスペースがないので、外の日の当たらない場所に置いている。

 

漬け込み後2週間くらいから食べられると書いてあったので、その通り食べてみると、

舌がピリピリするほど塩を感じる。

あのレシピで良かったんだろうかと不安が走る・・・。

さらに1週間後試食。

幾分塩のピリピリは減ったものの、まだ塩辛い。

 

漬け込んで約1か月

大根の水分が外に出た分、塩加減も薄まり、ようやくまろやかな沢庵味になってきた。

ポリポリ、ポリポリ・・・決して上品じゃない沢庵を噛む音が、毎回食卓に響く。

自家製たくあん漬け」への2件のフィードバック

    • 沢庵の噛む音も、日本独特の音風景かも。
      暖かくなる前に食べきらなきゃと思ってるけど、塩分とりすぎも怖い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中