湘南産ビタミンC

夏みかんの写真を初めて撮ったのが2009年

19個

翌2010年  20個

2011年 32個

2012年 69個

2013年 残念! 写真がない! 何個とれたかも忘れちゃった。

2014年

じゃじゃ~ん

写真に写っているのが76個。

先日義兄夫婦が遊びに来た時お土産としてあげたのが8個だから、合計84個。

 

上に伸びたみかんの枝が電話線に引っかからないよう、横に伸びた枝が隣の敷地にはみ出さないように・・・それだけを気にして剪定はするが、

それ以外は全く手をかけていないほうったらかしの我が家のみかん。なぜか、年々増えている。

今年増えた理由は一体何だったのか・・・・まったくわからないのだが、ともかく豊作はうれしい。

早速、この湘南産ビタミンCを東北の友人におすそ分け。 

喜んでくれるといいな。

広告

目指すはフィレンツェ

1日4ページと決めて読み始めた「インフェルノ」

さすがダンブラウン、読み手をどんどん引き込んでくれる。

おかげで1日4ページと自分に課したノルマは軽く達成。

460ページのうち、もうここまで来た。

寝る前の読書タイムはいつの間にか午後から夕方にかけての時間帯に移り、

おかげで夕食はコンロにかけたまま放っておける煮物系と焼き魚が多くなったような・・・・

 

ところで、ストーリの舞台フィレンツェの地理状況を詳細に知るため買ってきた「地球の歩き方」がとても役に立っている。

フィレンツェの駅サンタマリア・ノッヴェラ駅

有名なヴェッキオ橋

ボーボリ庭園・ドゥオーモ・洗礼堂

小説に出てくるこれらのスポットはすべて頭の中の地図にインプットされ、いつの間にか、まだ1度も行ったことのないフィレンツェの仮想旅行を楽しんでいる。

実現するのは5月の予定。

孫に会った後、目指すは

フィレンツェ!

シニアバックパック旅行イタリア版・・・ふふふ、楽しみ。

これは便利!

このおもちゃのようなもの、何かわかります?

紫色の小さいボタンを上にあげると、先についている2本の棒が右回転。

下にさげると、左回転。

この道具は、本来は↓の写真のように髪の毛をねじるためのもの。

ところが、先日、手織り仲間のKさんがこれをマフラーやショールの房作りに使う方法を披露。

いたく感動し、すぐさまKさんを通じて購入。

ちょうど織りあがったばかりのショールがあったので早速使ってみた。

まず棒の先端に隠れているフックを出し

房の半分をひっかける。

2本の棒のフックに夫々糸を引かけたら、スイッチを上に。

お~、クルクル捻じれていく。

しっかり捻じれたところで、スイッチを下へ。

今度は逆回転して、2本が1本に。

指の腹を使っての房作りは結構つらい。

途中で嫌になることもしばしばで、その都度、もう少しもう少しと自分を励ましながらひたすら糸を撚るのだが・・・

この便利品のおかげで、これからはうんと楽になりそう。

再び大雪

金曜日、再び大雪に見舞われた。

前回は夜のうちにかなり溶け、翌朝は車も走れる状態だったのだが、今回は少々厄介。

現在の我が家の状態

玄関先の踏み石の部分だけ雪を取り除いたが、

他はこんな状態

 

雪国では、すぐに除雪するのだろうが、

雪かき用スコップを持っている家などほとんどなく、

家の前を除雪したとしても、幹線道路にはまだ雪が残っている。

これでは雪用タイヤを履いてない我が家の車は走れない。

自転車ももちろん無理。

気温は比較的暖かく、雪はかなりの勢いで溶けてはいるのだが、

手足をもぎ取られたような状態は、しばらく続きそう。

初ブランケット失敗

ショールサイズを2枚接ぎあわせてブランケットに、と思ったのに

残念ながら、失敗。

片端の模様サイズは合っているのに

もう一方の端を揃えると

ああああ・・・ずれてる。

2枚接ぎあわせるためには、2枚のサイズがぴったり合うだけでなく、格子の模様も合わせなければならない。

段数を数えて、その都度長さを測って進めていたのに・・・途中までは。

2本目の真ん中あたりから「手が慣れてきた」と過信したのがいけなかった。

段数は数えていたのに、毎回長さを測るのを怠った。

結局、ブランケットはあきらめてショール2本として仕上げた。

ああ、残念!

この教訓を活かすためにも、いつか必ず再挑戦しなければ。

大雪

予報通りだった。

朝起きると外は一面真っ白。

ほら、雪の華

夏みかんの黄色だけがやけに目立つ

この雪の中、夫は「子供囲碁教室」に出かけて行った。

公民館まで歩き。

もちろん長靴を履いて。

ご苦労様。

私は、午前中に予定されていたKambaの練習が中止になったので、さあ織の準備でもしようか・・・

 

暖かい部屋で

窓の外の雪景色をチラッチラッと見ながら、

これから織る紡ぎ糸を揃える。

ああ、好きだなあ・・・・このひと時

さむ~い!

昨夜降った雪が

今朝は、ほんの少しの量だが

シャーベット状になって夏みかんの上に残っている。

鼻がキュンとなりそうな、湿気をたっぷり含んだ冷たい空気。

とても寒い。

でも、懐かしい。