ASHIの輪

utaさんがかつてブログで始めたASHIの輪—-ブログを通じて知り合った仲間の足の写真を集めるという、何ともユニークなプロジェクト。
しばらく途絶えていたが、再び再開したという。
早速仲間に入れてもらおうと足の写真を撮る。
生後4カ月。女子。名前はMaiko。
image

広告

育児

子供を育てるって、こんなに大変だったっけ。
土曜日の夕方こちらに着いてからまる2日経過。生後3カ月の女の子と2才10カ月の男の子との生活の中に突然入り込んだ今の感想だ。
娘が下の子におっぱい飲ませてると上の子が「おしっこ」と言い、上の子の世話をしてると、下の子がおっぱい欲しがって泣き出す。まあ、賑やかなこと。
私はまさにネコの手状態。

育児—-自分が経験してきたことではあるが、すっかりその大変さをわすれていた。
そう言えば、あの頃は広くもない家の中を走り回っていたっけ。ネコの手も借りたいと思ったこと、何度もある。育児って本当に大変だよね。
時間的な大変さだけじゃなく、
子育ては毎日毎日が試行錯誤。今日うまくいったかと思うと次の日はだめ。ハードルを一つクリアすると、また次のハードルが現れる。
でもそうやって親も子も一緒に成長していくんだよね。そういう日々を楽しもう!

さあ、今からみんなで公園へ!

image

ラッキーフライト

出発1週間前に購入した航空券。春休み中なので高いかと思いきや、案外安く、購入と同時に座席指定もネットで行った。
飛行機の座席はエコノミーの場合、2、4、2と並んでいるのだが、予約時点でこの242とも空席のところが数列あり、私が選んだのはその真ん中辺りの4席列の通路側。運がよければ4席を一人占めできる可能性ありと思って。
これがドンピシャあたった。手すりを全部あげ、足を伸ばして横になってもまだ余裕があるくらい。
快適!もしかして、ビジネス席より快適かも。空の旅は空いている時期に限る。

やさしい“活”

昨年暮れに女の子を出産した娘。

2週間に一度のスカイプでは元気な様子だったのだが・・・

突然SOSらしき信号を発信。

些細なこと(私にとっては些細だが、本人にとっては重要問題らしい)で少々落ち込んでいる様子。

いかん!

産後うつ?

でも、もう3か月も経っているし・・・初めての出産じゃないし・・・

心配に拍車をかけたのは、来週から婿殿が1週間の出張で留守になるということ。

育児に無関心な父親であれば、父親の留守は大した問題ではなく、むしろ私なんかだったら”ばんざ~い”と声をあげそうなのだが、そこはスウェーデン、父親が育児で担う役割はかなり大きく、それだけに留守となると母親の負担は一挙に増える。

心身ともに元気ならば、何の問題もないのだが・・・・・

 

行った方がいいかなあ・・・

早速、航空券の値段をチェック。

夫の同意を取り付けた上で、「来なくていいよ」という返事を半分期待しつつ「行こうか?」と娘に聞いてみた。

彼女の返事は「お言葉に甘えて来てください」だった。

 

海外で暮らすことを選択し、かなりつらいことも乗り越えてきた娘。

強い、強い、時には強すぎる、と思っていたのだが、人間、やっぱり弱気の時もあるよね。

 

よっしゃ。

お母さんの”活”、分けてあげるよ。

 

と、言ってもTVの「ごちそうさん」じゃないけど、私ができるのはご飯の支度くらい。

スーツケースの半分は食品。

昨日さらに娘からリクエストがあった。

じゃがりこ・紅ショウガ・焼きそばソース、炉端漬け

この内容からすると、すでに”活”の効果でてきたかな?

ヘルプという重大任務を負いつつも、言葉を気にせず娘と過ごせる1週間が今から楽しみだ。

明日朝、行ってきま~す。