鎮痛剤

歯の痛みはおさまっていたが、この先、いつとこで痛くなるかわからない。万が一のためにやはり鎮痛剤は必要。

薬局で簡単に買えるかなー
念のため、イタリア語で鎮痛剤を何と言うか、スマホで検索。紙にメモする。

駅の薬局—-店内をうろうろしたが、日本の薬屋のように鎮痛剤が手の届くところにはなさそう。

カウンター前にはすでに5~6人がならんでいる。やはりここでもらうしかなさそう。
「Calmante 、tranquillante、analgesico」と鎮痛剤の訳3つを書いたメモを見せ、歯が痛いと言うジェスチャーも添えた。

薬剤師風の男性、
「ふーん、カルマンテ」
と直ぐに出してくれた。

image

ああーこれで安心。

スマホ、メモ用紙とペンは旅の必需品。ああ、それから演技力も。

広告

ハプニング3つ目

今はもうヴェネチアにいるのだが—-
フィレンツェ二日目。
30度近い気温、ものすごい数の観光客、歩きにくい石畳の道にすっかり疲れ、夕食にレストランへ入る元気もなく、ホテルの隣にあったチャイニーズ料理のデリでテークアウト。早い夕食を取りベッドにごろっと横になる。

ん!
なんか変!
歯が痛い!

あわてて歯ブラシ。
でも、痛みが止まるどころか、ますます痛くなる。

水を口にふくんでいると痛みが和らぐ。しかし、水を口に含んだまま眠る訳にはいかない。

眠い、痛い!

たまたま洗面所にスツールがあったのでそれに座り、顎を手洗い器にもたれた状態で、口の中の水を交換しながら3時間。

このまま痛みが取れなかったら朝までこの状態?

夫の寝息が聞こえる。

あー、私がこんな状態だと言うのに。

夜10時、夫を起こし「ホテルのフロントで鎮痛剤があるかどうか聞いてきて。」

戻った夫、「駅の薬局に売ってる、と言われた。買いに行って来るよ。」
その声は、出来れば行きたくない、と感じられるトーン。だが、駅まで7~8分とは言え、夜遅くの一人歩きは危険だ。
やはり痛みを我慢するしかない。

ほぼ半泣き状態ではあるものの、頭はいたって冷静。スマホ片手に、「夜歯が痛くなったら」で検索。

首筋を冷やすとか、ツボを押すとか、いろいろ対処方がある。

取り敢えずできそうなことから試してみる。

すると、あら不思議!
痛みが徐々に減っていく。

30分程経つとなんとか眠れそうな気配。
あー良かった。

明日の朝、念のため駅の薬局で鎮痛剤を買っておこう。

鎮痛剤ってイタリア語で何て言うんだろう—-。

いざイタリアへ

いよいよイタリア旅行
火曜日の早朝、娘に最寄りの駅まで送ってもらい、電車でコペンハーゲンの空港へ。
自由な旅にはハプニングがつきもの。だから面白いのだが—-
いきなり飛行機が1時間半遅れて出発した。

image

アルプス上空から

ミラノに着いて予約したホテルへ。
ところが、受付の人から「水道が壊れてしまったので、今日は泊められない。他のホテルを紹介します。」と言われ、え~~っ!

image

紹介されたホテルは駅から1分の場所で名前は何故か「ホテル ニューヨーク」。旅の一日目はいつものように喉カラカラ状態でビールが本当に美味しかった。

二日目はフィレンツェへ移動。イタリアの新幹線に乗る。

image

image

image

ネットで購入したビジネスクラスの座席。

image

約1時間半でフィレンツェ到着。

でも、そろそろスマホのバッテリーが切れそうなので、フィレンツェでの様子は次回に。

ロングセラー

洗礼を受ける女の子には「きもの」を贈ることにしたけれど

3歳になったばかりの男の子には何がいいだろう・・・・

彼の好物の「じゃがりこ」はすでに数個買ってあるのだが、お菓子だけじゃ軽すぎるし・・・う~ん、悩む!

トイザらスでウロウロ、本屋でウロウロしてみたが、それでも決められず、結局、娘に聞いた。

「何でもいいよ」と言いつつ、娘は一応名前をあげてリクエストしてくれた。

それは

ノンタンの絵本2冊

すでに数冊持っていて、ノンタンは孫のお気に入りのキャラクターの一つだ。

それにしても懐かしい。

右の「ぶらんこのせて」がノンタンシリーズ最初の本で、出版されたのは1976年。

息子が生まれる1年前だ。

息子が読み聞かせを喜ぶ時期には、ノンタンシリーズも少しずつ増え、新しい本が出ると必ず買っていたことを思い出す。

毎日繰り返し読んだせいか、あのリズムのある言葉が、今でもスラスラと口に出てくる。

ノンタン、ノンタン、ブランコのせて。

だめだめ、まだ ぼく、ちょっぴりしかのってないんだもん。

ノンタン、ノンタン、ブランコのせて。

だめだめ、これから、たちのりするんだもん。

・・・・・

高い声や低い声、かわいい声や意地悪な声・・・と、工夫しながら読んだっけ。

息子と娘がキャッキャッと笑いながら聞いていた光景が懐かしく思い出される。

今度は娘と孫、そして私と孫・・・同じような光景、作れるかしら?

一つ身のきもの

もうすぐ孫の洗礼式

さて、お祝いに何を持っていこう?

着るもの? それともおもちゃ?

いずれもインパクトに欠けるなあ。

思いついたのが

娘が七五三で着た一つ身の着物

品のいい色合いに落ち着いた模様

母が孫にと贈ってくれたものだ。

 

洗礼式では白いドレスを着せるので必要ないのだが、

これを機会に婿殿の家族に日本式のお祝い習慣を知ってもらうのもいいだろう。

色白のMちゃんにきっと似合うわ。

 

亡き母へ

あなたが孫のために贈ってくれたこの着物

30年間箪笥の中に眠らせていたけれど、

今度、海の向こうのあなたのひ孫に贈るわね。

きっとみんな「きれい!」って驚くわよ。

あらためて、ありがとう。

糸 1kg

スウェーデン産フィンシープを使った服地はすでに3枚作ったのだが、

懲りずに4作目を。

そのための糸作りがようやく終了した。

ちょうど1kg


右の布は前回ジャケットを制作して残ったものだが、今回の糸の色は前より若干濃く、青味がかったグレイ。

 

織るのは旅行から帰ってきてから。

旅行も楽しみだが、

その後の機織りも楽しみ。