ロングセラー

洗礼を受ける女の子には「きもの」を贈ることにしたけれど

3歳になったばかりの男の子には何がいいだろう・・・・

彼の好物の「じゃがりこ」はすでに数個買ってあるのだが、お菓子だけじゃ軽すぎるし・・・う~ん、悩む!

トイザらスでウロウロ、本屋でウロウロしてみたが、それでも決められず、結局、娘に聞いた。

「何でもいいよ」と言いつつ、娘は一応名前をあげてリクエストしてくれた。

それは

ノンタンの絵本2冊

すでに数冊持っていて、ノンタンは孫のお気に入りのキャラクターの一つだ。

それにしても懐かしい。

右の「ぶらんこのせて」がノンタンシリーズ最初の本で、出版されたのは1976年。

息子が生まれる1年前だ。

息子が読み聞かせを喜ぶ時期には、ノンタンシリーズも少しずつ増え、新しい本が出ると必ず買っていたことを思い出す。

毎日繰り返し読んだせいか、あのリズムのある言葉が、今でもスラスラと口に出てくる。

ノンタン、ノンタン、ブランコのせて。

だめだめ、まだ ぼく、ちょっぴりしかのってないんだもん。

ノンタン、ノンタン、ブランコのせて。

だめだめ、これから、たちのりするんだもん。

・・・・・

高い声や低い声、かわいい声や意地悪な声・・・と、工夫しながら読んだっけ。

息子と娘がキャッキャッと笑いながら聞いていた光景が懐かしく思い出される。

今度は娘と孫、そして私と孫・・・同じような光景、作れるかしら?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中