最新作

夫の最新作品

その1 じゃがいも・・・この箱は一応まともな大きさだけど、小さいのもいっぱい。

その2 かぼちゃ・・・実をつけたのは1個だけ。(蝶々に頼っていてはだめで、ちゃんと人間の手で受粉してやらなければいけないらしい)

その3 カサブランカ・・・2m・・・こんな背が伸びるとは。

じゃがいもの大きさが不揃い過ぎるだの

かぼちゃが1個しかできないだの

カサブランカの背が高すぎるだの

文句ばかり言っておりますが・・・・

心の中ではちゃんと感謝しています。

広告

娘が高校生の時に使っていた傘

もう20年以上前のものだが、つい先日まで現役だった。

特に愛着があって大切にしてきたわけではない。

捨てる理由がなかったからずるずると使ってきただけ。

しかし、さすがに20年以上も経つと、 布の撥水性がなくなり、骨に結ばれている所も一ヶ所切れてしまったので、ようやく新しい傘を買った。

骨の多いがっちりした傘もあったが、やはりできるだけ軽いものを選んだ。

 

それにしても、傘は、昔ほど出番がなくなった。

はるか昔の通学・通勤時代、傘は必需品だったのに・・・。

今の生活では、車での移動が多く、傘をさしてもほんの数分。

ちょっとくらい濡れても平気と、傘なしで小走りすることも多い。

出先で雨にあい急きょ買ったコンビニ傘があったりすると、つい、そっちを先に使ったりして・・・。

となると、この新しい傘もきっと長生きするに違いない。

初体験

先週、夫が通っている英会話クラスのバーベキューパーティーがあった。

4月のお花見に続く第2弾。

今回の参加者は外野の私を含めて11人。

バーベキューとなると火を使える公共の場所は限られており、少々不便だが会場は湘南平のキャンプ場。

数日前から降り続いていた雨も、前日にはすっかり止み当日は快晴。

木立の中にあるキャンプ場で、早速男たちがコンロの準備。

スウェーデンから大切に持ち帰った娘婿のホームメードビールで乾杯。

今回のバーベキューパーティーの主役は、

な、なんとカンガルーの肉↓。

お花見の時、オーストラリア人の先生が言った

「オーストラリアではカンガルーを食べる。日本でも買えるよ。」の言葉に

「ええ~っ、是非食べてみたい」と反応。

この時の会話から今回のバーベキューへと発展したのだが・・・・

あれ~、ステーキのような肉じゃない!

焼き鳥風

さて、お味は?

胡椒が効いていて、肉の臭みは全くない。

脂身もほとんどなく、ビーフジャーキーのような味。

「もっと臭いのかと思ってたけど、案外いけるね」というのが全員の感想。

オーストラリアでは、他に「ワニ=クロコダイル」も食べるとのこと。

当然、次回はクロコダイルパーティだ。

戻る

海外から帰国した直後にいつも思うこと

・日本は湿気が多い

・やっぱりウォシュレットが最高!

・ラーメンが食べたい

なぜ、味噌汁じゃなくて、ラーメンなんだろうね。

☆ ☆ ☆

帰国してもう10日以上経ち、時差ボケもようやく解消。

夜、よく眠れるようになった。

水泳・コーラスも再開した。

そして紡ぎ・織りも。

経糸640本  長さ14尺

時のたつのを忘れて久しぶりの集中

再びスウェーデン

再び娘宅に戻り、帰国までの日々をのんびりと過ごした。

スーパーへ行ったり

スウェーデンで子供から大人まで長く愛用され日本でも人気らしい、コンケン(kånken)バッグ

孫に1個、自分用にも1個買った。

そして孫とたくさん遊んだ。

しかし、短い期間とは言え、朝から晩まで一緒にいると、見ない方がいいこと、思わない方がいいことも、つい・・・・

黙っていようと決めていたのに、ついぽろっと口から出てしまう。

アドバイスのつもりが、批判と受け止められる。

言葉で伝えるってこんなにも難しいのか・・・・。

お互い悲しい思いをするたびに、反省と後悔。

それでも

「私たちが言わなければ誰が・・」という親心もなかなか消すことができない。

いつかみんなで「そんなこともあったわね」と笑える日が来ることを信じたい。

 

前日の小さい棘が刺さったままのような気持ちも、翌朝の散歩で癒されていた。

ん?

あの白いものは、羊?

黒い羊もいる!

イタリアへ行く前はいなかった羊。

草も伸びて来てようやく放牧されたようだ。

良かった! 帰国する前に会えて。

 

数ある写真の中でツーショットはこの一枚だけ。

「今回の旅もいろいろあったけど、楽しかったね」

「お陰様で」