作文

3か月ほど前、出身高校の同窓会報に載せる原稿を頼まれた。

お世話になっている方からの依頼で、しかも「テーマは羊で」と言われて、つい引き受けてしまった。

 
 

さて何を書こうか・・・・

頭の中を整理する。

読者は誰?

羊に関して私が書きたいことは何?

焦点が絞り切れず、なかなか整理がつかない。

しかも「同窓会報」と考えただけで力んでしまう。


取りあえず一気に書いてみた。

翌日読んでみる。

・・・・う~ん、なんだか纏まりのない作文・・・

一部削除、一部追加。

これを何度も繰り返す。

 

パソコンのお蔭で紙を無駄にすることはないのだが、

自分がいかに纏まった作文が苦手か思い知らされた。

ブログとは全く違うのだ。

ブログは私のつぶやきのようなもの。

しかも写真が足りない言葉を補ってくれる。

文字数の制限もない。

 
 

とにかく四苦八苦しながらようやく書き上げ、昨日メールで送った。

これでやっと肩の荷が下りた。

あれで良かったのか?との思いは残るが、

依頼された時言われたあの一言でその不安を打ち消そう。

・・・同窓会報を熱心に読む人はそう多くないから安心して・・・

広告

作文」への2件のフィードバック

  1. 安心を与えるようでいてどこか腑に落ちないその一言。
    「羊」でまずおっ?と興味を魅かれる。
    次号の読者は熱心な読み人多し!

    • 私の母校は創立以来100年を超えているので、同窓生は相当な数。
      会報は同窓会費を払っている方たちに送付されるらしいんだけど、みんなそんなに熱心に読まないでしょう・・・多分。
      ちなみに私は会費払ってないから一度も読んだことがなかったよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中