賽の河原

昼食後、ふとテレビに目をやると

NHKBSの「こころ旅」再放送・・・正平さんが佐渡のお地蔵さんのスポットを訪ねていた。

お地蔵さんがいっぱい置かれていて、ちょっと不気味・・・と私は感じたのだが、

「お地蔵さんは亡くなった子供を供養するためのもので・・・・賽の河原で石を積んでは鬼が崩しに来て・・・・」と、一緒に見ていた夫が、解説しだした。

夫の説明は少々言葉足らずだったので、ネットでの検索結果を紹介すると、

お地蔵さんは

“幼い子供が親より先に世を去ると、親を悲しませ親孝行の功徳も積んでいないことから、三途の川を渡れず、賽の河原で鬼のいじめに遭いながら石の塔婆作りを永遠に続けなければならないとされ、賽の河原に率先して足を運んでは鬼から子供達を守ってやり、仏法や経文を聞かせて徳を与え、成仏への道を開いていく”

のだそうだ。

夫はさらに

「だから、片づけても片づけても散らかっている状態を”賽の河原”とうち(実家)では言ってたよ」と付け加えた。

おばあさん、おじいさんと一緒に生活していたからなのか・・・なんでもよく知ってること。

幼いころ毎年町内の地蔵盆で鐘を叩いていたのだが、その辺のことは何も知らない私。

念のため、賽の河原もネットで検索すると

  1. 死んだ子供が行く所といわれる冥途の三途の川の河原。ここで子供は父母の供養のために小石を積み上げて塔を作ろうとするが、絶えず鬼にくずされる。そこへ地蔵菩薩が現れて子供を救うと言われている。
  2. 転じて無駄な努力のこと。

へえ~、そうなんだ。勉強になりました。

テレビを見ていたのはほんの10分ほど。

その後、私は庭の草むしりを始めた。

しばらくして夫が”見学”に現れる。

「ふ~ん、これが”賽の河原”だ」

と言って、自分の部屋に戻って行った。

“賽の河原”の言葉の使い方・・・草むしりするたびに思い出しそう。

賽の河原」への2件のフィードバック

    • 歳月・・・そうだね・・・若いころはこうはいかなかったな。いちいちつっかかってたもの。
      諦めと尊敬を繰り返してきた歳月とも言える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中