展示会「十人十色」開催中 30日4時まで

東京での展示会は今回が初めて。 会場は日本橋浜町で明治座のすぐ近く。

これまでの会場の小田原は来ていただくには少し遠くて、と案内を遠慮していた友人たちにも今回は思い切ってハガキを送ったのだが、多分グループメンバーみんなも同じだったんじゃないかな。

とは言え、初めての東京展示会なのでちょっぴり不安を抱えつつオープン。

展示会場の様子

ブランケットや大判ショール バッグ

20141125a

軽くて使いやすい強撚カシミアのショールもたくさん 20141125h

ほっこり暖かいホームスパンのマフラー 20141125j

ビーズアクセサリー、手紡ぎ糸のセーター 20141125e

手紡ぎ糸使用のキリム

20141125g

オープン初日、二日目は悪天候。 にもかかわらず、大勢のお客様がご来店。 みんなうれしい悲鳴で、このままじゃ作品足りなくなるんじゃないかしら・・・と心配もするほど。

ところで、私のあの「マリアのジャケット」 全く売るつもりはなく値段もつけていなかったのだが、

20141127b

あまりにお似合いだったので、 しかも、羊毛のこと、紡ぐこと、織ることをよくご存じの方だったので、 咄嗟に「着てもらいたい」と思い、お譲りすることに。 惜しい気持ちがなかったわけではないが、 実は、今年の春、娘用にと織った同じタイプの服地がもう一枚あり、 また縫えばいい・・・・と、思い切ることができた。

今回の展示会には、数年前に織ったヘリンボーンの服地を展示会直前にコートに仕立てて出したのだが、これもお嫁に行かせた。 嫁ぎ先はニューヨーク時代の友人Yさん。精魂込めて作った作品は、やはり愛される人の元へ嫁がせたい。 彼女だったら・・・と思い、彼女が購入できそうな値段でお譲りした。

「最近自分のものは買ったことがなかったので、ストレス解消にもなりました」とメールをくれたYさん。 ああ、よかった。

受験生を抱え、パートで働いている彼女・・・ 私にもそんな時期があった。子供二人が大学生の時は、自分のものはほとんど買えなかった。 今だって、洋服に大金をつぎ込むことはできない性格だ。

だから、作品の値段をつける時はかなり悩む。

もちろん世の中には、お金持ちの方が大勢いて、手織りで生計を立てる方もいて、 手織り品の値段はその需給の関係で成り立ってはいるのだろうが・・・・

時間と愛情をたっぷり込めた作品に値段をつけるのが苦手な私は やっぱりプロにはなれないな。

それでも今はいい・・・嫁がせたジャケットとコートさえ幸せだったら。

広告

ブロッコリー

野菜嫌いの孫H

食べられる野菜は実に数少なく、娘も苦労しているようだ。

そんな彼が最近食べられるようになったのがブロッコリー。

ブロッコリーの何が彼の食欲を刺激したのかはよくわからないが、

確かに我が家に滞在中、夕食で出した茹でたブロッコリーを何もつけないでそのままパクパク食べていた。

この時のブロッコリーはスーパーで買ってきたもの。

出来れば、

我が家の畑のブロッコリー

を食べさせたかった。

しかし、収穫したのは、娘たちが帰った1週間後。

残念。

 

2014年 展示会のご案内

ベスト

娘たちがスウェーデンへ戻ったその日から

久しぶりの洋裁開始

9月に織った布

緯糸の計算が狂い、最初に黄緑色がなくなり、次に濃紺がなくなり・・・

途中で少しずつ柄が変わることになってしまった一枚の布

織り始めのチェック柄が一番長いので、その部分を使ってベストを縫おうと思っていたのだが、

布を眺めているうちに、突然気が変わった。

やっぱり、この柄が変わる部分を使おう!

と、出来上がったのがこのベスト。

ついに

動物園の羊の毛が

洋服になった。

やった~!

お土産の絵本

娘夫婦が2週間の滞在を終え今朝、成田へ発った。

やれやれ。

いそがしかったけれど予想以上に楽しい日々だった。

3歳の孫ともちゃんと意志疎通ができたし、10か月の孫は愛嬌を振りまいてくれ、笑顔が絶えない毎日だった。

今、静まり返った我が家。

お土産にもらった絵本を開く。

タイトルは「Pelleの新しい洋服」

スウェーデンの男の子Pelleのお話

 

羊を飼っているPelle。

いつも着ている洋服が小さくなったので、

ある日、Pelleは羊の毛を刈り、

おばあちゃんに「カードをかけて」とお願いする。

カードをかけてもらう代わりに、Pelleはおばあちゃんの畑の草むしり。

ふわふわになった羊の毛。

Pelleはもう一人のおばあちゃんに「糸に紡いで」とお願いする。

その代りPelleはおばあちゃんの牛の世話。

糸になった羊の毛。

Pelleは、今度はおじさんのところへ行って糸を染める染料をお願いする。

おじさんのお使いをして、染料をもらったPelle。

糸は自分で染め、お母さんに「布に織って」とお願いする。

お母さんが織っている間、Pelleは妹の世話。

布になった羊の毛。

Pelleは仕立て屋さんへ行き「洋服を縫って」とお願いする。

仕立て屋さんが洋服を縫っている間、Pelleは仕立て屋さんの家の家畜に餌をやったりまき割りをしてお手伝い。

こうしてついに

Pelleの羊の毛は新しい洋服になりました。

孫からのプレゼントの絵本

 

大切にしたい。

展示会のご案内

★秋冬に装う★

湘南の地で手仕事に励む仲間たち10人

東京での初の作品展です

個性豊かな手しごとをどうぞお楽しみください。

期日  11月25日(火)~30日(日)(私の在廊日は26日(水)と27日(木)です)

    11:00~19:00

会場  ギャラリーA/N 

東京都中央区日本橋浜町2丁目55番地5号

浜町公園グランドハイツ弐番館102

TEL03-3664-8230

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

展示会まであと1か月を切っている。

が、ただいま娘家族が一時帰国中。

追い込みは、彼らが帰ってからになりそう。