さくさく織れる

茶色の服地が仕上がった。

20150323b

糸はシェトランドのトップを紡いだものだが、今回は織りの段階でかなり苦戦。織っている最中、毛羽がたち、経糸も何度も切れた。トップは紡ぎやすいためスイスイ紡いだ結果、撚りが少しあますぎたようだ。

次におそるおそる織り始めた青の服地

20150323a

糸は動物園のコリデール。毛が短くて、紡ぐのは大変だったのだが、茶色と違って、さくさく織れる。

あらっ、もう織り終わりの部分が見えてきた。

もう少し織っていたいのに・・・・。

 

広告

さくさく織れる」への2件のフィードバック

  1. 羊毛がだんだんかたちを変えていく。それに携わる人も同時に変わっていく。
    織り機の音はYukoさんにとってまさに時を刻む音でなんだね。

    • そう、その通り。出来上がった布には私の時間が織りこまれている。愛情とか、気持ちを織り込むと言うよりも確かな事実ね。
      布はいずれ姉・そして孫の元へ・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中