夫の長ネギ栽培

冬の間、毎日のように夫が育てた長ネギを食べた。風邪も引かず健康に過ごせたのはそのおかげかもしれない。感謝。

そのネギが食べ終わった頃、春まだ早い時期、夫は次の冬に食べるネギの種を撒いた。

2階のテラスに置かれたプランター2個。発芽するまでは濡れた新聞紙で覆い、さらにビニールをかけて保温。芽が出ると新聞紙は取り去り、水やり・保温に注意しながらゆっくり苗の成長を待つ。

現在の苗の状態

20150430a

今年の種には何と「貴婦人」という名がついている。(多分大根なんかには絶対つかない名前)

20150430b

ネギの種って見たことありますか?

20150430c

右の白いのがゴマだからほぼ同じくらいの大きさ。

苗の成長を待って畑に移すのだが、その時期は?と聞いたら、「畑が空いたら」という答え。現在の畑には、グリンピース、玉ねぎ、にんにく、じゃがいも、里芋、茄子、キュウリ、夏用ネギ、大根が植えてあり、スペースがないのだそう。

それにしても、冬食べるために冬が終わるとすぐに種を撒き約10か月かけて育てるとは・・・。

ホームスパンも気の長い仕事だけれど、野菜作りも同じように根気の要る仕事だ。我々夫婦、案外似たもの同士なのかも・・・。

今日の記事を書くにあたって、夫にネギ栽培についていろいろ聞いたのだが、最後に「たまには、畑を見に来てよ」と言われてしまった。

ハイ、いずれ・・・。

夫の長ネギ栽培」への1件のフィードバック

  1. ネギか・・・もっとも苦手な野菜だからな^^
    でも苗ならいけそう。
    機織りを見てしまったよひょうはもう二度とつうに会うことは叶わなかった・・・
    ひろしさんは見に来るの?機織り。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中