週一のひとり時間

夫が完全リタイアしてもう4年。当初はギクシャクしていた「ふたり生活」だが、今はばっちり。すれ違い時間と一緒にいる時間とのバランスも程よく、お互いストレスがかからないための生活ルールも定着。

今の生活がベスト・・・と思っていたら、今年春、突然夫に会社復帰の話が舞い込んだ。かつて開発を担当していた古巣からの要請だった。復帰と言っても週に一日だけ。肉体的・精神的にもOKの範囲なので、夫は快く引き受けた。

週に一日だけ、夫を駅まで送る。

家までの帰り道、ん? なんだかウキウキしてる。

先延ばしにしていた換気扇を掃除したり、集中して織ったり紡いだり・・・歌ったりピアノ弾いたり・・・夫の存在を意識するとついついできなかったことをやってる。そして、心なしかいつもより気持ちがシャキッとしている。

夫が帰宅するのは夜8時。いつもの夕食より一時間遅いだけだ。

なのに、丸一日感じるいつもと違うウキウキ感、シャキッと感。なぜ?

やっぱり普段夫を煙たいと思ってる?

いえいえ、とんでもない。

夫が古巣とは言え多少は緊張して仕事をしていること、そして、まだ自分の技術が必要とされているという彼の喜びを思うと、やはり私もウキウキ・シャキッとなるのです。

おお~、これぞ素晴らしい夫婦の絆ではないか!

20150729(白・灰色のリネンのストール)

 

 

 

 

 

百合の名前

蓮の話題の次は「百合」

庭の半日陰に「カサブランカ」という名前の百合の球根を植えたのは確か2011年。

翌年花が咲いたのがこれ。

cropped-wpid-dsc_02571.jpg

なるほど、さすが「カサブランカ」、姿もいいけど香りもいい、と思っていたら、とんでもない間違いをしていることに気が付いた。

カサブランカというのは「まっ白」のみで、他の色のは「カサブランカ」ではないそうな。 調べてみると、我が家の黄色の百合は「オリエンタルハイブリッド」というグループに属していて、このグループには様々な色・模様の百合があるようだ。「カサブランカ」もその中の一つ。

ちなみにこの黄色の百合は「アーリーイエロー」だと思われる。 球根を買ったときの袋に「カサブランカ」と書かれていたからそう信じたのだが、違う球根が入っていても、素人にはわからないよね。

ところで、黄色の百合の後、2週間ほど遅れて咲いたのがこの百合。 20150715b ささてこの百合の名前は・・・ スターファイター?

格下げ

頂き物の白いタオルがかなりあるので

時々、使っているタオルの格下げをしないとなかなか減らない。

古くなったタオル・・・昔なら床掃除などの雑巾にするのだが、今はお掃除シートを使うことが多く、雑巾の出番も少ない。

なので、我が家では

タオルを半分に切って、端をミシンで縫い、台所用ふきんに。

20150708

これでタオル消費スピードがかなりアップ。

七夕デート

七夕初日はあいにくの雨

行きつけの美容院は七夕のメインストリートに面しているのだが、毎年七夕期間中は暇だと聞いていたのであえてこの日午後4時に美容院を予約。

20150704d

美容院はこの交差点の角。雨は止んだようで、学校帰りの高校生が大勢繰り出していた。

夕方5時、カット終了。

美容院を出てすぐ、家にいる夫に電話した。

「今、七夕の通りにいるんだけど、出てくる?」

「ああ、いいよ」

突然の誘いにもかかわらず、約30分後、夫が待ち合わせの駅ビルにやってきた。

再び通りへ。

どんより曇った空の下、カラフルな七夕飾りが揺れている。

20150704a  20150704c

一体誰が入るんだろう・・・・?

20150704b

臨時のテント食堂でいつもの鮎の塩焼きとビール

鮎が600円・・・これはいいとして、

紙コップの生ビール、半分ほど泡なのに、700円は高すぎるぞ。

20150704e

「お祭りだからね・・・」と寛大な夫

この後、去年と同じ焼き鳥屋でもういっぱい。

夫「誘ってくれてありがとう」

私「たまにはね、こんなのもいいかなと思って」