赤を織る

整経を終え、経糸を千巻箱に巻く作業

P1100867   P1100870

片方をピアノの足に固定し、張り具合を確かめながら巻いていくのだが、この作業はかなりきつい。

幅約80cm、長さ約4m。

P1100871

P1100872

さあ、織るぞー。

赤を織る」への2件のフィードバック

  1. ピアノの足も使い用だね!
    機織り機に掛ける?作業も相当緊張しそう。
    段取りですべてが決まるといってもいいような そんな光景だな。

    • 織りを始めたばかりのころの比べれば段取りはかなりうまくなってるんだけど・・・・糸の数え間違い、途中糸が切れる、綜絖通しを間違える・・・等々、毎回ちょいミスが発生する。やはり最後まで気は抜けないよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中