あいそんない

今月初めから約1週間、仕事で中国蘇州駐在中の息子夫婦が休暇で一時帰国していた。

息子は趣味にしている自転車を持参

20151001

日中は自転車での外出を楽しんでくれていたおかげで、我々夫婦の普段の生活リズムを大きく変えることもなかった。

が、夕食時だけはいつもと違って毎晩賑やか。

いつもなら15分程度で終了する夕食が、お酒が入り会話が弾んで一時間。

夫も私もいつも通りを装いながらも、心は躍りっぱなし。

かつての子どもらとの生活はこんなにも賑やかだったのか・・・・

息子たちが中国へ戻った日

ふと感じた

あいそんない・・・・(富山弁で、寂しいとか物足りない等の意)

張りきった後のしんみり感が体にこたえる。

あいそんない」への3件のフィードバック

  1. へぇ~そういう意味なんだね。よくぶっきらぼうの店員さんとかにああいそうがないっていうけど
    まったく違う意味とは。
    家族みんなで生活するのが当たり前だと思っていた時代。
    それは決して長くはなくとても貴重な時間だったって今更ながら気付く。

    • 「愛想がない」から「つまらない」とか「寂しい」等の意味として使ってるんだと思う。
      息子たちが帰った直後は「寂しい」とちょっと感じたけど、立ち直りは早いよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中