もう1週間

姉にプレゼントするコートが金曜日夜仕上がった。

20151129b

20151129c

裏地は洋裁の心得のある友人が「使って」と譲ってくれた、ピエールカルダンのロゴ入り。

後はボタン付けとボタンホールのみ。

あと一日あれば完成して送れるのに・・・

ボタン屋せんでボタンホールをやってもらえるのは週一度の金曜日のみ。

もう1週間先・・・

北陸地方の冬型の天気を気にしつつ

じっと待つ。

広告

ワインゼリーの感想

utaさんが送ってくれたワインゼリー

昨夜、夕食後のデザートに出した。

20151124a

とは言っても、普段の我が家の食事にはデザートなんかつかないので、デザートまで考えてメニューを決めない。

夕べのメニューは

夫が畑で作った大根(畑には50本近くある)と豚肉の炒め煮と20151124c

同じく夫が作った里芋とイカの煮物。

20151124b

他には、夫が作った白菜の味噌汁、そしてブリの刺身。

茶色系のみの超和食。

ワインゼリーには申し訳ないと思いつつ、ゼリーを食べた。

まず私が感想を言う。

「わ~、大根の味も里芋の味もすっかり消してしまうほどさわやかな味よ」

夫はそれを聞きながらゼリーを口に運ぶ。何か言葉を探している様子。

「ワインの味がする」

「そんなのわかってるー。他にコメントないの?」

「う~ん、大根の味も里芋の味もわずかに残しつつ、ワインの香りもしっかり記憶に残る」

二人のコメントは微妙に違う。

これは各々の味覚の感じ方の違いなのか、

それとも優しさの違いなのか???

うまいもの県からの贈り物 その2

昨日の石川県と同様、うまいものがたくさんある岩手県

ブログ友達のutaさんが住んでいる

彼女とH市で再会した数日後、紙袋の宅急便が送られてきた。

中を開けると・・・3品入っていた

まず「亀の子せんべい」

ん? 袋全体がせんべいにしてはもっこりしてる

20151121e

中を開けると・・・な、なんと真っ黒!  えっ?イカ墨?

20151121d

裏返すと、お皿のように中がへこんでいる。

20151121c

食べてみた。 ゴマの味!

なるほど・・・せんべいの外側に甘い練りごまが塗ってあるのだ。

「胡麻+せんべい」・・・苦肉のアイディアという感もないではないが、美味しい。

2つ目はワインゼリー

20151121b

酒好きの夫はこれを見るなり、すぐに食べようと手をかける

だめ、だめ、デザートって書いてあるから、食後まで我慢よ

3つ目はお米3合

20151121a

ラベルはないが銘柄は「たかたの夢」

震災後の2012年、陸前高田で1.5反の田んぼから栽培開始。最初は種もみ用のみ栽培。翌年ようやく一般販売用のお米を収穫したとういう。陸前高田の人々の夢を背負っているお米

夢の味・・・しっかり味わおう。

utaさんが送ってくれた3品の贈り物は

友人のと言うより、家族のような暖かさを感じさせてくれた。

utaさん、ありがとう!

うまいもの県からの贈り物 その1

北陸新幹線の開通でえらくにぎわっているという金沢

そこに弟家族が住んでいる

昨日、弟のお嫁さんが送ってくれた「コウバコガニ」が届いた。20151120e

香箱蟹あるいは甲箱蟹と書くらしい。

ズワイガニの雌で体は小さいが味は濃厚

子どものころ、冬の食卓に時々出てきた

お皿にボンと丸ごとおかれた蟹

他におかずはあったのかどうか・・・蟹に夢中で覚えていない。

20151120d

日本海側で取れるが数は少ないので、ほとんどが地元で消費され、関東までは回って来ない。我々夫婦にとっては何とおよそ50年ぶりの対面だ。

お腹の中にある外子(卵)

20151120b

甲羅の中にある内子(未熟成卵)、そしてかに味噌が絶品

20151120a

蟹に集中したいのでテレビはOFF。

めちゃくちゃ静か・・・・

お箸で身を取り出すのに懸命で、二人とも会話をする余裕なし。

沈黙5分・・・・「おいしいねえ」

更に沈黙5分・・・・「懐かしいね」

いつもは15分ほどで終わる夕食は、何と1時間もかかった。

蟹のお皿のそばには、私の焼酎のお湯割り、夫の日本酒のグラスがあり、

夫とは向かい合ってはいるものの、

それぞれの心の中は、実家の食卓を囲んでいる子供の頃の自分にタイムスリップしていた。

Kさん、ほんとうにありがとう!

熱いうちに

展示会を通じて受けた多くの刺激

それらが熱いうちに

次の作品に取り掛かろう

昨年冬、父の葬儀の後姉に約束した茶色のコート

布はすでにできていて縫製のみだからそんなに日数はかからない。

今は体調を崩して入院中の姉

今月末までに退院できるだろう。

その頃に届けば、きっと喜ぶに違いない。

20151119a

2015展示会終了

大磯「きなが」での展示会が無事終了した。

13日から16日までの4日間、興奮の連続だったので、少々疲れ気味。しかしそれはとても心地よい疲れ。

展示会会場は閑静な住宅街の中にあり、通りすがりの人がふらりと立ち寄ると言うわけにはいかない場所。それでも地図を頼りに、予想以上の数の人たちが見に来てくださった。

私が是非見てもらいたいと思って出した子供用ジャケットとコート。20151113a

大人向きの落ち着いた色の中でこの赤と青はしっかりと目立ってくれた。

作り手12人の作品が所狭しと並ぶ

20151113h 20151113i 20151113j20151113d

展示会初日は、会場でお当番をしたものの、

二日目は少々忙しかった。

「是非見たい」とおっしゃる「丘の上のKさん」を家まで車でお迎えに行き、ご案内。その後、大磯プリンスで昼食を取った後、Kさんをお宅まで送り、ついでにKさんの要望で新しく買ったタブレットに「Instagram」をダウンロード。

そして午後4時、東京へ。

ブログ仲間のUtaさんと久々に再会。神楽坂のセッションハウスで行われた息子さんのダンスパフォーマンスを一緒に見た。息子さんのステージ名は「フェルナンデス」。フェルナンデス君の魂のこもったダンスに、息が止まりそうだった。

20151113k

彼女が宿泊地を東京から平塚のホテルに変更してくれたおかげで、電車の中でもたっぷりおしゃべり。平塚までの1時間がとても短かった。

展示会3日目。Utaさんを展示会に案内。

ブログの写真でしか見ることができなかった作品を、手に触れ、身に纏い、布を確かめる・・・ホームスパンの本場盛岡に住み確かな目を持つ彼女は果たしてどのように評価してくれただろう・・・

お昼は夫がよく山散歩する湘南平へ車で上り、頂上にあるレストランで食事をした。

朝からの雨空が少しずつ明るくなり、陽がさしてきた。

良かった~

20151113f

ブログで出会ってもう9年。(えっ? もう9年も?)

絆が徐々に太くなっていくのを実感している。

次は私が盛岡へ行こう。

★ ★ ★ ★

展示会開催中おいでくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。ここまで続けてこられたのも皆様の励まし応援があればこそ。今後ともよろしくお願いいたします。

さて、次は何を作ろうかな?

いや、何と出会うかな?

白洲次郎のTVドラマ、スウェーデンの羊、映画のマリア、動物園の羊、そして絵本のペレ・・・・の次は・・・

それはこれからのお楽しみ。

 

 

 

 

 

 

一足お先に

大磯の展示会を来週に控え

一足お先にお披露目

20151107

20151108

市の中央公民館で開催中の「公民館フェスティバル」(8日まで)

展示されているのは、市全域の各公民館で活動しているグループの作品。

作品の展示は応募制で、応募多数の場合は抽選なのだが、今回初めて応募して、運よく当たった!

我々グループのメイン展示はキルトなのだが、私は、もちろんあの「ふれあい動物園」の羊の毛で作ったジャケットを出させてもらった。

・・・多くの人に見てほしいな。