オークションでゲット

先日ネットオークションを利用した。

初めて利用したのは昨年冬で、東京国際キルトフェスティバルのチケットを購入した。

例年、このチケットは私の住む地域のY新聞販売所が購読者サービスとして抽選で配布しているのだが、昨年は申し込んだもののハズレてしまった。

前売り券でも1900円。当日券だと2100円もする。

抽選とは言えかなりの確率でもらえるチケットに、この金額を払うのは実にあほらしい。

そこで、ネットに頼ったのだ。

あるわ、あるわ、前売り券や招待券がかなりの枚数・・・

20160127b

オークションなので、値段は100円くらいから始まり、入札価格が少しずつ上がる。

締め切り時間までに最高額を入札した人が落札するのだが、このプロセスがかなりイライラする時間。

即決価格が提示されているのもあって、イライラ時間を避けたい私はこれを選択。値段は1000円だった。

さて今年は、と言うと、新聞販売所の抽選に申し込むのをすっかり忘れ、再びオークションサイトへ。友人二人分も合わせて3枚確保しなければならない。

何とか安く手に入れたいので、今回は頻繁にオークションサイトを観察。

結果、一枚は送料込みで1080円。他2枚は合わせて送料込みで1810円。1枚あたり約960円。

もちろんただよりは高いが、前売り1900円の約半分値でゲット!

出品者はもちろん知らない人。手元に届くまでは少し不安で、届くと「いい人で良かった」とひと安心。

こうして今年もキルト仲間と一緒にキルトフェスティバル初日に無事行くことができた。

20160127c

キルトは下火になったとは言え、相変わらず大勢の来場者。

20160127d

今年のテーマは「ミュージック」

NHKの「すてきにハンドメイド」に掲載されたパターンをそのまま使うと、統一感のあるキルトが出来上がるのだが・・・一人一人の個性は見えないよね

20160127e

私のは?  あった!

全体としては全くまとまりがなく、「美しい」とはとても言えないのだが、一つ一つのブロックを見る楽しみはこちらの方が断然ありそう。

ブカブカ

赤のコートと青のジャケット・・・・昨年、Xmasに間に合うようにスウェーデン在住の娘の元へ送った。

20151113e

いずれも5~6歳用に作ってある。

赤のコートは現在2歳の孫には到底無理。

でも青のジャケットは現在4歳半の男の子にちょうどかもしれない・・・と期待を抱きつつも、気難しい男の子のこと、機嫌よく袖を通してくれるかどうかの不安も。

「着てる写真じゃなくてもいいよ、ひきづってても、振り回しててもいいから、とにかくジャケットと子供のツーショットが見たい」

と、娘には写真を送ってもらうよう頼んだ。

写真が届いたのは3週間後。

IMG_8000

ははは・・・やっぱりまだブカブカだ~。丈も幅もまだ大き過ぎるね。

でも、うれしい!

彼の左手にはレゴで作った「時計」、背中にはリュック、頭には帽子

実は「恐竜探検隊」のつもりらしい。

このブカブカジャケットを子供に着せるのに娘が考えた「・・・のつもり」策。

ありがとう。

囲碁の日

もう1週間以上も経ってしまったが、

1月5日は「囲碁の日」だった。(知ってる人は少なそう)

夫の所属する囲碁クラブでは、この日はお祝いの日。

参加賞として紅白のお饅頭が渡された。

20160114a 20160114b

かつ、当日のグループ対戦優勝者には賞品も出た。

頂いたのは夫。

20160114c

中身はパウンドケーキ3本

20160114d

お味はともかく・・・

夫がこうして「戦利品」を持って帰ってくると、すごくうれしいんだよね。

難しい「自由」

自分の好きな色に染めて好きに混ぜて紡いだり織ったり・・・

これが、ホームスパンの醍醐味の一部でもあるのだが・・・

「自由」であるほど難しい

染色材料の色見本帖から好きな色を選んで、服地用羊毛を染めてはみたものの20160110

なぜか以前使ったのと同じような色ばかり

さて、どうしたものか・・・

クレヨンでチェックを描いてみる

20160110a

大きいチェック柄にしようか、いや、細かいチェック柄の方が縫製のことを考えると無難かもしれな・・・

まてよ、そもそも服地で何を作りたいのか・・・

ああ、迷ってばかりで進まない。

チャレンジ

20160103a

髪の毛の色の変化を羊毛であらわすと

1・・・栗色に染めた直後

2・・・染めて2か月後・・・根元が白く、全体に色が薄くなってくる

3・・・染めるのをやめればきっとこの色

4・・・10年後?

さて、今の私の髪の色は2番目状態

もう染めるのやめようかな・・・

今年初のチェンジ・・・いやチャレンジか!