双六岳登山 4日目

山男はみんないい人・・・とは限らない。

鏡平山荘で布団が隣り合わせになった男性二人連れ。年齢は同じくらい。

奈良から来たと言う。二人のうちの一人がやけにうるさい。

「奥さんいくつ?」「何月生まれ?」「下りる時後ろから見てて、大丈夫かいなと思ったよ。もっと鍛えなくっちゃ」などと、大声で話しかけてくる。

余計なお世話だよ・・・と思いつつも傷つく。

それにしても、すでにお布団に横になって体を休めている人たちもいるのに、この大声・・・迷惑だなあ。

食事の時も隣に座られてしまった。食事中、外国人の登山グループの悪口を、これまた大声でしゃべり、同意を求めてくる。

いやだなあ~   夫もいやな顔をしている。

とにかく話しかけられないよう、夕食後はぎりぎりまで外で過ごし、布団に入ったらすぐに寝るふりをした。 寝たふりが功を奏し、話しかけられはしなかったが、そのおじさん、消灯ぎりぎりまで別の人と大声でしゃべっていた。

眠れたような眠れないような4日目の朝20160806c1今日は下りるだけの日。天気は快晴。

鏡平山荘のすぐそばにある池のほとりは槍・穂高連峰の絶好の展望ポイント20160806f時刻は5時  出発前の人たちが、日の出を待つ。20160806i

20160806k土曜日とあって続々と下から登ってくる。

元気よく挨拶はするものの、半年以上前に平泳ぎで痛めた右ひざが、足を曲げるたびにズキンズキンと痛み、スイスイと下りられない。20160806m林道歩きになると、今度は左足の外反母趾がズキンズキン。

ふもとのバス停に着いたのは結局11時半。それでも予定していたバスにはちゃんと間に合った。

松本までの途中の平湯という温泉地で途中下車し、日帰り入浴のできる露天風呂で、2日間の汗をゆっくり洗い流すことができた。

松本駅では電車の待ち時間が1時間あったので、駅近くの居酒屋で時間つぶし。20160806n

これで3泊4日の登山終了、万々歳・・・と思いきや、

居酒屋でちょっとしたことで夫の機嫌が悪くなった。女性店員の対応で腹を立てたのだが、どうとりなしてもダメなので、結局、家に着くまでまで口をきかなかった。

バカみたい、と思うのだが、きっと4日間ずっと私への気遣いでもうへとへとに疲れていたのだろう。本当にお疲れさま。

次はどこ行く?

広告

双六岳登山 4日目」への4件のフィードバック

  1. お疲れ様!!いろいろなことがあったね。
    楽しんで読みました。
    Hさん、ご機嫌いかがですか。
    Yukoさん、足の痛みはどうかな。

  2. 夫は帰宅した翌朝は多少反省モード。しばらくこの低姿勢状態は続きそうよ。
    私の膝、その後も曲げるとかなり痛むので整形外科で診てもらったけど、骨とかの異常はなくて、ものすごく良く効く湿布薬をもらってきた。おかげでかなり痛みはとれました。
    utaさんにもらったスミルスチックを山に持って行き、毎晩寝る前に塗ってたんだけど、アレ、ものすごく効いたよ。今回筋肉痛はほとんどなかったもの。

  3. Hさん なんかけなげです。
    私があげたあれ、まだ消費していなかったの!効いてよかった。
    そういえば、コバイケイソウの写真。花ことばは「遠くから見守っています」
    夫が亡くなって少し経った朝ラジオからこの花のことが語られていて
    一人で八幡平の山の中に入って探したっけ・・・。目的は達成したけど
    後から隣人にあそこはクマが出没するからとんでもないことをした!と言われて始めて
    ゾッとしたことを思い出しました~。

    • あの塗り薬、2つもらったから、まだあるよ。

      コバイケイソウ、確かに高山に咲く花だから遠くから見守っているという花言葉はふさわしいね。私が好きな高山植物はコマクサ。モモちゃんを思い出すの。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中