寒い朝

11月24日木曜日

朝からこの時期には珍しい雪

20161124a

庭木の葉っぱにほんの少し積もった。

この寒さでふと思い出した。

そう、11月21日 結婚式の朝。

20161124d

支度が終わって、両親に挟まれて記念写真

車に乗るのは大変だったなあ

20161124b

見送りに来てくださっている近所の人たち

20161124c

あれからもう40年だなんて・・・

広告

ぼろぼろ

夫「キーホルダーがもうボロボロなんたけど・・・・買ってくれる? 今度の誕生日でいいから」

私「キーホルダーって、以前プレゼントしたやつだよね? そんなにボロボロ? 見せて?」

20161120a

ぎょっ!!

ボロボロ・・・

プレゼントしてから10年以上? いや20年?

だけど、何もこんなになるまで使わなくてもいいのに・・・

いや、私があまりにも夫の持ち物に無頓着だったのかも・・・と少し反省。

早速、夫の新しいキーホルダーを買ってきた。

20161120c20161120d

「誕生日3日前だけど、はい、プレゼントです。」

大山紅葉狩り

昨日(日曜日)は久しぶりの登山 大山を登ってきた。

夫にはいつも「計画は早めに立ててくれないと行かない」と言っているのだが、なぜか今回は前日の決定。二人の波長がうまく合うことが時々はあるのだ。

お天気も良く、紅葉も見ごろ、しかも日曜日。

案の定、秦野駅の「ヤビツ峠行き」バスのりばには長い行列ができていた。

相当な待ち時間は覚悟していたのだが、臨時バスが出ていて、ほとんど待つことなく乗車。

登山者が多いと言っても、山ではショッピングモールのような人の波があるわけではなく、また、行列・渋滞ができるほどでもないのだが、足の遅い私にとっては、かなりのストレスがかかる。後ろから足音が聞こえてくると、せかされるようで焦る。それが嫌で、道の脇に止まって「どうぞお先へ」と道を譲る。こまめに休めるけれど、気遣いでかえって疲れるのだ。

時々色づいた葉っぱを見上げて疲れを癒す。

20161113a-2

20161113a-17

おっ、富士山

20161113a-5

20161113b9

頂上には11時過ぎ到着。

頂上はすでに人がいっぱい。日曜日のせいか、特に若者・家族連れが多い。

みんな同じしんどい思いをして登ってきたのだと思うと、やさしい気持ちで眺めていられた。

帰りは見晴台経由でケーブルカーを使わず下まで下りる。

20161113a-11

途中に大山寺というお寺があり、ここの紅葉は本当にきれい。

20161113a-2020161113a-2220161113a-2420161113a-25

下りでケーブルカーを使わなかったせいか、バス停に着くころには足がヘロヘロ。

そして今日は

イタタ~、イタタ~の筋肉痛

もう少し鍛えなきゃ・・・・

その気になれば、ひょいと行ける大山だから

次回は平日に・・・来月あたり・・・???

血圧

約1か月前、スーパーでしばらくぶりに隣の奥さんに会う。

お隣さん「お元気?」

私「う~ん、ちょっと首が凝ってて・・・ついこの間もめまいが・・・」な~んて言ったら、

お隣さん「あら、それって血圧高いんじゃない?」

えっ? 血圧? そんなはずは・・・いやもしかして・・・

スーパーから帰ってすぐに血圧を測ってみた。

高め・・・が~ん!

翌日近くの内科医を受診。

取りあえず、一日2回(朝・夜)血圧を測ることを1週間を続けるようにとの指示をもらう。

朝・晩しっかり測ってノートに記入。

やはりどの数値も少し高めだ。

1週間後、軽い高血圧の診断をもらい、薬を処方してもらった。

昨年の健康診断までは、血圧は正常範囲とされていたのだが、

ああ、ついに・・・

老化の階段をまた一つのぼったよ。