チェビオットのコート 完成

ようやく完成したコート

20170129

ここまでの過程を逆向きに振り返ると

縫製(2017/1/15)

20170115

裁断(2016/12/30)

20161230g

織(2016/10/15)

20161015

染色(2016/1/10)

2016011020160110a

ほぼ最初の計画に近い出来上がり。

服地織りは時間はかかるが、ますます好きになる。

広告

キルト博のお土産

先週木曜日から7日間の開催予定でスタートした東京国際キルトフェスティバル。

今年も友人3人と一緒にオープン初日に行ってきた。

昨年はチケットが手に入らず、オークションでしぶしぶ購入したのだが、今年は新聞販売所の抽選に運よく当たり、4人とも招待券で入場することができた。

写真は撮らなかったので、載せられないのだが、会場の様子はほぼいつもと一緒。

昔は熱心にキルト一枚一枚を丁寧に見学していたものだが、今はさ~っと一巡するだけ。

お店がずらりと並ぶコーナーはものすごい人だかり。

もう、キルトはやらないし・・・特にほしいものもない・・・

なのに、ここまで来たのだから「何か買って帰りたい」とも思う。

旅先でお土産を買いたくなる心境と同じ。

で、結局買った。

p1110932

灰色のフランネル生地に赤糸のハートの刺繍

さて何を作ろうか・・・?

 

 

捗らない

キーボードで「はかどる」と打つと「捗る」という漢字がでてきた。

恥ずかしながら知らなかった。

「はかどる」は話し言葉ではよく使うが、外で仕事をしているわけでもないので、漢字で書く機会はほぼないに等しいのだ。ちなみにどういうわけか「進捗」の漢字は知っていた。

★ ★ ★

ところで、お正月明けには着ようと思って年末にスタートしたコートの縫製。

なかなか捗らない。

20170115

7日の合唱連盟定例理事会にも、10日のコーラス初練習にも、そして昨日の連盟新年会にも間に合わず、来週の東京ドーム・キルトフェスティバル見学にも間に合いそうにない。

このところ、コートのミシンかけより先に優先しなければならないことが多くて、ついつい後回しに。

それでも、途中で諦めず仕上げにまで持っていくには、一日最低1か所だけでもミシンかけをする。

いつものようにコツコツとやればいいんだ・・・と言い聞かせながら。

2017お正月

遅ればせながら

明けましておめでとうございます

20170101d

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

この数年ずっと二人だけのお正月だったのだが、今年は息子夫婦と一緒に迎えた。

大晦日夜12時少し前、みんなで大磯高来神社へ初詣。もちろん徒歩。

20170101a

健康・家内安全を願い

20170101b

熱々の甘酒をいただく

20170101c

2017年元旦は

20170102c

片道徒歩30分の”ららぽーと”までを往復。

翌2日は駅伝観戦のため、片道30分の海岸までをやはり往復。

20170102

3日連続1万歩越え。

おかげで足の裏に薄い水ぶくれ。

そうだ今年の課題は・・・足の裏の皮を厚くする・・・にしよう。