箱根明神が岳

夏のスイス旅行以降、夫も私もそれぞれの生活ペースに戻り、上手なすれ違いライフを続けているのだが、このところ私の方の気持ちの寄り添いが足りないかなあ~と感じ始めたので、久しぶりに「山へ行こうか」と夫に提案。

いつも大山じゃつまらない、今回は西の方・・・という私の希望に応えて夫が選んだのは箱根の「明神が岳」

明神が岳は箱根の外輪山の一つ。同じ外輪山の山である金時山へは以前登ったことがあるのだが、明神が岳は初めて。

11月2日 木曜日  台風の後久しぶりに晴れの天気が続いており、絶好のハイキング日和。6時起床。平塚駅7時。小田原駅で大雄山線に乗り換え。

20171102a

終点「大雄山」から登山口のある「最乗寺」までバスで10分。

20171102b

うっそうとしたスギ林に囲まれた境内の奥に登山口がある。

20171102c

暗い杉林が続くのだが、所々に太陽が差す切れ目がうれしい。

20171102d

道はあまり手入れが行き届いていないね・・・不満げな夫

でも大山より変化があって楽しめるよ・・・と私

ほら、道端の小さな花が我々を歓迎してくれてるよ。

20171102e野菊20171102fリンドウ

紅葉もいいけど

20171102g

ススキもいいねえ

20171102h

サクサク・・・サクサク  枯れ葉の音が心地いい

20171102i20171102j

ずっとうつむいて歩き続け、山頂に着いた瞬間顔を上げるとこの景色。

20171102l20171102m

登りにかかった時間はやはりコースタイムの1.5倍。

それでも朝の出発が予定より1時間早かったおかげで、午後3時までには箱根宮城野におりてくることができた。

宮城野から宮ノ下までバス。宮ノ下から箱根湯本は登山電車。

湯本から小田原は小田急線。小田原から平塚まで東海道線。

平塚には5時過ぎに着いた。家まであと少しなのに、夫のリクエストで、おやじのちょい飲み処「大黒屋」へ。

焼き鳥をつまみに今日の反省会。小さいお店なので隣の話が聞こえる。左隣りの70歳代の男性から「二人で登山ですか・・・いいねえ」。右隣の老年男性2人は野球談議に忙しそうだった。

私の2杯目・・・紫蘇焼酎のお湯割り

20171102o

あっ、すごくいい香り。なんていう名前かな?

20171102n

若紫の君・・・・おお、名前もいい!

こうして、ほろ酔い気分で帰宅。

心地よい疲れで8時にはバタンキュー。

箱根明神が岳」への2件のフィードバック

  1. フットワーク依然として軽い軽い!
    ぐいっと踏み出す一歩がすばらしいよ。
    そして天気も上々、反省会までついて
    オリジナル一日お楽しみツアー あっぱれ!!

    • 私の歩きが軽いとはとても言えないんだけど、精神的フットワークは比較的軽いかな? 
      夫婦、あるいは家族がいつも足並みを揃える必要はないけれど、時々はお互いの息づかいを確認した方がいいと思うの。
       

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中