春を告げるお祭り

私にとって「春を告げる・・・」と言えば、市民合唱祭。

20180226

例年、3月の第1日曜日が本番の日で、市内の合唱団が日頃の練習の成果を発表し、講師の先生方から各団毎に講評を頂くという行事だ。今年の出演団体数は、35団体。一団体7分の持ち時間で歌う。

歌われるのは、子供の歌、懐かしの曲、クラッシック、ゴスペル、ポップス・・・・と、まさにコーラスのお祭りなのだ。

本番まであと1週間。

自分の所属グループ(3団体)の曲の仕上げも気になるところだが、連盟役員としては、裏方の準備状況も気になる。

運営に携わる全員がいくつかの歯車になり、それらがうまく噛み合って動く一大イベント。

滞りなく・・・を目指して、あとひと頑張り。

春を告げるお祭り」への2件のフィードバック

  1. なつかしい・・・!
    あの日のひととおりの自分の行動を今でも忘れることができない。
    始まる前に昼食を取った食堂で、隣の席の御年配の夫婦の娘さんが盛岡にとついでいらっしゃるということがわかり、とても親しみを感じた瞬間初めての土地で初めて会うYukoさんの歌う姿そして会話した時のうれしさ、帰りHさんと駅まで歩いた時通路から見えた富士山、本当に大切な思い出。書いていたら涙が出てきた。

    • 思い出すね~。utaさん客席から「Yukoさ~ん!」って叫んだよね。

      私も開運橋のジョニーでのutaさんの復活ライブを聞くため、初めて盛岡を訪れた時のこと、しっかり覚えている。2008年6月だよ。あれからもう10年・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中