May the 4th

5月4日は我々の山登りの日

2日、3日のお天気の崩れも4日には回復する予定

May the fourth be with you!

(5月4日はStar Wars Day なんだって)

広告

スパッツ

スパッツというと、足先のないタイツのようなものを連想する人が多いと思われるが、登山用品でスパッツというと登山靴の「泥除け」のこと。

連休に予定している山歩きの目的地は三斗小屋温泉。

息子が先週予約を入れてくれたのだが、宿の情報によると「この先の気温次第だが、場合によっては残雪があり、道もぬかるんでいる可能性あり」「アイゼンは必要ないが、スパッツは持っていた方がいいかもしれない」とのこと。

私、持っていないよ・・・・買わなきゃ・・・

早速、夫を連れ立って大型ショッピングモールの登山用品店へ。20180425

短めのスパッツを買った・・・いや、買ってもらった。

登山用品を買うことについて夫は非常に寛大なので、ついでに欲しかったウェアも購入。

連休のお天気を心配しつつも、期待が高まる。

春ハイキングその2

ハイキングその2は4月19日木曜日。いつもの二人だけの山歩き。

前日、夜のレジェンド練習が9時に終わると急いで家に帰り、急いで夕食を済ませ、急いで寝た。

翌日早朝起床。バス・電車を乗り継いで下りた駅は御殿場線「谷蛾(ヤガ)」20180419b

H駅の改札をICカードで入ったのだが、この谷蛾駅は無人のためICカードが使えないということを電車を降りる間際に知る。料金は降りる際車掌に現金で払ってくださいとのアナウンス。電車を遅らせては大変と急いで現金で払い、ICカード入札記録の取り消し証明書をもらう。

青空・白い雲・柔らか緑の田んぼ。高い橋は東名高速道路

20180419d

ハイキングの目的地は大野山(723m)

頂上付近はかつて県畜産課が管理する牧場があったという。家族連れで楽しめるのどかな雰囲気の山らしい。

20180419e

道はしっかり整備されていて歩きやすい。

20180419f新しく植林されたエリア

20180419g

若い苗木が鹿などの野生動物に食べられないようしっかカバーされている。

20180419h

ぽつんと植えられた八重の桜が満開だった。

いつものようにコースタイム×1.5倍で山頂に到着。

20180419a

山頂はちょっとした公園のようでかなり広い。

ん? どこかで「蚊」が飛んでるような音がする。

20180419r

よく見ると、なんとドローンが飛んでるではないか。

20180419k

大きさは30cm四方ほど。近くで見るのは初めて。

20180419l

いつものようにラーメンを作って食べる。20180419m

頂上からはお天気が良ければ富士山が見えるのだが、生憎この日は雲で隠れていた。写真は丹沢湖と三保ダム。

20180419nシャガの花が満開

20180419q帰りは山北駅から。

20180419p

締めくくりはいつもビール。

さて次のハイキングは?

5月の連休に息子夫婦と・・・ほほ、たのしみ!

春ハイキングその1

白内障の手術以降しばらくは運動なしの生活だったのだが、さすがに春の陽気を感じ始めると体がムズムズ。

3月中旬水泳再開。

3月下旬には娘たち一家と湘南平へお花見ハイキングをした。

周りに山らしきものが全くない場所に住んでいる娘たち家族。

6歳・4歳の孫たちは山道というものを歩いたことがない。果たして歩けるのかどうか、と若い親たちの方が心配している。

「大丈夫よ。あなただって幼稚園の年少さんの時、遠足で麓から頂上まで歩いてるんだから。」と娘に言い聞かせる。

20180325a.jpg

我々二人のいつもの散歩コースを6人で歩き始める。何のことはない、子供たちは身軽!どんどん歩く。6歳の男の子の方は時々主人を追い越す。

「ダメダメ、今日はおじいちゃんがリーダー。リーダーの前じゃなく、後ろを歩くのがルールだからね。」

20180325b頂上でのランチタイム

子どもたちにとっては初の2時間山歩き・・・彼らの自信につながるといいな。

 

 

 

 

久々の作品

まわりはもう初夏の気配を感じる季節。

ウールのショールの出番は秋までお預けなのだが、

娘が来る前に仕上げていた、赤と濃茶の2重織ショール・・・写真アップを忘れていた。

20180412

手紡ぎ糸で糸の太さは8.5m/gくらいだったので、2重織だが随分軽い。

濃茶はハーフブレッド

赤は頂き物の羊毛なので??

★ ★ ★

先ほど私の部屋に一歩足を踏み入れた夫から「この部屋、随分物が増えてるね」と言われた。

私「わかってる。でも片付けると、やろうと思ってたことがわからなくなるから・・・」

夫「そういうの私は嫌いじゃないけど、あなたはきっと嫌いだと思ってたから、ちょっと言ってみただけ。」

おお、とりあえず許されてる・・・ありがたや・・・・

最近の私の部屋、本当に足の踏み場がなくなってきた。

コーラスの会計資料コーナー、原毛袋コーナー、洋裁コーナー等々

でも、どれも大切で、押入れにしまって見えなくするわけにはいかないのだ。

もうしばらく・・・このままで。