リフレッシュタイム

このところよく人と会う。

この間は水泳仲間と。その前は夫繋がりの女子(?)仲間と。

今回は久しぶりに織り仲間とだ。

鎌倉のギャラリーで開かれている織りの二人展を見ようと鎌倉駅に4人が集まった。

鎌倉駅から御成り通りをプラプラ歩く。

IMG_0240

古い商店街で、どのお店も小さいのだが、おしゃれに改装されているお店が多い。

駅反対側の小町通りと違って人通りはそんなに多くなく、落ち着いてお店散策ができる。

こんな↓お店も発見。

IMG_0239超狭い敷地に建つお店

ギャラリー「ジャック&豆の木」で開かれていた展示会「Aya×Yukka・暮らしのテキスタイル展」

20180616

IMG_0241IMG_0242IMG_0243

スウェーデンの糸も売られていたが、かなりのお値段でびっくり。でも色が豊富なスウェーデン製の糸は織り人の間ではやはり人気が高い。

ランチは近くのイタリアンレストランにて。

左のフェンスのすぐそばを江ノ電の電車が通っている。

 

IMG_0246

コップが素敵、ドレッシング入れが素敵・・・などとワイワイガヤガヤ。

IMG_0247

サラダの盛り付けも面白いね・・・

IMG_0248

この後、パスタ2種類、ピザ2種類が次々と出されたのだが、賑やかに食べてしゃべっていたら、すっかり写真を撮るの忘れてしまった。

とてもおいしかったのに~~残念。

★ ★ ★

最近は忙しくてなかなか時間が取れない私の「織り生活」だが、久々の刺激で気持ちだけはリフレッシュできたようだ。

コンサートが終わり、織りの生活に戻れる日が待ち遠しい。

 

 

 

 

 

 

 

広告

話題の映画

雨の日曜日

話題の映画を見た

「万引き家族」

20180611

この監督の映画は何本か見ているが、映画館で見たのは初めて。

映画は、冬のある日、虐待されている女の子が「万引き家族」に助けられ、一緒に暮らし始める・・・ところからスタートする。

映画を見ながら、時折、最近ニュースで報道された虐待され死亡した5歳の女の子のことを思う。

彼女もこういう家族に出会っていたら・・・

淡々と静かに映し出される彼らの日常・・・見終わって、「いい映画」だったと思うと同時になんだかやりきれなさもずっしりと感じる。

一緒に見た夫は

「こういう映画は苦手」と一言。

帰宅後の夕食も、なんだか重かった。

ステージ衣装

コーラスのステージ衣装と言えば、定番は白ブラウスと黒のスカートだが、もちろんカラフルなブラウスやロングドレスなどもお揃いでよく着られる。

さて、7月8日公演の合唱物語「星空のレジェンド」の衣装は?

昨年までは定番の白黒だったのだが、今回は衣装担当さんが色々考えてくださって、今までとは違ったスタイルになる予定。

合唱団員は全員が「村の人」と設定。だからと言って野良着・作業着などを着るわけではなく、決まっているのは着るものを白またはベージュで統一することだけだ。

う~ん・・・私は何を着ようか・・・自由に選ぶというのはかえって難しい。

私の村人のイメージで言うと麻や木綿の自然素材がいいのだが・・・

手持ちにイメージ通りのものがない。

ならば自分で作ろう、と無漂白の綿麻布を買ってきた。

丈は少し長めのチュニック(NHKすてきにハンドメイドの洋裁本についていた型紙使用)にした。

手持ちのパンツとあわせて20180604b

布を買ったついでに紫色のチュールも50cm買ったのだが、首元をちょっとおしゃれにするのはいかが?

今度の練習で衣装担当のKさんにチェックしてもらおう。

6月の菜園

夫はこのブログを家庭菜園の過去の記録として時々利用していて、「一昨年は6月2日に芋掘りをしているから・・・」と、今日6月3日日曜日朝早く、じゃがいもと玉ねぎを収穫。私は、ちょっとだけそのお手伝い。

玉ねぎ・・・まずまずの出来20180603a

これ ↓ は「にんにく」20180603b

ニンニクは無ければないで済ませるのだが、そばにいつでもあると頻繁に使う。簡単手抜き料理もプロっぽくできる。20180603c

じゃがいもの収穫の目安は、葉っぱ枯れてきたら・・・でもまだ葉っぱの元気がいいので収穫はもう少し待つことにした。

20180603d

茄子の紫の花と青空20180603e