探し物

ないっ!

家の鍵がないっ!

こっちのバッグにも・・・

あっちのバッグにも・・・

Gパンのポケットにも・・・

ないっ!

おかしい。なんで?

冷静になって思い出してみよう。

鍵を最後に使ったのは土曜日の午後。

スーパーで買い物をし、ビニール袋はもらわず空いた段ボール箱の中に買ったものを入れて帰宅。

家の玄関を開ける時、段ボール箱とお財布の入ったバッグと水泳用バッグとで手がいっぱいだった。が、玄関の鍵は開けた。

そこまでは覚えているが、その時鍵をどこへ置いたのか・・・??

もしかして、段ボール箱に入ってしまったとか?

だとしたら、もう遅い。その段ボール箱は今朝燃えるごみを入れて集積所へだしてしまった。

「諦めて合鍵作ってきたら?」と夫が呟く。

「そうだね。ああ、もう自分が信じられない。いやになっちゃうよ。」と言いながら、合鍵を作るため夫の鍵をバッグに入れて、玄関へ。

さっき見たけど、念のためもう一度、靴箱の上を見る。

20190826_170550

あった~。

息子のお古のキーホルダーについた鍵が。

「自分をもっと信じなさい」と夫。

でもかなり複雑。

こんなシーンが増えて来てる気がするもの。

再開はいつ?

8月3日(土曜日)、久しぶりに織り仲間たちと会った。場所は織仲間がよく利用していた「きなが」。この日はここで織り仲間Nさんの作品の他アクセサリーや手作り洋服などの展示会が開催されていた。

久しぶりに会ったみんなと最初に交わす会話は

「織ってる?」

「全然!」

「今日はここで刺激を受けようと思って・・・」

みんな同じだね。

美味しいランチを頂き、みんなからもらった刺激を持ち返り・・・

20190803_115922

さあ、再開!

20190806

と言いたいところだが、この暑さで部屋はエアコンかけても30度。

「今日こそは」「明日こそは」を繰り返している。

 

 

 

 

 

 

 

 

スクティニスとの交流

7月30日リトアニアのフォークダンスグループ「Suktinisスクティニス」が来平。

我が平塚市は、来年のオリンピックのホストタウンとしてリトアニアとの文化交流を推進しているのだが、今回このフォークダンスグループとの交流相手として、我々の「リトアニアの歌を歌おう」グループにお声がかかった(密かな狙い通り)。

来年の星空のレジェンドの第一部”リトアニアの歌を歌う”という企画の準備段階としてすでにリトアニアの国歌と「愛するリトアニア」の2曲は練習していたので、交流のオファーには即OK。

とは言え、交流まで1か月足らず。練習時間はわずか2回。不安を残しての本番だったが・・・

7月30日 場所は青少年会館。

17:30開会⇒合唱演奏(リトアニア国歌、愛するリトアニア、七夕さま、ふるさとの4曲を歌う)⇒平塚のフォークダンスグループの演技⇒スクティニスのフォークダンス・歌・楽器演奏⇒最後にリトアニアの皆さんと一緒に歌って踊って、18:30過ぎに終了。

参加者の「楽しかった~」の声にひと安心。

スクティニスの皆さんは民族衣装。かなり暑いはずなのに、終始にこやかな表情。

20190730_20010020190730_180521_Burst01

珍しい民族楽器の演奏と共に、軽快に踊るフォークダンス

20190730_180515

皆さん、背が高くてかっこいい!

お互いの言葉は全く理解できないのだが、ダンスや歌があればみんな笑顔で交流できる。

私は交流会後のウェルカムパーティにも参加。このパーティは交流推進実行委員会ホストタウン部会の主催。市内団体の役員の方々が参加されていたのだが、パーティが始まっても、リトアニアの人に直接話かけている人はほとんどない。先ほどまであんなに楽しい雰囲気だったのに・・・

せっかく参加費を払って参加しているのだからと、貪欲な私は錆付いた英語で更に交流トライ。

ダンス衣装や手仕事のことなどを質問すると、とても喜んで答えてくださって・・・ブックマーカーのお土産まで頂いた。やった~!

20190730

ところで「スクティニス」の意味は? と検索すると

20190730a

mead:ハチミツから作ったお酒。リトアニアの国家遺産だそうだ。アルコールは50%。

リトアニアの人々はお酒がかなり強そうだ。