本気なのに・・・

連盟の理事の任期は1期2年。あと3か月だ。

先週土曜日、今年最初の理事会だった。いくつかの議題の中の「改選」の項目に移った時、司会の理事長が「〇〇さんは3月で退任ということなので、改選は1名ですね」と言った。

ちょっと待って!  役員10名中3月で2年の任期を終えるのは4名。改選数は4名では?

「すみません、私もです。」と手を挙げた。

「私もこの3月で任期が終わります。私も役員降りたいので改選してください。」

ところが、なぜか皆さん、無反応というか

「いやいやいや・・・誰も本気にしてませんよ」って感じでこっちを見てる。

「私だって、いろいろ忙しくて・・・・」と、深刻な顔で様々な言い訳をした方がいいのだろうか・・・・・

でも、言えば、その場が少し暗い雰囲気になるのはわかっている。(ただ、役員選出はまだ先なので、険悪な雰囲気とまではいかないが。)

「次の人が引き受けやすいように2年という任期は守った方が・・・」と言ってはみるが、「いや、再選は妨げないという規則がありますから」

どうも切羽詰まった一押しができない。

辞めたいのは本気なのに・・・・

広告

市民活動センター

昨日午前、合唱連盟の印刷作業。

合唱連盟の団体数は30。会員数は約500名。機関誌や合唱祭事業の書類などの印刷となると、かなりの枚数になる。

これらの作業を効率的に行えるところが市民活動センターだ。

場所は駅南口前のJAビル2階にあり、大変便利。

このセンターは市民活動を支援する拠点施設で、会議やミーティングのスペース、パンフレットやチラシを作成するための機材、団体の活動備品などを保管するためのロッカーなどを提供している。

20170914a20170914b

かつては、外国人向け漢字教室でもお世話になったこの施設。お金がない、場所もない、あるのは人材だけ、という多くのボランティアグループにとって大変ありがたい施設なのだ。

来週も、ここでミーティングの予定。

夏休みが終わり、私の市民活動も再開だ。

シール貼り

来る7月1日に予定されている合唱公演のチラシ

20170404d

先週日曜日の合唱練習時、出来立てホヤホヤのチラシ・チケットの各一枚を見せてもらった。

ん?

20170404b

一般は1000円

違う違う、1500円だよ!

印刷済みチラシは9500枚、チケット800枚

えええ、どうするの?

早速、この対策が立てられ、チラシもチケットも修正シールを貼ることになった。役員10人で手分けして行うのだ。その前段階のシール作りは私の係り。

できるだけシールが目立たないよう、数字の字体・大きさ・背景の色などを合わせ、9500+800枚分のシールを作成。

20170404a

毎日コツコツと原毛を紡ぐ作業をしている私、気の遠くなるような作業は決して嫌いではないのだが、果たして他の役員たちにとって一人1000枚のシール貼りはどうだろうか・・・

少々心配だったのだが、意外にも皆さんどんどん作業を進め、1週間でほぼ完了した。

誰も文句を言わず、時には家族を巻き込んでむしろシール貼りを楽しんだ様子。

マイナスからゼロにするだけの作業だったのだが、このちょっと大変な共通体験で、以前より役員同士がつながった印象を持ったのは私だけではないはず。

トラブル・難局を乗り越えて成し遂げた〇〇・・・・ああ、なんかプロジェクトXみたい!

7月1日までまだ日数はある。まだまだ油断はできない。

 

 

 

まだ終わってなかった

合唱連盟の特別事業の公演が終わったのは先月19日。

やれやれこれで終わったと思ったのは大間違いだった。

取りあえず終了時点での集計を出し、大赤字にならなかったことを報告。

その後は、帳簿・伝票の整理が待っていた。

監査は来年3月末だが、放っておくと細かいことを忘れてしまいそう。

まだ記憶がホットなうちにやらなきゃ。

お金を出し入れする時は必ず帳簿につけ、伝票もきちんと保存していはいたものの、費目別の整理が実にやっかい。その事業ならではの仕訳の仕方があるようで、一応前回の報告書に習って整理。

約半月以上を費やし、ようやく完了。

20160712cやれやれ

忙しいと言いながらも、やっぱり今年も行ってきた「七夕」

20160712a

通りを一巡した後は、いつもの焼き鳥居酒屋。

20160712b

ビールに焼き鳥・・・ああ、疲れが吹っ飛ぶ~

 

 

およそ3週間ぶり

3週間も更新していない!

旅行でもなく、病気でもないのに、こんなに長い沈黙は初めて。

理由はただ忙しかっただけ。そしてとても元気。

娘一家がスウェーデンへ帰国した翌日からは、合唱物語「星空のレジェンド」公演に向けての裏方の仕事で忙しい日々を過ごしていた。

私の仕事は会計。こういう公演の場合、お金の出入りが集中するのは公演1週間前あたりから。チケット代の精算、謝礼をはじめとする数々の支払いがあり毎夜電卓片手にお金を数えていた。

20160623a

この仕事、確かに大変ではあった。

「ごめん、ご飯どこか外で食べて来て」とお願いすることも度々。プールもサボった。サボれることは全部サボった。

織り機のある部屋は、いつの間にか足の踏み場もないくらいに書類を広げたままの状態になっていた。

20160623b

ところが、なんだか楽しいんだよね。

今回はステージに立たない完全裏方の仕事なのに・・・この充実感は一体何?

お祭りの準備をするようなちょっとワクワクする感覚。

ハレの日のために、みんなで力を合わせて少しずつ準備するあの楽しさ。

頭がフル回転している・・・なんて感じたのは本当に久方ぶり。

織る日々を続けてきたこの10年。少しこもり過ぎてたかな?

新役員になった

4月から平塚合唱連盟という団体の新役員になった。

合唱連盟には市内で活動する約30団体が加盟。合唱文化発展のため、年に一度の合唱祭の他、特別事業等も企画・実行している。

各団体から選出された10名の理事がその運営に当たっているのだが、今年は私が所属する「Kambaと仲間たち」から私が理事を引き受けることになった。

担当するのは特別事業「合唱物語 星空のレジェンド」の公演

20160511

その会計担当。

この特別事業は準備のスタート(昨年8月ごろ)から本番(今年の6月)まで年度にまたがっているのだが、これまでの会計担当者が4月で退任。事業途中での交代となった。

先日その引き継ぎを終えたばかりなのだが、その会計記録はすでにかなりの量。しかも、これから本番まであと1か月余りしかなく、今後のチケット代金回収や本番で発生する大量の支出などに備え、今は事業の進行とお金の流れを大量の会計記録・書類等から読み解き、頭に必死でインプットしている。

いや~、思ってたより、かなり大変そう!

でも、引き受けたからにはやるよ!

心掛けたいのは「楽しくやる」こと。

KC4B0002

本番に向けて一生懸命合唱の練習している人たちのためにも。

手の記憶力

年度末なので余っている活動費で漢字教室の学習者のために漢字練習帳を買った。

20130328

小学生が使うあのノート。

私も子供のころ、漢字は書いて覚える・・・と教えられ、ひたすら書いたものだ。

漢字教室でも、出来るだけ「書いて覚えなさい」と言っているのだが、

これがなかなか・・・

細い罫線の横書きのノートに小さくコチョコチョと書く学習者が多いので、

大きく、何度も・・・と口酸っぱく言う。

 

もっとも、私自身、パソコン・スマホに頼る生活で「字を書く」機会がめっきり減り、

いざ書こうとすると、一瞬迷うことが度々で、手の記憶力が落ちてることを痛感。

 

この際、私の老化した脳トレのためにも、このノートを1冊頂こうかしら。

アオザイ

漢字教室でのこと。
ベトナムから来ている20歳前後の女の子たち5人が
「浴衣」を着てみたいと言い出した。
写真に撮って両親に送りたいのだと言う。
 
こういう願いはかなえてあげたい・・・とすぐ思ってしまう。
 
幸い、国際交流協会には文化交流で使用する「浴衣」が20枚ほど
保管されている。
早速これらを借り、彼女たちに着せてあげた。
 
もちろん喜んでくれた。
 
そして、「先生、アオザイを着てください」と持ってきたアオザイを差し出した。
 
ピンクの薄い生地のアオザイ
若い女の子用
「そんなの着られない~」
と一瞬思ったが、
彼女たちの好意がとてもうれしくて
「着てみる、着てみる」とノリノリの返事。
 
アオザイは
身体の線を強調するため、縫製に余分がない。
太ると着られなくなるため、ベトナムの女性たちはほっそりした体格を保つよう心掛けているらしい。
 
お腹をギュッと引き締めて・・・・
首をできるだけ伸ばして・・・
 
    
 
何とか・・・着られた。
 
上着には深いスリットが入っていて、下は同色のパンツをはいているので、とても動きやすい。
私くらいの年齢だとどんな色のアオザイを着るんだろう・・・
 
アオザイへの興味が急に膨らみだした。

親切のお返し

先日、漢字教室の生徒Sちゃんから、公営住宅の申し込みについていろいろ聞かれた。

経験がないため、私もはっきりしたことが言えず、

「明日電話で聞いてあげるよ」と

言ってしまった。(ボランティアは程々にと決めているのに・・・・)

翌日電話で問い合わせると、「今日から申込書を配布しています」と言われ、すぐに市役所へ行って「県営住宅申込書」をもらってきた。 頼まれたわけじゃないのに・・・・

20080510  

今日、彼女に渡す予定。

これはアメリカで私がしてもらった親切のお返し。

未だ新米教師

漢字教室に先週から通い始めた若い女性のチェンさん。カンボジア出身、在日5年。

初日、彼女は某中華ファミリーレストランのメニューが印刷されたちらしを持ってきていた。

「先生読み方教えてください」と言われ、「春巻き」「五目チャーハン」「豚の角煮」など、一つ一つ読み上げると、彼女、一生懸命そのちらしに読み方を書き込んでいる。

「先生、余分にお皿が欲しい時は何と言いますか?」

「そうね、餃子のたれに使うんだったら『小皿お願いします』。 大皿の料理を一人一人に分けたいときは、『取り皿をお願いします』って言うわね」

すると彼女、そのセリフをノートに急いで書いている。

「ここへはよく食べに行くの?」と聞くと、「レジ係として働いています。でもお客様から注文を取る仕事もしたいので・・・・」

そうか、お客さんはどんな風に注文するかをあらかじめ知っておきたいのだ。

本当にえらいなあ。 

勉強熱心だから、漢字の勉強中もよく質問をする。

例えば、

「教室をきれいにしておく」と「きれいにする」はどう違うんですか?

「『おく』っていうのは、『前もって準備をすること』  あるいは『その状態のままにすること』・・・な~んて言っても『前もって』ってわかるかな? 『始まる前に』ってことよ。」

わかりやすい日本語で説明するってなんて難しいんだろう。

うまく説明できなかった部分は帰宅後も気になり、辞書で調べる。 

教えるどころか私の方が勉強の機会をもらっている。

どっちが先生?

昨夜は漢字教室でのボランティア。
 
日本語や漢字を教える際、当然のことながら日本語を使って教える。
しかし、生徒が英語圏出身の場合、英単語一語を言ってあげるとすぐ理解できることが多く、
ついつい使ってしまう。
 
昨夜の生徒はカナダとアメリカ出身の男性二人。
カナダ人の男性は日本語がかなりわかる。が、アメリカ人の男性は片言のみ。
・・・雨が止んで、空が晴れた・・・の文章が出てきた。
雨・空は今習ったばかりの漢字で読める。
「意味はわかりますか?」
アメリカ人の男性・・「????」
私「レインがストップして、スカイがクリアね」
アメリカ人の男性・・・にっこり。
 
・・・・ていねいに字を書く・・・・の文章
「先生、ていねいってどういう意味ですか?」
私「うう~ん、きれいに書くってこと。 英語で言うと・・・・」
英語が出てこない。
あわてて辞書で「ていねい」を引く。 politely?・・・違う。
じゃあ carefullyかな?
するとカナダ人の男性が、
「neatlyじゃない?」と言ってくれた。
そうそう neatlyがいいね。
 
これじゃ、どっちが先生でどっちが生徒だかわからない。

ボーリング交流会

数年ぶりにボーリングをした。
国際交流協会の日本語教室(漢字教室も含む)主催で行われたボーリング大会。
参加者は、教室に通う学習者とボランティア半々くらいで約40名。
 
若い頃ボーリングが盛んだったおかげで多少なりとも経験があり、抵抗なく参加した。
私は日本語教室には出ていないので、参加している学習者で知っている人は数少ない。
1グループ5人中、私以外4人は初対面の人ばかりだった。が、ゲームが始まると
あっという間に緊張は解け、応援したり、応援されたりでかなり盛り上がった。
 
以前、アメリカのESLクラスでソフトボール大会をしたことがある。
我々日本人にとって野球・ソフトボールは人気スポーツだが、世界にはこれらのスポーツを
全く知らない人たちも多い。 バットをボールに当てたものの、どこへ走ればいいのかわからない・・・。
転がってきたボールを拾ったはいいが、どこへ投げるのかわからない・・・。
この催しの進行はかなり大変だった。その点、ボーリングはいい。ボールをピンに当てればいいだけなのだから。
 
スポーツに限らず、ESLでは様々なイベントが催された。 ピクニック、映画鑑賞会、ランチ(オーダーの仕方を学ぶ)、
イースター、ハロウィーン、サンクスギビング、クリスマスなどの伝統行事・・・・
 
教室の授業は細かに覚えていないのに、こういう行事は鮮明に思い出される。 
やはり、時には教室を飛び出すことも必要なのだ。
 
2ゲーム終了後、スコア順に賞品が渡された。私のスコアは散々だったが、とび賞を頂いた。
賞品までもらって久々のボーリングを楽しんだのだが、やはり印象に残ったのは、外国籍の
学習者たちが、笑顔でボーリングを楽しむ姿だった。 

楽しい交流の場

木曜の夜は、漢字教室ボランティア。 仲間のボランティアが一人お休みすることがわかっていた。
今夜の学習者は誰かな? A君はちゃんと来てくれるかな? 
もしも、新しい学習者が入ったら、私一人で何人も対応できるだろうか・・・
一応、出かける前に、そのことを考慮しながら、学習者が一人でできる作業などを考えておいた。 
 
案の定、教室に来たのはA君と、漢字教室は初めてというMさん(インド出身の男性)。
A君は日本語の会話には全く問題がないので、テキストを与え、自力で少し進んでは
私がチェックという方法を取った。 
Mさんの日本語は片言。 いきなりテキストから入るのは困難と判断。 
漢数字から入り、曜日、山・川・田など、理解しやすい漢字を選びながらすすめた。
 
Mさんは、車関係部品の工業デザイナー。 フランスの会社から日本の会社に派遣されているようだ。
このところ、「インドが熱い」という報道が多い。今週初め、NHKスペシャルで「インドの衝撃」を、
そしてY新聞朝刊1面では「興隆 インド」を特集している。  H市にもその波が来ているのか・・・。
へそくりをちょっぴりインド株に投資している私としては、おおいにインドを応援したい。
 
学習終了後、中国出身のSさんが技術研修を終えて上海に帰ってしまうというので、
教室のみんなで簡単なお別れ会をした。
Sさん、Sさんの友人、ロシア人のピアニスト、A君、Mさん、我々ボランティア3人・・・・短い時間ながら、
全員でテーブルを囲んでの会話は楽しかった。
 
かつて私が通っていたアメリカのESLクラスの雰囲気と似ていた。
違う出身国、違う母国語、違う仕事・・・・でも、言葉の不自由を感じているのは同じ。
そんな人たちがお互い気楽に交流できる場所がこの漢字教室であり、日本語教室だ。
微力ながらこの活動に参加できてよかったと思っている。

漢字教室その後

漢字教室の日。あいにくの雨。 教室までは自転車だと15分だがバスなら30分はみておかないと心配。  早めに夕食の支度をして食卓にメモを残す。 塾の仕事をしていた頃は毎日そうだったので慣れている。 6時半に家を出、バス停へ。 
 
友達に月に一度でいいからと誘われて始めたものの、学習者の数に対応するボランティア教師が少ないため、結局当分毎週出ることになってしまった。 学習者の数と言っても、その週によってかなり差がある。 この2ヶ月で初めての雨の日。いったい何人来るのか行ってみなければわからない・・・・教室は無料だから来たり来なかったりが当たり前になっていると聞いている。
 
ボランティアを始めて3週目あたりから、教師同士の連絡が全くないことに気が付いた。 教え方も教師によって違う。 その不安を先輩教師にぶつけたら、「では話し合いましょう」ということになり、一度ミーティングを行った。 中途半端な組織運営に話が及ぶ。 不満は喉まで出掛かるが、言えば自ずとのめりこむのは分かっているので、ぐっとこらえる。 上手に運営されている組織のもとで活動したいが、組織運営を担うボランティアがいない現状では、仕方がない。 不本意ながら極力目の前のことだけに集中しようと切り替えた。
 
教室に7時到着。 学習者は三人。 一人は上級者で先輩ボランティアが担当。 中国人二人は男性ボランティアが担当。 私が担当していた初級の学習者は来ない。 8時まで待ったが来なかったので、結局先に帰らせてもらった。
 
こういうこともあるだろうと予想していたので、不思議と腹も立たなかった。 学習者も無料、ボランティアも無償。 両者の間にお金の利害が全くない。学習者もボランティアもいつでも休める・やめられるという逃げ口を確保しておきたいのだろう。 しかしこういうやり方がいいのか悪いのか・・・・。 
 
次回から、暇つぶし用の本も持っていこうと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本語教師ボランティア始めようかな・・・

私の町には約4800人の外国籍市民が住んでいる。
この人たちの日本語習得を支援する日本語教室が国際交流団体(ボランティア)によって
運営されているのだが、昨年末から3ヶ月間、私はこの団体主催の日本語教師養成講座を受けた。
本来なら講座終了後、すぐにボランティアとして活動を期待されるのだが、
私は、活動する決心がつかないまま、半年も過ぎていた。
実は、私はこの団体で、かなり活発にボランティア活動(外国人のためのホームステイと団体
全体の広報を担当)をしていた。でも一生懸命やりすぎて、疲れてしまった。
ボランティアとしての限界を感じた。
たまたま仕事(塾の講師)が忙しくなったこともあり、活動は中止。多分2度と戻らないと思っていた。
ところが、活動を共にしていた時の友人から、「日本語教師の講座受けてみない?」
と誘われ、ふと考えた。
「もしも、夫に先立たれ、娘のいるスウェーデンに引き取られるようなことになった時、
スウェーデン人に日本語教えるのも悪くないわねえ」・・スウェーデンでは日本のアニメが人気で
日本語を習う若者も多いとか・・・
「そのうち孫だってできるだろうし、その子に日本語教えてやらなきゃ」
かなり自分勝手な理由で、講座を受けたのだった。
 ところが、昨日、講座を一緒に受けた友人から、「漢字教室の先生が足りないので来てくれない?」と
誘いを受けた。月に1回でいいと言うので、断りべたな私はついOKの返事をしてしまった。
今晩、その教室を見学する予定。
外国人にとって、住む国の言葉を習得することがどんなに重要かは、経験上よく知っている。
私もアメリカ在住中、ESL教室でさんざんお世話になった。
スウェーデンでの夢(?)はともかく、やはりその時のお返しをしなければ。
でも今度は疲れない程度に抑えて抑えて。
話は変わって
登山後、ウールのマットを織り始めた。
この調子だと、2週間ほどで、仕上がるかな?
できたら娘に送ろう。
%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%88