紹介者

我が家のリフォームがそろそろ終了という頃、お隣のご主人に会った。

我が家のリフォームストーリーをちょっとお話したところ、興味を示されたので家の中もお見せしたのだが・・・・

あれから2ヵ月半後、

お隣さんがリフォーム工事開始。

20080526

同じリフォーム会社、同じ担当者。

さんざんお世話になった担当者から、「ご紹介いただきましてありがとうございました」とお礼の電話があった。

あえて紹介したわけじゃなく、日頃の「おしゃべり」が功を奏したということなんだけど、

悪い気はしなかった。

かといって、何かこちらが得するわけでもないのでうれしいという程ではなく、むしろ紹介した責任みたいなものも少し感じる。

毎日、お隣の工事音が聞こえると、工事がスムーズに運びますように、お隣さんの家がすてきに変身しますように、と願わずにはいられない。

広告

トリック

先日リフォーム会社からアルバムが送られてきた。

タイトルは「施工写真集」

アルバムを開くと、片側のページには「Before」の写真 隣のページには「After」の写真。

「Before」の写真は、まだ工事契約をする前、営業担当の人が間取りを考える参考にと、小さいカメラで撮ったもの。

「After」の写真は、プロのカメラマンが助手をひきつれてわざわざ東京から来て撮ったもの。 引っ越し荷物が入る前だった。

今まで家の内部の写真などわざわざ撮ったことがなかったので、「昔の家はこんなだったね」と思いだせるアルバムはありがたいプレゼントなのだが、

息子に見せたら、

「これって、ずるいよ~」と一言。

20080402a

Beforeの写真(右)はサイズが小さい。

Afterの写真(左)は広角レンズを使っている。

そう言えばテレビの「Before&After」も、古い家は暗くて家財道具が多い。 新しい家はめちゃめちゃ明るくて、古い家財道具が全くない。 

よくあるトリック。

テレビも雑誌も、Before&Afterの写真には要注意!

雨戸

プールで

「昨日、雹が降ったよね?」と友人。

私「ええ?いつ~?」

「あら、夕方。 かなり大きな雹だったわよ。知らなかったの?」

全然気がつかなかった。

夕方かあ・・・雨戸閉めてたからなあ・・・窓はペアガラスにしたし・・・見えなかったし、聞こえなかった。

リフォーム前の雨戸は戸袋にしまう引き戸タイプだった。

滑りが悪く重いので、台風の時以外はほとんど戸袋にしまったままの状態だった。

しかも、我が家の敷地は道路から少し入ったところにあるため、通行人から家の中が見える心配もないので、雨戸を閉める必要がほとんどなかった。

ところが、リフォームでシャッター式の雨戸に取り換えたら、なぜか毎日雨戸を閉めている。

とにかく軽い。

ひもを引っ張るだけで雨戸がシュルシュルとおりてくる。(電動式もあるらしいが我が家のは手動)

子供みたいに、そのシュルシュルを使いたくて使いたくて。

不思議なことに、一旦雨戸を使いだすと、夕方閉めないと落ち着かなくなる。

誰かに見られているようで、気になる。

そんなわけで、最近はすっかり閉めることに慣れてしまった。

今のところ、毎日閉めている。

20080327

今のところ・・・・ね。

納戸

我が家には台所脇に広さ3畳の納戸がある。

リフォームする際、「ここを台所にすると、居間・食堂が広くなりますよ」と言われたが固く断った。

納戸は私にとっは絶対必要な場所。

急な来客のとき、散らかしたものを納戸に隠せる。

古くなったベビーダンスも納戸では大活躍。

古新聞、古いアルバム、大工道具、薬箱・・・・・すべて納戸。

台所のすぐそばというのが何とも便利で、30年間ずっと「納戸があってよかった」と思ってきた。

今回のリフォームで納戸も壁・床・天井はすべて張り替えてもらったのだが・・・・

20080316

ほとんど見えなくなった。

この棚の向かい側には、整理ダンスと食器棚。

手織り機が置いてある趣味の部屋も自慢ではあるけれど、

主婦としてはやっぱりこの納戸が一番自慢できる場所かな?

祝 完成

宅配便で届いた大きな箱。

たて・よこ50cm、高さ1m2~30cmはある。

えっ? これは一体何? 収納ボックスなんて注文してないし・・・・

開けてびっくり!

20080315

立派な胡蝶蘭だ。

送り主はリフォーム会社。 

なかなか気の利いたことをやってくれるじゃない。 

荷物の片付けがほぼ終わりホッと一息ついたときだったので、とてもうれしかった。

ただひとつ不安が。

こんな高価なものを、植物を苦手とする私がちゃんと管理できるだろうか・・・・

リフォーム会社へ電話。

すっかり親しくなった担当のNさんにお礼を伝えるとともに

「私、管理が全然だめなので時々みずやりに来てね。」

と一言添えた。