手術前検査

昨年8月眼科クリニックで白内障手術の予約をした。手術は半年先。まだまだと思っていたが、いつの間にか日が経ちもうその日が近づいてきた。

手術は来月1日だが、その前に念入りな検査をしなければならず、今日は水泳を休んでその検査を受けた。

9時検査開始。

様々な検査機器が並ぶ。機器は比較的どれも小さく圧迫感はない。

検査機器の前に座り、「顎のっけてぇ・・・・おでこをくっつけてぇ・・・はい、目をあけたまま~」。こんなのを7~8回繰り返す。検査一つ一つはほんの数秒で終わる。

検査のほとんどは機械によるデーターとり。手を触れられたのは、瞳孔を開くための目薬を差してもらった時と、アレルギー検査のための針を刺した3回のみだった。

白内障手術の際、新たに入れる水晶体レンズだが、単焦点にするか多焦点の2種類があり、私は、保険のきく単焦点でとお願いした。

手前に焦点を合わせるか、遠くに焦点を合わせるか・・・遠くでお願いした。

通常、車を運転するときは近視・乱視用メガネをかけ、手仕事をするときは老眼鏡をかけている私の場合、白内障の手術で乱視が治るわけではないので、手術しても眼鏡は必要だそうだ。しかもこれまでのレンズは合わなくなる可能性あり、と説明された。

最後に医師の診察。

ここでも機械に顔をくっつけて医師の指示通り目を移動。

「天井見て。はい、右上、はい、右横、はい右下・・・・」左も同様に。診察はこれだけ。

最後に「何か質問はありますか?」

私「痛いですか?」

「麻酔をしますから、痛くありません。10万人に一人くらいは麻酔が効きにくいというひとはいますが・・・・」

「はい、わかりました」

いとも簡単に終了。検査時間はトータル3時間だった。

帰りがけに、処方してもらった手術前点眼液を買う。

20180105

手術は2月初め。この月、バタバタしないように今から予定を調整しておかなきゃ。

広告

半年先

白内障ではないかと心配になって眼科を訪れたのはもう2年半前。この時は、まだ手術するほどではないと言われたのだが、

少し進んでいるような気がして・・・再び同じ眼科で診てもらった。

前回とは違う医師「もう手術してもいいと思います。でも半年先ですよ」

「はあ・・・・ではお願いします」と返事。

その後看護師から予定を説明される。

20170924

手術する人が多いのだろう。合同説明会が事前にある。

あまりに先のことで、忘れそう。

血圧

約1か月前、スーパーでしばらくぶりに隣の奥さんに会う。

お隣さん「お元気?」

私「う~ん、ちょっと首が凝ってて・・・ついこの間もめまいが・・・」な~んて言ったら、

お隣さん「あら、それって血圧高いんじゃない?」

えっ? 血圧? そんなはずは・・・いやもしかして・・・

スーパーから帰ってすぐに血圧を測ってみた。

高め・・・が~ん!

翌日近くの内科医を受診。

取りあえず、一日2回(朝・夜)血圧を測ることを1週間を続けるようにとの指示をもらう。

朝・晩しっかり測ってノートに記入。

やはりどの数値も少し高めだ。

1週間後、軽い高血圧の診断をもらい、薬を処方してもらった。

昨年の健康診断までは、血圧は正常範囲とされていたのだが、

ああ、ついに・・・

老化の階段をまた一つのぼったよ。

ライブの難

先日、地元の高校(娘の出身校)の野球チームが県大会の5回戦に出るというので、

応援に行ってきた。

KC4B0016

野球の試合を生で見るのは久しぶりだ。

我々が座っていたのは3塁ベース近く。

KC4B0015

ブラスバンドの応援団もすぐそば。

KC4B0018

音の迫力は満点。

しかし・・・・

白い小さな野球ボールが見えない!

打った球がどこへ飛んだのかわからない。

選手の動きと周りの拍手の音で判断するものの

ライブの醍醐味を100%楽しめなかったのは実に残念。

そしてショック!

再度眼科へ

夕方、もやがかかったように見える。逆光だと人の顔が暗くて表情がよく見えない。夜間の運転時、対向車のヘッドライトが眩しい・・・などなど。もしや、白内障の症状が進んでいるのかもしれない・・・。今年は運転免許証の更新がある。もしも視力が足りなくてパスしなかったらどうしよう・・・。

気になったので、1年半前診てもらった眼科を再度訪ねた。

まずは視力検査。免許証更新時に必要な最低視力は0.7なのだが、検査の結果、まだ少し余裕があることがわかった。

その後、医師の診察があり、説明を受けた。

医師 「白内障ですね。見えにくいのはそのせいでしょう。」

私 「周りに白内障手術を受けた人が何人もいて、みなさん一様に、よく見えるようになったと言われます。手術さえすれば見えやすくなるのでは、と思ってしまうのですが・・・」

医師 「う~ん、手術にはリスクもあります。良く見えるようになったという人もいますが、思ったほどではないという場合もあります。過度な期待は禁物です。あなたの場合は、まだ手術するほどではないと思います。判断は免許更新ができないくらい視力が悪くなった時でしょう。その時はまたご相談ください。」

良かった、私の眼はまだ大丈夫そう。しかも前回の医師の説明よりかなり分かりやすかったので、気分もすっきり。

市内の眼科の中で年間手術件数がダントツトップのこの医院。積極的に手術を勧めるのかと思いきや、決してそうではないこともわかりひと安心。

とは言え、この見えにくさは当分我慢しなければならない。

ちょっとだけ溜息。