繋がり

昨年秋、平塚市合唱連盟では特別事業として「こども合唱教室」を立ち上げた。これはこどもの合唱人口が減っている事への危機感から生まれた事業で、小さなステップではあるけれど我々大人の期待は大きい。

合唱連盟の加盟団体や学校・図書館・公民館などにチラシを配布した結果、10人余りの子供たちが集まってくれた。

練習は月2回土曜日の午後の2時間。熱心な指導者(私の所属する団の指導者でもあるK先生)のお蔭で、スタートしてわずか半年しか経っていなかったけれど、3月の合唱祭では立派に演奏を披露することができた。

ところで、この合唱教室に入ってくれたこどもたちの中にkanoちゃんという女の子(高校生)がいる。全盲だが、ものすごく音感がよく、もちろん声もいい。性格が明るくてハキハキしていて、リーダー的資質も持った可能性いっぱいの女の子だ。

そのKanoちゃんのママのお父さん、つまりKanoちゃんのおじいちゃんが、何と、私の出身高校の合唱部OBであることがつい2日前に判明した。

私の出身高校は歴史と伝統のある学校ではあるが、富山県のローカル線沿線の小さな町の高校だ。遠く離れたこの平塚市で、故郷の町の出身者と出会うことなど今までなかったし、ましてや同じ高校、同じ合唱部の人とばったり会うなんてことはほぼあり得ない。

判明のきっかけはFacebookだ。私、Kanoちゃんママ、K先生が夫々自分のページを持っていたからだ。私の投稿は決して頻繁とは言えないのだが、出身地を書いていたこと、また、合唱部OB会のコンサート情報などをアップしていたことで繋がったともいえる。

Facebookに感謝!

残念ながらKanoちゃんのおじいちゃんは3年前に亡くなられたという。もし生きていらっしゃったら・・・・Kanoちゃんが合唱をやってることをお知りになったら・・・赤とんぼOB会で歌っている私と繋がったことをお知りになったら・・・どんなに喜ばれたか・・・・

たまたま明日は赤とんぼの会東京地区の練習会。約60年前、高校の合唱部でKanoちゃんのおじいちゃんと一緒に歌った先輩たちも何人かいらっしゃるはず。今回の繋がりをどう説明しようか・・・このストーリーを何度も何度も頭の中で繰り返している。

そして、思う。

私は今、生きて人とかかわっている・・・そのことが、何十年後かの誰かと誰かを繋げているのだと。 繋がりは決して今の自分だけのものではないということを。

(そう言えば、私と夫の繋がりも、夫の母親と私の母親が同級生で、我々が結婚適齢期を迎えた時母親二人がたまたま出席した同級会で生まれたものなのだ。)

”miminbo”

お揃いのニット帽 ”miminbo”

20190128a20190128b

北の友人からの贈り物だ。彼女の手仕事作品。

ねえ、近いうちに大山登らない? このmiminboかぶって。

お揃いの帽子のじいさん・ばあさん・・・素敵じゃない?

50年ぶり

高校を卒業して50年。

これまで何度か同窓会の案内をもらってはいたが、一度も出たことがなかった。

そもそも同窓会は地元での開催が多く、私のように遠く離れているものにとっては出席のための出費はバカにならない。夫が現役で働いている時、自分だけの楽しみのためにそのような大金を使うのはこんな私でもためらわれた。

が、もう夫はリタイア。

老後はそれぞれ楽しいことを・・・とライフスタイルも変わった。

今年は思い切って出席の返事をした。

しかし、その日が近づくにつれ、不安が増す。

50年ぶりに会う同級生たち・・・果たして誰が誰だか思い出せるだろうか・・・白髪頭になっている私のことも思い出してもらえなかったショックだろうなあ・・・

11日日曜日、東京在住のもう一人の友人と一緒に新幹線で新高岡へ向かった。赤とんぼの会で何度も会っている彼女とは「歌う」が共通の話題なので、話は尽きず、乗車時間3時間足らずはあっという間だった。

20181111.jpg

新高岡でピックアップしてもらい、少し時間があるからと駅近くにある国宝「瑞龍寺」を見学した。

20181111b20181111c20181111d

加賀藩2代藩主前田利長公の菩提をとむらうために建立されたお寺。

初めて訪れるふるさとの名所。

18年しか住んでいないのだから、故郷とは言え知らないことだらけなのだ。

同窓会の会場は氷見の温泉。

普通課3クラス約150名のうち、集まったのは34名。

受付から賑わっていた。控えの部屋へ入るとそこにはもうビールの缶が。宴会の前のミニ宴会。

この時点で不安は吹っ飛んでいた。

懐かしい!  賑やか!  楽しい!

卒業アルバムの顔写真と照合しながら、昔の記憶を呼び起こす。

そうだそうだ、この人だ・・・とわかるまで数分かかるのだが、それがまた楽しい。

幸い私が「あなたは誰?」と聞かれることはなかった。

本宴会はさらに賑やか。残念ながら、その場を楽しむことを優先したため、写真はゼロ。

宴会後は再び控えの部屋で、2次会。

〆にカラオケで歌い、終了したのは12時半。

いやはや、こんなにしゃべって、お腹の皮がよじれるくらい笑えるとは。

堅苦しい挨拶などは全くなく、だからなのか、心底楽しめた同窓会。

ならば、次回も是非。

今回来ていなかった他の同窓生にも会ってみたい。みんなどうしているかなぁ・・・・

 

リフレッシュタイム

このところよく人と会う。

この間は水泳仲間と。その前は夫繋がりの女子(?)仲間と。

今回は久しぶりに織り仲間とだ。

鎌倉のギャラリーで開かれている織りの二人展を見ようと鎌倉駅に4人が集まった。

鎌倉駅から御成り通りをプラプラ歩く。

IMG_0240

古い商店街で、どのお店も小さいのだが、おしゃれに改装されているお店が多い。

駅反対側の小町通りと違って人通りはそんなに多くなく、落ち着いてお店散策ができる。

こんな↓お店も発見。

IMG_0239超狭い敷地に建つお店

ギャラリー「ジャック&豆の木」で開かれていた展示会「Aya×Yukka・暮らしのテキスタイル展」

20180616

IMG_0241IMG_0242IMG_0243

スウェーデンの糸も売られていたが、かなりのお値段でびっくり。でも色が豊富なスウェーデン製の糸は織り人の間ではやはり人気が高い。

ランチは近くのイタリアンレストランにて。

左のフェンスのすぐそばを江ノ電の電車が通っている。

 

IMG_0246

コップが素敵、ドレッシング入れが素敵・・・などとワイワイガヤガヤ。

IMG_0247

サラダの盛り付けも面白いね・・・

IMG_0248

この後、パスタ2種類、ピザ2種類が次々と出されたのだが、賑やかに食べてしゃべっていたら、すっかり写真を撮るの忘れてしまった。

とてもおいしかったのに~~残念。

★ ★ ★

最近は忙しくてなかなか時間が取れない私の「織り生活」だが、久々の刺激で気持ちだけはリフレッシュできたようだ。

コンサートが終わり、織りの生活に戻れる日が待ち遠しい。

上野散策

先週、女友達3人で上野界隈を歩いた。

11:00 上野駅で待ち合わせ。プラプラ歩いて、今話題の西郷どんの前へ。これほど近くに来たのは中学3年の修学旅行以来のこと。本当にこんなに顔が大きかったのだろうか・・・犬が小さく感じる。

20180118b

東天紅でゆっくりランチ。女3人寄れば話は尽きない。

ランチの後は東天紅の裏側にある旧岩崎邸を見学。20180118a

緑の芝生じゃないのがちょっと残念。

岩崎邸からちょっと行くと湯島天神。

20180118c

緑の木々に囲まれているとばかり思っていた神社。実はビルに囲まれた一角にあった。

受験シーズン真っ只中だけあって、このすごい量の絵馬。絵馬をつるすところはここだけではなく、境内に数か所。絵馬は一枚1000円。枚数をかけると・・・すごい金額になりそう。、

20180118d

誕生日ごとに書かれた占いを買った。私の性格は

20180118e.jpg

表面温和だが、内心は剛直?

へりくだる表情でも反抗心がある?

取り越し苦労で内向的?

う~ん、なんか違う・・・

上野散策の最後はアメ横。ここも数十年ぶりに来たのだが、通りの様子はそのころとはすっかり変わっていた。香辛料の強いにおいが鼻をつく。お店の前の通りにまでテーブル・椅子を置き、大きな声で客を呼びこんでいる。どうやら日本人ではなさそう。

外国語も飛び交っている。何だか落ち着かない。

外国人観光客が多いのはうれしいのだが・・・やっぱり昔のアメ横が良かったなあ。

買い物を済ませ電車に乗ったころはもうすっかり日が落ちていた。

子育て中や夫が現役中ならばきっと焦っていたかもしれない。

だが、家で待つのは夫のみ。

焦らなくてもいいシニアライフは最高だ!

 

南から、北から

先週九州でお正月を過ごしていた友人から焼酎を頂いた。

壱岐・・・麦焼酎発祥の島だそうだ。

この島にある酒造会社の焼酎「雪州」・・・飲みやすくて瓶はもう空っぽ。

20180116a

今日は北国からこんな美味しいものが届いた。

木いちごジャムとutaさん手製の「りんごバター」

20180116b

リンゴジャムなんだけど、バターの香りがほんのりあり、トーストにぴったり。

これらの瓶も来週には空っぽかも・・・

 

 

2か月ほど前、友人に「今度はあなたが機織りしているところを見たいわ」と言われ、「いいよ~」と軽く約束していたのだが、その友人から先日電話があり、10月初めに会うことになった。

さて、困った。機には糸がかかっていない。なんと今年2月から織っていないのだ!

反省しつつ、友人から再開のチャンスを頂いたと思い、季節はもう秋に向かっているけれど、麻糸をかけた。

20170911

ああ、落ち着くな~。

この秋は織りの優先順位を少し上げようと思う。

箱根1泊旅行

夫の卒業大学の同期会が箱根で行われ、夫婦で参加してきた。

楽しかった~!

★ ★ ★

これまで夫関連の集まりには絶対出るまいとずっと思ってきた。

妻は一歩下がっていなければ・・・

出しゃばってはいけない・・・

こんなこと思ってるだけで、息苦しくなり、本来の自分ではなくなり、全然楽しくないからだ。

以前、会社の駅伝大会があり応援に行ったときのこと。競技後、広場でバーベキュー大会が始まった。各自紙皿と紙コップを持ってセルフサービス。

こんな時、どうする?

会社の人に交じって、箸をのばし、ビールも自分でついでグイグイ飲める?

一歩下がっている私に、夫が料理を運ぶ、ビールをつぐ・・・を期待・・・した私がバカだった。

そんなことしてくれるわけがない。

で、結局、頭にきて、そして悲しくなり、途中で一人帰ってきたことがある。

だから、今回は肝に銘じた。

自分らしく・・・

夫には期待するなと。

★ ★ ★

同期会の参加者30人。うち夫婦同伴は8組。

場所は某有名ホテル。

宴会は約3時間。

バーベキューとは違い、給仕をしてくれるホテルマンがいるので、座ったままでOK。

偉い人にビールをついで回るなんてこともしなくていい。食べたいだけ、飲みたいだけ飲んだ。

ここまではまあまあ。でもまだ少し気を張ってたかな?

抑えが外れたのは、宴会後の奥様たちだけの女子会。

ホテルの一室(2人用だからそんなに広くない)に集まって、膝を突き合わせて、お菓子とお茶でおしゃべりをした。

ほぼ初対面同士なのに、あっという間に気の合った女友達との一泊旅行的雰囲気に。

夫との上手なすれ違い生活法や、親の介護、老後のお金の使い方等々

共通の話題はいくらでもあり、時間はあっという間に過ぎた。

★ ★ ★

夫の同期の方々のお話を聞くのはもちろん楽しかったのだが、

妻らしくではなく、自分らしくおしゃべりができた女子会のお蔭で、楽しかった印象は倍増。

女子会を提案してくださった、”幹事長奥様”、ありがとね~。

7個だけ

合唱祭も無事終了し、忙しさもひと段落。

気になっていた「夏みかん」をようやく収穫した。

しかし今年は「収穫」というほどの数はなく、わずか7個。

20170311a

全く寂しい限りだが、

一個の大きさは特大

20170311b

なので、少しだけと今年もやっぱり送ろう。東北へ。

キルト博のお土産

先週木曜日から7日間の開催予定でスタートした東京国際キルトフェスティバル。

今年も友人3人と一緒にオープン初日に行ってきた。

昨年はチケットが手に入らず、オークションでしぶしぶ購入したのだが、今年は新聞販売所の抽選に運よく当たり、4人とも招待券で入場することができた。

写真は撮らなかったので、載せられないのだが、会場の様子はほぼいつもと一緒。

昔は熱心にキルト一枚一枚を丁寧に見学していたものだが、今はさ~っと一巡するだけ。

お店がずらりと並ぶコーナーはものすごい人だかり。

もう、キルトはやらないし・・・特にほしいものもない・・・

なのに、ここまで来たのだから「何か買って帰りたい」とも思う。

旅先でお土産を買いたくなる心境と同じ。

で、結局買った。

p1110932

灰色のフランネル生地に赤糸のハートの刺繍

さて何を作ろうか・・・?