かぼちゃのようなさつまいも

先日夫の代役でさつまいもを収穫した。

芋がどこにあるのかさっぱりわからないくらい伸びた蔓を切りながら芋を探す。

あっ、土の中に小豆色が見えた!と

喜んで掘ってみると・・・

かぼちゃのようなサツマイモが一つの株に1個だけついている。

大きいので、細長サツマイモの2~3個分はあるのだが・・・すべてかぼちゃ型

20180928a

いったい何が原因でこうなっちゃったの?

耕し方? 今年の気候? それとも肥料のせい?

IMG_0446

いや、私の推測では、苗を垂直に植えたからではないかと思うのだが・・・

こんな風に↓

垂直 垂直

水平水平に置くやり方もあって、子供が幼稚園の畑でサツマイモの苗を植えた時は、水平に置いた記憶がある。

夫を問い詰めたが、どんな風に植えたのか判然としない。

が、「垂直でもいいんだよ!」と垂直植えを擁護するところをみると、きっと垂直なんだ。

ブツブツ言う私に

「じゃあ、来年二通りの植え方で比べてみればいいよ」と夫。

分かった、決まり!

来年は

「私の水平植えの畝」 対 「夫の垂直植えの畝」 の対決だ!

ピンチヒッター

一昨日から降っていた雨もようやく止んだので、ひとりで畑へ行き茄子とゴーヤを収穫。

IMG_20180916_140957

私の畑訪問は久しぶり。

畑はそもそも夫の係りなのだが、数日前、夫がある手術(日帰り)を受け医師から自宅で安静にしているよう言い渡されているため、代わりに畑へ行ってくるよう頼まれたのだ。

畑には茄子・ゴーヤの夏野菜の他、そろそろ収穫を迎える落花生・さつまいも、そして冬野菜の大根・ネギが植えられていて、順調に育っている様子。

が、同時に雑草も大変元気に育っていた。

夫の安静期間は明日で終わりそうだが、運動・力仕事は最低1か月間は休むように言われている。

ということは、あの雑草取りは私の係り?

白内障の際は送迎なので夫にかなり協力してもらったから、今度は私が協力する番なのだが・・・

私の方が仕事量多いと思わない?

きゅうり

夫がほぼ連日のように畑からキュウリを持ち帰る。

でも、夫婦二人だけでは、食べきれない。

キュウリがどんどん増え、気が付くと、冷蔵庫の下段の野菜室はキュウリで満杯に。

何とかせねば・・・と「キュウリ」をネットで検索。

すると「キュウリのパリパリ漬け」というのを発見。写真はとても美味しそう。しかも作るのは簡単。冷蔵庫で半年ももつのだとか・・・。

早速トライ。

キュウリ2㎏に塩を130gを振り、重しをして一晩。

キュウリの水気を切って、タッパーに並べ、ザラメ400~500gと酢180㎖をかけて冷蔵庫で保存。

1週間で出来上がりなのだが、1週間を待たずしてもう食べ始めてる。

左が5日目で右が3日目の状態。

20180803a

しわしわになったキュウリは食べるとパリパリポリポリ。20180803b.jpg

しまった、これでまたご飯がすすむ・・・

6月の菜園

夫はこのブログを家庭菜園の過去の記録として時々利用していて、「一昨年は6月2日に芋掘りをしているから・・・」と、今日6月3日日曜日朝早く、じゃがいもと玉ねぎを収穫。私は、ちょっとだけそのお手伝い。

玉ねぎ・・・まずまずの出来20180603a

これ ↓ は「にんにく」20180603b

ニンニクは無ければないで済ませるのだが、そばにいつでもあると頻繁に使う。簡単手抜き料理もプロっぽくできる。20180603c

じゃがいもの収穫の目安は、葉っぱ枯れてきたら・・・でもまだ葉っぱの元気がいいので収穫はもう少し待つことにした。

20180603d

茄子の紫の花と青空20180603e

 

 

 

 

貴重な緑

ほうれんそう、小松菜、ニラ、キュウリ、レタス、ブロッコリー・・・・高値が続いている。

幸い、これらの葉菜類のうち、割と白っぽい白菜・大根・ネギは夫が畑で作ってくれているので、値段を気にせずパクパク食べられるのだが、緑の濃い野菜はこのところ冷凍ばかり。

高値の理由は天候不順。自然相手だから仕方がないとは言え、台所を預かる主婦にとってはつらい。

葉っぱものは素人が育てるには難しいと言われる。事実今まで葉っぱ類は家庭菜園を始めたころほんの少し作っただけで、すぐにギブアップ。

以来、葉っぱ類は全く期待していなかったのだが、今年の秋口、夫はダメもとで「春菊」の種を蒔いた。

その春菊が食べごろになり昨日2度目の収穫。20171228

わ~、すごいすごい、上手じゃないの、うれしいなあ・・・

早速軽く茹でて胡麻味噌和えに。

噛むとジュワーッと少しほろ苦い春菊の水分が口に広がる。

ああ、美味しい!

精いっぱい褒め称え、次の収穫を期待する。

2017 秋の収穫

久しぶりに畑仕事を手伝った。

まずは落花生の収穫

何度かハクビシンらしき動物に食べられたことがあるので、頑丈な柵で防御。おかげで今年は無事。

20170925a20170925b

今年の出来は?  数は多いが小粒の占める割合が多い。でも、大きいのだけを選んだ結果はほぼ去年並みかな?

20170925c

さつまいもも順調。葉っぱのつるが伸びてどこが畝なのかわからない。

20170925d

サツマイモの収穫は次回の予定なのだが、試しに少しだけ掘ってみた。

20170925e

ありゃりゃ、こんなに大きいよ。

20170925f

昨日スカイプで「じゃがいも掘りがしたい」と言っていた孫のM子。昨年の春の体験が楽しかったようだ。

サツマイモ堀りも楽しいよ。来年来るなら、春のじゃがいも掘りか秋のさつまいも堀りの時期だね。

冬の野菜も順調そう。

20170925g20170925h

畑の恵みと夫の手間に感謝。

じゃがいも掘り

日本からはるか遠くのスウェーデンからやってきた孫たち

20160521_123322

前回来た時は、ウォシュレットを怖がって泣き、お風呂も嫌いと叫んでいたのに、

今回は「お水が臭い」と水道水を飲まないくらいで、すっかり日本の生活になじんでいる。

さて、東京から戻ってきた孫たちに、第2ラウンドのハイライトとして計画したのは「畑でじゃがいも掘り」

夫が2月末に植え付けたじゃがいもがちょうど収穫期を迎えており、土遊びが苦手で野菜も好きじゃない子供たちに、何としてもじゃがいもを掘らせたいと思ったのだ。

最初は手にわずかについた泥を見て、いや~な顔をした上の子だったが、数分もしないうちに

20160601_1108322016060320160603b

ほらミミズがいるよ  こっちにはダンゴムシ

もう土さわりもへっちゃらだね。

じゃがいもの隣のニンニクも収穫

さあ、夜はお得意のスペイン風オムレツだよ~。