かぼちゃのようなさつまいも

先日夫の代役でさつまいもを収穫した。

芋がどこにあるのかさっぱりわからないくらい伸びた蔓を切りながら芋を探す。

あっ、土の中に小豆色が見えた!と

喜んで掘ってみると・・・

かぼちゃのようなサツマイモが一つの株に1個だけついている。

大きいので、細長サツマイモの2~3個分はあるのだが・・・すべてかぼちゃ型

20180928a

いったい何が原因でこうなっちゃったの?

耕し方? 今年の気候? それとも肥料のせい?

IMG_0446

いや、私の推測では、苗を垂直に植えたからではないかと思うのだが・・・

こんな風に↓

垂直 垂直

水平水平に置くやり方もあって、子供が幼稚園の畑でサツマイモの苗を植えた時は、水平に置いた記憶がある。

夫を問い詰めたが、どんな風に植えたのか判然としない。

が、「垂直でもいいんだよ!」と垂直植えを擁護するところをみると、きっと垂直なんだ。

ブツブツ言う私に

「じゃあ、来年二通りの植え方で比べてみればいいよ」と夫。

分かった、決まり!

来年は

「私の水平植えの畝」 対 「夫の垂直植えの畝」 の対決だ!

広告

ピンチヒッター

一昨日から降っていた雨もようやく止んだので、ひとりで畑へ行き茄子とゴーヤを収穫。

IMG_20180916_140957

私の畑訪問は久しぶり。

畑はそもそも夫の係りなのだが、数日前、夫がある手術(日帰り)を受け医師から自宅で安静にしているよう言い渡されているため、代わりに畑へ行ってくるよう頼まれたのだ。

畑には茄子・ゴーヤの夏野菜の他、そろそろ収穫を迎える落花生・さつまいも、そして冬野菜の大根・ネギが植えられていて、順調に育っている様子。

が、同時に雑草も大変元気に育っていた。

夫の安静期間は明日で終わりそうだが、運動・力仕事は最低1か月間は休むように言われている。

ということは、あの雑草取りは私の係り?

白内障の際は送迎なので夫にかなり協力してもらったから、今度は私が協力する番なのだが・・・

私の方が仕事量多いと思わない?

きゅうり

夫がほぼ連日のように畑からキュウリを持ち帰る。

でも、夫婦二人だけでは、食べきれない。

キュウリがどんどん増え、気が付くと、冷蔵庫の下段の野菜室はキュウリで満杯に。

何とかせねば・・・と「キュウリ」をネットで検索。

すると「キュウリのパリパリ漬け」というのを発見。写真はとても美味しそう。しかも作るのは簡単。冷蔵庫で半年ももつのだとか・・・。

早速トライ。

キュウリ2㎏に塩を130gを振り、重しをして一晩。

キュウリの水気を切って、タッパーに並べ、ザラメ400~500gと酢180㎖をかけて冷蔵庫で保存。

1週間で出来上がりなのだが、1週間を待たずしてもう食べ始めてる。

左が5日目で右が3日目の状態。

20180803a

しわしわになったキュウリは食べるとパリパリポリポリ。20180803b.jpg

しまった、これでまたご飯がすすむ・・・

6月の菜園

夫はこのブログを家庭菜園の過去の記録として時々利用していて、「一昨年は6月2日に芋掘りをしているから・・・」と、今日6月3日日曜日朝早く、じゃがいもと玉ねぎを収穫。私は、ちょっとだけそのお手伝い。

玉ねぎ・・・まずまずの出来20180603a

これ ↓ は「にんにく」20180603b

ニンニクは無ければないで済ませるのだが、そばにいつでもあると頻繁に使う。簡単手抜き料理もプロっぽくできる。20180603c

じゃがいもの収穫の目安は、葉っぱ枯れてきたら・・・でもまだ葉っぱの元気がいいので収穫はもう少し待つことにした。

20180603d

茄子の紫の花と青空20180603e

 

 

 

 

貴重な緑

ほうれんそう、小松菜、ニラ、キュウリ、レタス、ブロッコリー・・・・高値が続いている。

幸い、これらの葉菜類のうち、割と白っぽい白菜・大根・ネギは夫が畑で作ってくれているので、値段を気にせずパクパク食べられるのだが、緑の濃い野菜はこのところ冷凍ばかり。

高値の理由は天候不順。自然相手だから仕方がないとは言え、台所を預かる主婦にとってはつらい。

葉っぱものは素人が育てるには難しいと言われる。事実今まで葉っぱ類は家庭菜園を始めたころほんの少し作っただけで、すぐにギブアップ。

以来、葉っぱ類は全く期待していなかったのだが、今年の秋口、夫はダメもとで「春菊」の種を蒔いた。

その春菊が食べごろになり昨日2度目の収穫。20171228

わ~、すごいすごい、上手じゃないの、うれしいなあ・・・

早速軽く茹でて胡麻味噌和えに。

噛むとジュワーッと少しほろ苦い春菊の水分が口に広がる。

ああ、美味しい!

精いっぱい褒め称え、次の収穫を期待する。

2017 秋の収穫

久しぶりに畑仕事を手伝った。

まずは落花生の収穫

何度かハクビシンらしき動物に食べられたことがあるので、頑丈な柵で防御。おかげで今年は無事。

20170925a20170925b

今年の出来は?  数は多いが小粒の占める割合が多い。でも、大きいのだけを選んだ結果はほぼ去年並みかな?

20170925c

さつまいもも順調。葉っぱのつるが伸びてどこが畝なのかわからない。

20170925d

サツマイモの収穫は次回の予定なのだが、試しに少しだけ掘ってみた。

20170925e

ありゃりゃ、こんなに大きいよ。

20170925f

昨日スカイプで「じゃがいも掘りがしたい」と言っていた孫のM子。昨年の春の体験が楽しかったようだ。

サツマイモ堀りも楽しいよ。来年来るなら、春のじゃがいも掘りか秋のさつまいも堀りの時期だね。

冬の野菜も順調そう。

20170925g20170925h

畑の恵みと夫の手間に感謝。

じゃがいも掘り

日本からはるか遠くのスウェーデンからやってきた孫たち

20160521_123322

前回来た時は、ウォシュレットを怖がって泣き、お風呂も嫌いと叫んでいたのに、

今回は「お水が臭い」と水道水を飲まないくらいで、すっかり日本の生活になじんでいる。

さて、東京から戻ってきた孫たちに、第2ラウンドのハイライトとして計画したのは「畑でじゃがいも掘り」

夫が2月末に植え付けたじゃがいもがちょうど収穫期を迎えており、土遊びが苦手で野菜も好きじゃない子供たちに、何としてもじゃがいもを掘らせたいと思ったのだ。

最初は手にわずかについた泥を見て、いや~な顔をした上の子だったが、数分もしないうちに

20160601_1108322016060320160603b

ほらミミズがいるよ  こっちにはダンゴムシ

もう土さわりもへっちゃらだね。

じゃがいもの隣のニンニクも収穫

さあ、夜はお得意のスペイン風オムレツだよ~。

小豆の花

20150909j

えっ? 黄色? 赤かピンクだと思ってた・・・・

小豆の花が黄色って知ってます?

この間から夫に「小豆の花が咲いたから見に行って」とうるさく言われ、「こっちだって忙しいのよ」と思いながらも、雨の中「見た」という証拠写真を撮りに行ってきた。

小豆が好きで、是非美味しい小豆をと私がリクエストしたのだが、小豆栽培はなかなか難しいらしい。

1度(5年前)失敗しているのだが、今回も「芽がなかなか出ない」から始まり「枝が伸びすぎてる」「花が咲かない」と、心配が絶えない。

そもそも小豆を植えた場所が狭すぎて、小豆の枝は里芋の列、茄子の列に食い込み、どれがどれだか分からない。

20150909g

こんなんで、ちゃんと小豆が育つのかなあ・・・・・??と冷ややかに見つめる私。

でもこれは褒めてあげよう。

20150910a

ハクビシンに食べられた苦い経験から、頑丈な柵で覆った落花生エリア。

20150909i

そして、虫に食べられないように隙間なくネットで覆った白菜エリア。

20150909e

ネギもあるよ。

20150909h

大根も。

夕べ、「ブログ書いた?」と夫。「まーだ。明日ね」と私

夫は密かに書かれることを期待している。

このブログ、夫の日記じゃないのに・・・

青えんどう豆

今年も青えんどう豆(グリンピース)が豊作

さやから実を取り出し

20150602c

大好きな豆ごはんを作ること数回

20150602d

それでも余ったので、グリーンの豆は生のまま小分けにして冷凍。

20150602e

さらに、さやが茶色になり乾燥してしまった豆もこんなにあり、これらは乾燥したまま保存することに。

20150602b

ところで、去年収穫して乾燥した豆があったので、戻して甘く炊いてみた。

20150602a

ふっくらした豆を期待していたのだが、なかなかやわらかくならず、かなり歯ごたえのある豆の甘煮になった。実は乾燥豆を使ったのは今回が初めて。次回はもう少し上手に・・・・塩豆にしてみようかな。

出遅れ大根

冬の収穫のため秋に蒔く大根の種。

少し残っていたので試しに・・・と、夫が春先その大根の種を畑に蒔いた。

葉っぱが勢いよく育っていたので冬と同じ大きさまではいかずともほどほどの大根ができるものと期待していたらしい。

ところが、最近急に花が咲きだした。大根は全然太ってないのに。

とにかく抜いてくるから・・・と畑から持ち帰った大根およそ15株

20150528h

大量の葉っぱと小さい大根、そしてかわいらしい大根の花。

う~ん、こんなに・・・どうしよう??

まずはお花を集めて、コップに。

20150528a

葉っぱはさっとゆでて細かく刻み、オカカとシラスを入れてさっと炒め、ご飯のふりかけに。

20150528c

大根は太くても直径3㎝、細いのは牛蒡のようだ。

20150528e

20150528f

刻んで即席漬けにしたら、案外いけるではないか。

一瞬「捨てようか」と思った出遅れ大根だが、余さず命を頂いて、最後はちょっと得した気分。

夫の長ネギ栽培

冬の間、毎日のように夫が育てた長ネギを食べた。風邪も引かず健康に過ごせたのはそのおかげかもしれない。感謝。

そのネギが食べ終わった頃、春まだ早い時期、夫は次の冬に食べるネギの種を撒いた。

2階のテラスに置かれたプランター2個。発芽するまでは濡れた新聞紙で覆い、さらにビニールをかけて保温。芽が出ると新聞紙は取り去り、水やり・保温に注意しながらゆっくり苗の成長を待つ。

現在の苗の状態

20150430a

今年の種には何と「貴婦人」という名がついている。(多分大根なんかには絶対つかない名前)

20150430b

ネギの種って見たことありますか?

20150430c

右の白いのがゴマだからほぼ同じくらいの大きさ。

苗の成長を待って畑に移すのだが、その時期は?と聞いたら、「畑が空いたら」という答え。現在の畑には、グリンピース、玉ねぎ、にんにく、じゃがいも、里芋、茄子、キュウリ、夏用ネギ、大根が植えてあり、スペースがないのだそう。

それにしても、冬食べるために冬が終わるとすぐに種を撒き約10か月かけて育てるとは・・・。

ホームスパンも気の長い仕事だけれど、野菜作りも同じように根気の要る仕事だ。我々夫婦、案外似たもの同士なのかも・・・。

今日の記事を書くにあたって、夫にネギ栽培についていろいろ聞いたのだが、最後に「たまには、畑を見に来てよ」と言われてしまった。

ハイ、いずれ・・・。

ブロッコリー

野菜嫌いの孫H

食べられる野菜は実に数少なく、娘も苦労しているようだ。

そんな彼が最近食べられるようになったのがブロッコリー。

ブロッコリーの何が彼の食欲を刺激したのかはよくわからないが、

確かに我が家に滞在中、夕食で出した茹でたブロッコリーを何もつけないでそのままパクパク食べていた。

この時のブロッコリーはスーパーで買ってきたもの。

出来れば、

我が家の畑のブロッコリー

を食べさせたかった。

しかし、収穫したのは、娘たちが帰った1週間後。

残念。

 

2014年 展示会のご案内

最新作

夫の最新作品

その1 じゃがいも・・・この箱は一応まともな大きさだけど、小さいのもいっぱい。

その2 かぼちゃ・・・実をつけたのは1個だけ。(蝶々に頼っていてはだめで、ちゃんと人間の手で受粉してやらなければいけないらしい)

その3 カサブランカ・・・2m・・・こんな背が伸びるとは。

じゃがいもの大きさが不揃い過ぎるだの

かぼちゃが1個しかできないだの

カサブランカの背が高すぎるだの

文句ばかり言っておりますが・・・・

心の中ではちゃんと感謝しています。

豊作の匂い

昨日は、久々の畑で落花生の収穫手伝い。

2007年・2010年に続いて3度目の栽培。

前回はハクビシン(多分)に食べられ悔しい思いをしたので、

今回は対策ばっちり。

P1090398

囲い(夫の苦心の作)のおかげで今年は豊作。

P1090403

教科書によると、枝を逆さにして干しておくのだそうだが、このまま畑に放置すれば「ハクビシンさんどうぞ来てください」と言ってるようなもの。

夫と二人2時間かけて落花生の実を全部枝からもぎ取り、家へ持ち帰る。

P1090404

さてこれを乾燥しなければならないのだが、

泥つきのままだといやなので、まだ畑の泥が濡れているうちに

P1090405

ざっと洗って

20131022a

ビニールの敷物+新聞紙3~4枚を重ねたものの上に落花生を並べる。

湿った新聞紙を取りかえること3回。

この後は、天日乾燥が一番なのだが、この先2~3日お日様は期待できそうにないので、扇風機を頼りに只今乾燥中。

部屋中、落花生の匂いなのか、泥の匂いなのかよくわからないが、とにかく「豊作の匂い」が充満してる。

夕べはとれたて落花生の塩ゆでを食べた

P1090407

一緒にグイっとビール・・・・といきたいところだけど、ウエスト1cm減のため、我慢我慢。

じゃがいも掘り

最近はほとんど畑へ行っていない。

いつの間にか”畑は夫の聖域”ということにしてしまった。

そのせいかどうか、夫はひとりのびのびと畑通いを楽しんでいる。

 

今年のタマネギはちょっと小ぶりだがほどほどの出来具合。

この間までは新鮮なグリンピースが毎日食卓にのぼった。

 

「さて、そろそろじゃがいもだ。明日の収穫手伝う?」

と珍しく誘われた・・・・たまには見てほしいのかな?

「そうね、久しぶりだから行くわ。」

20130609

夫が汗だくになってスコップで土を起こす。

私、現れたジャガイモをバケツに移すだけ。

 

集めてみると

20130609b

去年並みの収穫。

これで数か月はもつはず。

夫の愛情のこもったジャガイモ・・・美味しく料理しなくっちゃ。

初夏の収穫

玉ねぎはまずまずの出来

20120614b

今年のニューフェースはにんにく

20120614a

そしていつものじゃがいも

20120614c

夫がいつになくじゃがいもをきれいに並べている。

20120614d   

この写真、プリントして英会話教室へ持って行くそうな。

でも、この写真だけでは、夫がものすごく几帳面な性格だと誤解されそう。

20120614e 

雑草だらけの畑の写真もプリントしようかな・・・

息抜き

私の最近の生活

20120520f2階にいるときは、原毛に囲まれて黙々とカードをかけ、

20120520g居間にいるときは、これまた黙々と紡いでいる。

たまに違う作業が入ることも・・・

20120520e2枚目のショールの房作り。

まるで職人のように手を動かすことに集中する毎日。

時折、夫の私を見る目が「よくもまあ、飽きないもんだ」と言ってるのを感じる。

なので、久しぶりに畑へ。

20120520a薄紫のじゃがいもの花が満開。

20120520bグリンピースは、鞘がふっくらして少し乾き始めたものから収穫。

20120520d 早生の玉ねぎも収穫。

黙々生活もいいけれど、たまに息抜きしないとね。

アスパラガス

我が家の畑の春の収穫1番乗りはアスパラガス

3年前に植え付け、去年の収穫はほんの数本だったが、今年はちょっと多め。

でも、毎日パクパクできるほどはなく、

3日に一度ペースの収穫で、↓この程度。

20120430a

 

20120430b早速、フライパンで炒めて食卓に出す。

ポリポリ、ジュワーッ・・・・新鮮でとても美味しい!

 

ふと、ブログ仲間utaさんのオリジナル曲「アスパラダイス」を思い出した。

♪アスパラ食べよう 朝から食べよう

♪頭から それとも おしりから どっちから食べよう

♪アスパラ食べよう 笑って食べよう

♪マヨネーズ それとも からし醤油  

♪君のハートに ボクのハートに

♪幸せ運ぶよ アスパラダイス

 

我が家はこのところずっとアスパラダイスだ。

4月の畑

約1ヵ月ぶりの畑

私と違って心やさしい夫が植えたチューリップ。何度も見に来てと言われていたのに先延ばしにしていたら、もう花が終わりそう。

少し早く撒き過ぎたため霜にやられ、一旦はあきらめた「グリンピース」が再び元気を取り戻した。

お豆の御飯が楽しみだ。本日の作業は早生の玉ねぎの収穫と

 待ちに待ったアスパラガスの収穫。 

アスパラガスは大好き。でも買うと小さな束で結構なお値段だったりするので、自分の畑に植えてあればどんなにかたくさん食べられるだろうと期待していたのだが・・・

この日収穫できたのはたったの3本。 微妙な量だなあ・・・

utaさんの♪アスパラ食べよう、アスパラ食べよう♪の歌を思いだしながら、

貴重な3本をバターソテーにして食べた。

明日はまた食べられるかしら? 

春仕事

1週間後に合唱祭を控えているせいか、どうも落ち着かない。じっとしていれば落ち着くわけでもないので、思い切って夫の畑仕事を手伝った。

畑のそばの梅林

この手前に、どなたかの小さな畑用の小屋があるのだが、小屋の脇にミツマタの木が植えられている。紙漉きに使うあのミツマタだ。

初めて見たミツマタの花

さて、畑のジャガイモを植えつけるのは2.5m四方くらいの場所

久しぶりに鍬を持って、土を整える。

前日に切っておいたジャガイモを植えつけた。 全部で21個。

畑から帰宅後、勢いで、庭の夏ミカンも収穫。合計32個。 

去年までは、せっせとマーマレードを作ったけれど、喜んでくれる母はもういない。

今年はどうしようか・・・

たまに

またまた日曜日

「畑、一緒に行かない?」の、夫の誘い。

「いいよっ!」 今回はすんなり同意した。

畑へは、長い間行っていないので、少し気になってきていた。

畑は夫の領分だが、借りたのは私なのでそれなりに責任はある。

ブツブツ言いながら、夫の雑な部分を手直しした。

昨年植えつけたアスパラガス。 切り落とした枝に小さな実がついていた。

枯れている枝の実は赤色・・・初めて見た。

並んで記念撮影

「やっぱり二人で来ると楽しいな」・・・

妻にブツブツ言われても、一緒を素直に喜ぶ夫だ。

畑から帰宅後、勢いづいて湘南平までハイキングすることにした。

紅葉はやはり北国には負ける。

およそ1時間ほど歩いて頂上へ。

湘南の海・・・東の方向

西の方向

広々とした景色を見ていると気持ちも晴れ晴れする。

機嫌がいい夫 「湘南平へ毎日登る人もいるんだって。かかった時間を毎日記録するのもいいな。」

ごめん、そこまでは付き合えない。 「たまに」だからいいの。

再びハクビシン被害

トマトやナスが何者かに食べられてがっかりした今年の夏の畑。

しかし、その後、何故か被害は続かず、トマト・なすは食べきれないくらい次々と収穫できた。

犯人と思われるハクビシンはその後どこへ・・・

と思っていたら、現れた!

落花生が食べられた。 収穫直前の出来事だった。

落花生畑の周りには小動物の足跡が残っていて、落花生の殻が散乱していたとか・・・・

残念ながら現場写真がない。

残った落花生

まあ、これだけあれば、二人で食べるには十分だけどね。

極小&特大

小豆が好きだからと
 
夫に頼んで畑で作ってもらった小豆を収穫した。
 
だが・・・
まことに小さい!
 
上は夫の実家から送ってきた小豆、下が我が家の小豆
その差歴然。
 
夫はすまなそうな顔をしている。
 
一方
 
昨年このブログで紹介したスクナかぼちゃ
この種を取って
畑で育てたら
 
こんな特大かぼちゃになった。
すでに左側を少し食べたので全体の大きさがわからないのが残念。
しかし、大きさの点では確実に実家のかぼちゃを上回っていた。
 
連日食卓にのぼるかぼちゃの煮物やてんぷらに夫はご満悦。
 
喜んだり、残念がったり・・・
 
だから畑は面白いんだな、きっと。

いったい誰だ!

こんな悪さをするやつは!
 
そろそろ食べごろと思っていたのに・・・
ひどい!  
 
犯人は?・・・カラス?
 
と思っていたら、
夫が近所の畑のおじさんから「犯人はハクビシンだ」と聞かされた。
 
ハクビシン?
 
 白美人と間違えそうな名前なのでタヌキよりイメージはいいが
やることは悪質。
 
ハクビシンを寄せ付けない良案はないものか・・・

いも掘り

ようやくブログを更新する気に。
 
1週間程前から首の周りに鈍い痛みがあった。
鈍い痛みなので、感じたり感じなかったり・・・
家事や手仕事に支障はないものの、
なかなかすっきりした気分にはなれなかった。
でも昨日はスイミングを休み、紡ぎも織りも
長時間続けるのは避けて少しのんびりしていたせいか、
今は回復傾向。
 
そのタイミングを待っていたかのように
夫が「ジャガイモを掘ろうよ」と誘いをかけてきた。
4月から「畑は夫の領分」となっているので、
私が畑へ行く回数は以前と比べて激減。
 
久しぶりだから行こうかな。
 
今年のジャガイモは男爵
出来はどうだろう・・・
春の天候不順が影響していなければいいのだが・・・・
 
一番手前の一株を思い切り引き抜くと
あっ! 
ゴロゴロと出てきた!
 
大きさもまずまずじゃない?
 
収量は1年分とまではいかないが、二人で食べるにはこの程度で十分。
 
畑の他の野菜・・・茄子・きゅうり・トマトは順調に育っていた。
 
しかし
↓は落花生
まわりに雑草がびっしり。
 
30分ほど草取りをしたが
「もう飽きた。のども渇いた。明日にしよう。」
と夫。
 
そうだね。
帰って冷えたビールとじゃがバターで収穫を祝おうか!
 
 
 
 

ねぶか

ねぶか・・「根深」とはネギの別名。
白いところが長いからだろう。
 
夫が作った「ねぶかネギ」
「今年はいっぱい作ったからどんどん食べて」
と毎日のように言う。
 
ネギへの思いで頭がいっぱいなのか、
 
 
 
「ねぶかみたい」と言った。
 
言い得てる・・・・・

新しい畑

 
これまで借りていた畑を、地主の都合で年内に返すように言われた。
今年の夏のことだ。
 
畑は今や夫の恰好の週末暇つぶし場所。
健康によし、ストレス解消によし、おまけに新鮮な野菜が食べられる。
私にとっても、週末の半日、夫が出かけてくれるのはありがたい。
 
畑がないと困る!
 
どこかに貸してもらえる畑がないか友人に聞いてみたところ、
運よく、すぐに新しい畑が見つかった。
 
新しい畑は、これまでの高速道路脇の畑とは違って、
実に広々とした場所にある。
 

今朝7時、夫に頼まれていたグリンピースの種を撒きに畑へ。

現在の畑の野菜・・・大根・白菜・長ネギ・玉ねぎ

大根はもう食べごろ

白菜はもう少しあと

新しい畑の土がいいのか、このところの好天気のおかげか、はたまた夫の畑への愛情のおかげか、野菜の育ちはいいみたい。

 
 

ジャンボサイズ

8月に入ったというのに、この涼しさは一体何?
現在午前9時半・・・外は雨 気温24度
異常だ。
 
こんな天気じゃ畑の野菜も育ちが悪かろうと、
畑行きはついのばしのばしになっていたのだが、
昨日行ってみて驚いた。
 
キュウリがとっても元気!
一番左が市販サイズ
 
我が家では、ジャンボサイズは皮を全部むき、種も取って刻み、
干し椎茸・鶏肉・お醤油味がしっかり浸みたスープにするのだが、
いくら何でも2人家族にこの量は多すぎる。
かと言って、人様に差し上げるのにも、この大きさでは嫌われそう・・・
誰か、ジャンボキュウリの料理法知らないかなあ?