かぼちゃのようなさつまいも

先日夫の代役でさつまいもを収穫した。

芋がどこにあるのかさっぱりわからないくらい伸びた蔓を切りながら芋を探す。

あっ、土の中に小豆色が見えた!と

喜んで掘ってみると・・・

かぼちゃのようなサツマイモが一つの株に1個だけついている。

大きいので、細長サツマイモの2~3個分はあるのだが・・・すべてかぼちゃ型

20180928a

いったい何が原因でこうなっちゃったの?

耕し方? 今年の気候? それとも肥料のせい?

IMG_0446

いや、私の推測では、苗を垂直に植えたからではないかと思うのだが・・・

こんな風に↓

垂直 垂直

水平水平に置くやり方もあって、子供が幼稚園の畑でサツマイモの苗を植えた時は、水平に置いた記憶がある。

夫を問い詰めたが、どんな風に植えたのか判然としない。

が、「垂直でもいいんだよ!」と垂直植えを擁護するところをみると、きっと垂直なんだ。

ブツブツ言う私に

「じゃあ、来年二通りの植え方で比べてみればいいよ」と夫。

分かった、決まり!

来年は

「私の水平植えの畝」 対 「夫の垂直植えの畝」 の対決だ!

広告

ピンチヒッター

一昨日から降っていた雨もようやく止んだので、ひとりで畑へ行き茄子とゴーヤを収穫。

IMG_20180916_140957

私の畑訪問は久しぶり。

畑はそもそも夫の係りなのだが、数日前、夫がある手術(日帰り)を受け医師から自宅で安静にしているよう言い渡されているため、代わりに畑へ行ってくるよう頼まれたのだ。

畑には茄子・ゴーヤの夏野菜の他、そろそろ収穫を迎える落花生・さつまいも、そして冬野菜の大根・ネギが植えられていて、順調に育っている様子。

が、同時に雑草も大変元気に育っていた。

夫の安静期間は明日で終わりそうだが、運動・力仕事は最低1か月間は休むように言われている。

ということは、あの雑草取りは私の係り?

白内障の際は送迎なので夫にかなり協力してもらったから、今度は私が協力する番なのだが・・・

私の方が仕事量多いと思わない?

きゅうり

夫がほぼ連日のように畑からキュウリを持ち帰る。

でも、夫婦二人だけでは、食べきれない。

キュウリがどんどん増え、気が付くと、冷蔵庫の下段の野菜室はキュウリで満杯に。

何とかせねば・・・と「キュウリ」をネットで検索。

すると「キュウリのパリパリ漬け」というのを発見。写真はとても美味しそう。しかも作るのは簡単。冷蔵庫で半年ももつのだとか・・・。

早速トライ。

キュウリ2㎏に塩を130gを振り、重しをして一晩。

キュウリの水気を切って、タッパーに並べ、ザラメ400~500gと酢180㎖をかけて冷蔵庫で保存。

1週間で出来上がりなのだが、1週間を待たずしてもう食べ始めてる。

左が5日目で右が3日目の状態。

20180803a

しわしわになったキュウリは食べるとパリパリポリポリ。20180803b.jpg

しまった、これでまたご飯がすすむ・・・

6月の菜園

夫はこのブログを家庭菜園の過去の記録として時々利用していて、「一昨年は6月2日に芋掘りをしているから・・・」と、今日6月3日日曜日朝早く、じゃがいもと玉ねぎを収穫。私は、ちょっとだけそのお手伝い。

玉ねぎ・・・まずまずの出来20180603a

これ ↓ は「にんにく」20180603b

ニンニクは無ければないで済ませるのだが、そばにいつでもあると頻繁に使う。簡単手抜き料理もプロっぽくできる。20180603c

じゃがいもの収穫の目安は、葉っぱ枯れてきたら・・・でもまだ葉っぱの元気がいいので収穫はもう少し待つことにした。

20180603d

茄子の紫の花と青空20180603e