那須岳登山 Part1

息子から「連休中一緒に登山を」と誘いのメールを貰ったのは4月中頃。

滅多にない事なので、我々二人はすぐに飛びついた。

地図を買い、ネットで調べ、スパッツも買い、2週間たっぷり準備を楽しんだ。

直前まで心配したのは天気。予定していた日程に低気圧が覆いかぶさる予報。しかも季節外れの寒気までやってくるらしい。ちょっと怖い…。

5月3日昼過ぎ家を出、4時過ぎ息子の住む町に到着。

駅前の餃子人気店には行列が・・・

20180503

夜、息子夫婦と居酒屋で打合せ。今回の山登りにお嫁さんは残念ながらパス。次回は是非。

我々夫婦は駅前のホテルに宿泊した。

翌朝、目が覚めると外は雨。あああ・・・・やはり・・・・

20180504a

7時 息子にピックアップしてもらい、東北自動車道を北上。

高速道路を那須で降りた頃、お日様が出てきた。良かった~。

20180504b

那須高原一帯は国立公園。看板も建物外観も色の規制が厳しい。コンビニも

20180504c

ガソリンスタンドも焦げ茶色と白のみ。

20180504d

新緑とツツジが美しい那須高原のメインストリート20180504e

標高1462m 登山口駐車場到着  晴れてる!

20180504f

9時25分 「峠の茶屋」から登りスタート。早速地図を広げる夫「Mr.GPS」

20180504g

やはりまだ雪が残っていた。

20180504h

湘南では初夏気分だったのだが、こちらはまだ冬モード。

20180504i

ここまでは良かった。

朝日岳と茶臼岳の尾根中間地点の峠「峰の茶屋避難小屋」は強風で有名。

登山口から歩くこと1時間ほど・・・徐々に天気が崩れ、雪が舞い始めた。すれ違う下山者は「上はめちゃ寒いぞ~」と一言。雨具のくぼみに白い雪が積もる。風も一段と強くなる。

ぐずぐずしてる暇はなく、神経を集中してひたすら上る。

「峰の茶屋」に立つ建物は避難小屋。中には大勢の登山客がひと休みのため立ち寄っていた。

外は吹雪いている。風はかなり強い。しばらく待つ。しかし天候が変わる気配はない。

ネットで「吹雪の中、峠を越えた」人のブログも読んでいたので、覚悟はできていた。

「えいっ、やっ!」の勢いで、3人小屋を出る。このポイントから先は下りだ。下から吹き上げる雪混じりの強風が顔にあたりとても痛い。片手で鎖を握りながら必死で下る。

はめていた軍手はたちまち濡れ、冷たい。手がかじかむ。でもブツブツ言う暇はない。とにかく必死。

強風域は5分だったのか・・・10分だったのか・・・いや2~3分だったのかも。

下るにしたがって風はうそのように止み、もう一つの避難小屋で小休止。

20180504k

振り返って山の様相を見る・・・風を写せないのが残念

20180504l

後は三斗小屋温泉まで、緩い下り。

前を息子が歩き、夫が後ろを歩く・・・とても幸せな時間。

20180504m20180504n20180504o

三斗小屋温泉に到着。ここには「煙草屋旅館」と「大黒屋」の2軒の宿がある。

20180504q

我々は「大黒屋」に宿泊。

20180504z3

玄関で靴を脱ぐ。スパッツが汚れている・・・お役目ご苦労さん。

20180504r

続きは明日。

スパッツ

スパッツというと、足先のないタイツのようなものを連想する人が多いと思われるが、登山用品でスパッツというと登山靴の「泥除け」のこと。

連休に予定している山歩きの目的地は三斗小屋温泉。

息子が先週予約を入れてくれたのだが、宿の情報によると「この先の気温次第だが、場合によっては残雪があり、道もぬかるんでいる可能性あり」「アイゼンは必要ないが、スパッツは持っていた方がいいかもしれない」とのこと。

私、持っていないよ・・・・買わなきゃ・・・

早速、夫を連れ立って大型ショッピングモールの登山用品店へ。20180425

短めのスパッツを買った・・・いや、買ってもらった。

登山用品を買うことについて夫は非常に寛大なので、ついでに欲しかったウェアも購入。

連休のお天気を心配しつつも、期待が高まる。

春ハイキングその2

ハイキングその2は4月19日木曜日。いつもの二人だけの山歩き。

前日、夜のレジェンド練習が9時に終わると急いで家に帰り、急いで夕食を済ませ、急いで寝た。

翌日早朝起床。バス・電車を乗り継いで下りた駅は御殿場線「谷蛾(ヤガ)」20180419b

H駅の改札をICカードで入ったのだが、この谷蛾駅は無人のためICカードが使えないということを電車を降りる間際に知る。料金は降りる際車掌に現金で払ってくださいとのアナウンス。電車を遅らせては大変と急いで現金で払い、ICカード入札記録の取り消し証明書をもらう。

青空・白い雲・柔らか緑の田んぼ。高い橋は東名高速道路

20180419d

ハイキングの目的地は大野山(723m)

頂上付近はかつて県畜産課が管理する牧場があったという。家族連れで楽しめるのどかな雰囲気の山らしい。

20180419e

道はしっかり整備されていて歩きやすい。

20180419f新しく植林されたエリア

20180419g

若い苗木が鹿などの野生動物に食べられないようしっかカバーされている。

20180419h

ぽつんと植えられた八重の桜が満開だった。

いつものようにコースタイム×1.5倍で山頂に到着。

20180419a

山頂はちょっとした公園のようでかなり広い。

ん? どこかで「蚊」が飛んでるような音がする。

20180419r

よく見ると、なんとドローンが飛んでるではないか。

20180419k

大きさは30cm四方ほど。近くで見るのは初めて。

20180419l

いつものようにラーメンを作って食べる。20180419m

頂上からはお天気が良ければ富士山が見えるのだが、生憎この日は雲で隠れていた。写真は丹沢湖と三保ダム。

20180419nシャガの花が満開

20180419q帰りは山北駅から。

20180419p

締めくくりはいつもビール。

さて次のハイキングは?

5月の連休に息子夫婦と・・・ほほ、たのしみ!

春ハイキングその1

白内障の手術以降しばらくは運動なしの生活だったのだが、さすがに春の陽気を感じ始めると体がムズムズ。

3月中旬水泳再開。

3月下旬には娘たち一家と湘南平へお花見ハイキングをした。

周りに山らしきものが全くない場所に住んでいる娘たち家族。

6歳・4歳の孫たちは山道というものを歩いたことがない。果たして歩けるのかどうか、と若い親たちの方が心配している。

「大丈夫よ。あなただって幼稚園の年少さんの時、遠足で麓から頂上まで歩いてるんだから。」と娘に言い聞かせる。

20180325a.jpg

我々二人のいつもの散歩コースを6人で歩き始める。何のことはない、子供たちは身軽!どんどん歩く。6歳の男の子の方は時々主人を追い越す。

「ダメダメ、今日はおじいちゃんがリーダー。リーダーの前じゃなく、後ろを歩くのがルールだからね。」

20180325b頂上でのランチタイム

子どもたちにとっては初の2時間山歩き・・・彼らの自信につながるといいな。

 

 

 

 

息抜き散歩

しばらくは糸紡ぎ、機織りに集中するぞ!と心に誓ったのも束の間。

あの「星空のレジェンド」の第4回公演のための練習が今週から始まり、にわかに忙しくなってきた。

とりわけ会計の仕事は参加費の徴収がありスタート時は忙しい。

第1回練習(水曜日夜)の翌日、朝からぽかぽか日の当たる二階の部屋で、集金の記録と報告などの事務仕事

・・・それにしても、天気がいいなあ・・・とは思った。けれど散歩に行きたいなんて顔はしてなかったはずだが、昼食後、夫が「散歩に行かない?」と誘う。

やるべきことは山積み・・・と言いたい気持ちを「えいっ、やっ」と放り投げて外に出る。

今日のコースはいつもの逆で、湘南平まで南側から登る。

我が家⇒大磯駅⇒東小磯の住宅街⇒山道登り

あっ、見えた、テレビ塔

20171214d

我々が登ってきた道は「関東ふれあいの道」

20171214a

眼下に広がるわが町の家々

20171214e

遠くは房総半島まで見える

20171214h20171214i

西は富士山

20171214k

20171214m

帰り道で通行止め

20171214o

迂回途中で倒れそうな木を発見

20171214p

水仙も咲いてた

20171214q

山を下りて、住宅街を歩いていると・・・ゆずの木発見。

20171214t

その隣の木には巨大な実がなっている

20171214u

重くて重くて落としそう・・・

20171214w20171214v

メロンほどもあるこの巨大な柑橘はザボン?

どうやって食べるんだろう??

箱根明神が岳

夏のスイス旅行以降、夫も私もそれぞれの生活ペースに戻り、上手なすれ違いライフを続けているのだが、このところ私の方の気持ちの寄り添いが足りないかなあ~と感じ始めたので、久しぶりに「山へ行こうか」と夫に提案。

いつも大山じゃつまらない、今回は西の方・・・という私の希望に応えて夫が選んだのは箱根の「明神が岳」

明神が岳は箱根の外輪山の一つ。同じ外輪山の山である金時山へは以前登ったことがあるのだが、明神が岳は初めて。

11月2日 木曜日  台風の後久しぶりに晴れの天気が続いており、絶好のハイキング日和。6時起床。平塚駅7時。小田原駅で大雄山線に乗り換え。

20171102a

終点「大雄山」から登山口のある「最乗寺」までバスで10分。

20171102b

うっそうとしたスギ林に囲まれた境内の奥に登山口がある。

20171102c

暗い杉林が続くのだが、所々に太陽が差す切れ目がうれしい。

20171102d

道はあまり手入れが行き届いていないね・・・不満げな夫

でも大山より変化があって楽しめるよ・・・と私

ほら、道端の小さな花が我々を歓迎してくれてるよ。

20171102e野菊20171102fリンドウ

紅葉もいいけど

20171102g

ススキもいいねえ

20171102h

サクサク・・・サクサク  枯れ葉の音が心地いい

20171102i20171102j

ずっとうつむいて歩き続け、山頂に着いた瞬間顔を上げるとこの景色。

20171102l20171102m

登りにかかった時間はやはりコースタイムの1.5倍。

それでも朝の出発が予定より1時間早かったおかげで、午後3時までには箱根宮城野におりてくることができた。

宮城野から宮ノ下までバス。宮ノ下から箱根湯本は登山電車。

湯本から小田原は小田急線。小田原から平塚まで東海道線。

平塚には5時過ぎに着いた。家まであと少しなのに、夫のリクエストで、おやじのちょい飲み処「大黒屋」へ。

焼き鳥をつまみに今日の反省会。小さいお店なので隣の話が聞こえる。左隣りの70歳代の男性から「二人で登山ですか・・・いいねえ」。右隣の老年男性2人は野球談議に忙しそうだった。

私の2杯目・・・紫蘇焼酎のお湯割り

20171102o

あっ、すごくいい香り。なんていう名前かな?

20171102n

若紫の君・・・・おお、名前もいい!

こうして、ほろ酔い気分で帰宅。

心地よい疲れで8時にはバタンキュー。

Zermatt 3日目

Zermattは登山鉄道、ロープウェーが縦横にめぐらされており、かなり広い範囲の山をスキーやハイキングで楽しむことができる。

Zermatt 3日目はゴルナグラート鉄道の途中の駅、リッフェルアルプからスネガという村までハイキングすることにした。まずは朝食。

コーヒーはポットでサービスされるのだが、取っ手が熱いのでかわいい毛糸のカバーがかけてある。

P1120468

ゆで卵にはこれまたかわいいフェルトの帽子

P1120651

昨日買った小さいサイズのアロマットを持参。

P1120597P1120650

旅行中豪華に食事をしたのは朝食だけ。

朝、花屋の前を通りかかった時目にしたエーデルワイスの鉢植え

P1120600

今日の天気は曇り。予報は下り坂で午後から雨・所により雷。

昨日に引き続き、ゴルナグラート終点駅へ。昨日とは打って変わった景色だ。時折立っていられないくらい強い風が吹く。

P1120608

山の厳しさをほんの少し体感した後、再び電車に乗りリッフェルアルプの駅まで下る。この駅からハイキングをスタート。幸いお天気はまだ崩れていない。

P1120620P1120621

ほぼ平らな道を歩く。こんな素敵な道なのに、歩く人が少ない。静かでいいのだが・・・時々不安になる。

IMG_20170808_174708P1120627

池のほとりで一休み。こんな小さな池でも地図を見る時とても大切なランドマークだ。

コース半分を過ぎたあたりから、霧雨が降ってきた。コース4分の3ほどまで来ると雨粒が大きくなってくる。視界は5mほど。草地だが樹木が生えていない山肌に作られた細い道を歩くのだが、視界が悪いと周りが見えず怖い。そして不安。しかも・・・夫が「この道、間違っている気がする」と言い出した。

「えええっ?」

地図の地形と違うと言う。「この先を一人で見てくるから、お前はここで待ってろ。」

「えええっ?」

仕方がない。待つ・・・まだ来ない・・・待つ・・・まだ?・・・待つ

雨は強くなる。風も少しある。夫が遭難なんてことないよね、ちゃんと戻ってくるよね。泣きそうになるくらい心細い。

10分ほどだったろうか・・・いや、そんなに長くなかったかもしれない。夫が戻ってきた。「やっぱり違う。引き返そう。」

幸い100mほど戻っただけで、正しい道に入れたのだが・・・

旅行中、いたるところで紙の地図を引っ張り出しては、いちいち現在地やら地形やらをチェックしている夫にイラっとしていた私。しかし夫の地図マニア的行動のおかげで、道に迷わずにすんだ。

「今回はかなり感謝してるし、改めて尊敬します。もう、地図のことで文句は言いません。」とぐっと頭を下げた。

P1120638

スネガのケーブルカーの駅にある食堂。P1120640

ポテトとソーセージだけだけと、温かい食事にありつけてうれしかった。

P1120639

Zermattの街も雨。

P1120644

最後の夕食くらいレストランでと思っていたが、そんな元気はなく、昨日に引き続いてホテル宴会。

ゆで卵・ハム・チーズの入った野菜サラダにサラミ、生ハム、マックのダブルチーズバーガー、飲み物はビールと赤ワイン。

IMG_20170809_002746

この写真を娘に送った。

「お母さんたちも、もう旅の上級者だね」と返信がきた。

Zermatt 2日目

わ~い、快晴だ~。我々の部屋からは見えないが、ホテルの食堂の窓から大きく見えるマッターホルン(4478m)。

P1120465

ピラミッドの形をしたその姿は堂々としていてやはり美しい。

P1120464

朝8時行動開始。前日ツェルマット駅前にあるゴルナグラート鉄道の駅でPeak Pass(乗り放題パス)2日券を買っておいたので、この二日間は毎回切符を買う手間がない。

今日は下りのハイキング2コースを楽しむ予定。まずは登山鉄道でゴルナグラート駅(3090m)まで上る。登山鉄道車両内には自転車置き場もあり、びっくり。自転車に乗れるところなんてあるのだろうか・・・

P1120471

勾配がきついのでギザギザが付いている。(アプト式)

P1120475

車窓からの眺めも素晴らしい・・・ワクワク

P1120486

ゴルナグラート駅に到着。  すごい迫力!  もう言葉が出ない

P1120506P1120507

ゴルナグラート駅からの「下り」のハイキングコースは、線路と付かず離れずの距離にあり、ひと駅分だけ歩くとか、ふた駅分歩くとか、距離を自由に調節できるのがありがたい。

下り始めると次の電車がやってきた。ヤッホー!と手を振りたくなる。

P1120512P1120516

途中で行く手に動くもの発見。

P1120523

な、なんと、羊だ! 慌てて追いかけるP1120525

スウェーデンでいつもの羊たちに会えずがっかりしていたのだが、思わぬところでスイスの羊たちに会えてラッキー。

P1120528

ハイキングコースは自転車のコースにもなっていて、我々を次々と追い越していく。後ろからやってきたバイク野郎の写真を撮ろうとカメラを構えていると、ポーズをとってくれた。かっこいいなあ~。

P1120532

自分の人生にこんな素敵なシーンが追加されるとは本当に予想していなかったなあ・・・

P1120536aP1120541P1120546

ゴルナグラートから2時間ほどハイキングをした後、今度はリフトで別の峰へ。

P1120557

小さいリフトから大きいリフトに乗り換えてグレッシャパラダイス駅(3883m)に到着。標高は富士山より高い。駅から外へ出ると、そこは一面氷河。スキーやスノーボードを楽しむ若者が大勢いた。

P1120569

再びリフトで峰の途中まで下り、そこから今日2つ目のハイキング。氷の世界から一転、緑の道を歩く。

P1120587P1120590P1120593

夕方ホテルの部屋で疲れを癒しつつ、タブレットで娘宛てにメッセージを書いていると、合唱連盟理事仲間のKさんから突然メッセージが届いた。

「クノールのアロマットってご存知ですか?」

「アロマット?」

続きは明日。