リトアニアのもう一つの魅力

“リトアニアの歌を歌う”プロジェクトは着々と進んでいる。

先日の合唱連盟総会で、この事業が提案され、リトアニアの国歌とリトアニア国民の誰もが愛唱する曲「愛するリトアニア」の2曲についての今後の練習予定も合わせて発表された。連盟加盟団の反応も良好だ。

2月、この企画を思いついて以来合唱国リトアニアを是非訪れてみたいと思っている。が、あの「歌と踊りの祭典」は、4年あるいは5年に一度しか開かれず、今後予定されているのは、リトアニア=2022年、ラトビア=2023年、エストニア=2019年。エストニアは今年だが、7月4日から7日までで、星空のレジェンド公演と重なるではないか・・・残念!

20190502

個人の旅行で合唱交流するのは難しく、リトアニア旅行の目的がいまひとつ弱いというか、ピントが合わない。

何か別のしっかりした旅の目的がないだろうか・・・・連休さ中の昨日、夫と徒歩で図書館へ行った折り、パソコンにキーワード「リトアニア」を入力して検索してみた。

さすが、リトアニアのホストタウン、所蔵しているリトアニアの本は意外に多い。ずらりと出てきた中にこんな本を見つけた。

20190501a

ぺーじをめくると出てくる出てくる・・・紡毛機や手織り機などの写真が次々と。

そうだ、バルト三国は手仕事が盛んなのだ。そしてリネンの国でもある。

ワクワクするようなシーンが目に飛び込んでくる。

わ~、行きたい!

最初のリトアニア旅行のテーマは合唱からリネン・手仕事・手織りに変更しょう。

ただ、夫がこれにどう反応するかが心配。

羊がテーマのイギリス旅行も面白がってくれたので、多分・・・・。

”miminbo”

お揃いのニット帽 ”miminbo”

20190128a20190128b

北の友人からの贈り物だ。彼女の手仕事作品。

ねえ、近いうちに大山登らない? このmiminboかぶって。

お揃いの帽子のじいさん・ばあさん・・・素敵じゃない?

正座の罠

正座は嫌いじゃない。

一日何度か正座で仕事をする。

限られたスペースの机では書類を広げられないから、床に広げて正座。

同じように洋裁も正座。

糸作りの工程の一つである原毛をほどく作業も正座。

夕べも床に正座で解毛作業。20171117a

根を詰めると良くないので、時々中断するのだが、夕べは30分くらい座っていたか・・・

立とうとして、突然よろけた。足の感覚が全くなく、ドスンと大きな音を立ててその場に崩れた。

足がしびれていることは自覚していたのだが、まさかこんなにふにゃふにゃ状態とは・・・。

足の甲を床に強く打ち付けたらしく、今朝から歩くと痛む。

これじゃ今日の水泳はできそうにない。残念!

危険はどこに潜んでいるか本当にわからない。

用心用心。

キルト博のお土産

先週木曜日から7日間の開催予定でスタートした東京国際キルトフェスティバル。

今年も友人3人と一緒にオープン初日に行ってきた。

昨年はチケットが手に入らず、オークションでしぶしぶ購入したのだが、今年は新聞販売所の抽選に運よく当たり、4人とも招待券で入場することができた。

写真は撮らなかったので、載せられないのだが、会場の様子はほぼいつもと一緒。

昔は熱心にキルト一枚一枚を丁寧に見学していたものだが、今はさ~っと一巡するだけ。

お店がずらりと並ぶコーナーはものすごい人だかり。

もう、キルトはやらないし・・・特にほしいものもない・・・

なのに、ここまで来たのだから「何か買って帰りたい」とも思う。

旅先でお土産を買いたくなる心境と同じ。

で、結局買った。

p1110932

灰色のフランネル生地に赤糸のハートの刺繍

さて何を作ろうか・・・?

 

 

捗らない

キーボードで「はかどる」と打つと「捗る」という漢字がでてきた。

恥ずかしながら知らなかった。

「はかどる」は話し言葉ではよく使うが、外で仕事をしているわけでもないので、漢字で書く機会はほぼないに等しいのだ。ちなみにどういうわけか「進捗」の漢字は知っていた。

★ ★ ★

ところで、お正月明けには着ようと思って年末にスタートしたコートの縫製。

なかなか捗らない。

20170115

7日の合唱連盟定例理事会にも、10日のコーラス初練習にも、そして昨日の連盟新年会にも間に合わず、来週の東京ドーム・キルトフェスティバル見学にも間に合いそうにない。

このところ、コートのミシンかけより先に優先しなければならないことが多くて、ついつい後回しに。

それでも、途中で諦めず仕上げにまで持っていくには、一日最低1か所だけでもミシンかけをする。

いつものようにコツコツとやればいいんだ・・・と言い聞かせながら。

落ち着け

気持ちがフワフワ状態で、なかなか織りに向き合えない日が続いている。

昨年に比べて、合唱連盟の仕事が加わっただけなのに・・・

役を引き受けたのは少々甘かったかもしれない。月1~2回の会議が終わるとどうしても会議であがった課題について考えてしまい、一切を忘れて自分の事だけに集中!というのがなかなかできないのだ。

加えて、オリンピックが気になるし、暑いし・・・

とにかく、作業部屋を掃除して気持ち入れ替えて、落ち着こう。

20160817

双六岳登山 1日目

今年は初めての3泊登山に挑戦。

「次は双六岳がいい」と言い出したのは私。テレビで美しい景色とともに初心者コースと紹介されていたからだ。

夫は「よっしゃ」と早くから綿密な私用の計画を立ててくれていた。

慣れている人なら2泊でOKのところを3泊とゆっくりペースなのだが、お布団1枚に二人で寝るかもしれない、お風呂なんて多分ないだろう、朝も早い、それを3泊連続・・・自身がないよ~。

出発したのは8月3日(水曜日)早朝。

茅ヶ崎→(相模線)→八王子→(スーパーあずさ1号)→松本

松本からは新穂高までバス。

20160803b

20160803a

すでにリュックが並んでいたが、人数は多くない。

新穂高温泉(標高1100m)にはお昼頃到着。

ここには2155mの高さまで一気に登ることができるロープウェイがあるが20160806p

これには見向きもせず、歩きはじめる(13:00)20160803d

少し曇っているが、初日は林道歩きだけなので、OK20160803e

歩くこと1時間半。1泊目のワサビ平小屋(標高1400m)に到着。ブナの樹々に囲まれ、近くには蒲田川が流れている。

20160803g

とういうことは水が豊富!20160803h20160803i

うれしいことにお風呂もあった。疲れるほど歩いていないが、早速お風呂を楽しむ。

そして、いつものセット。20160803f

我々の寝る部屋は夫婦単位の人たちで10人ほど。二人で布団1.5枚。

5時半の夕食を終えたらすることもなく、ウィスキーのおかげもあてアッと言う間に眠りについた。

糸作り

ここしばらく織りはお休みで、糸作りオンリー。

20160325

が、なかなかはかどらない。

夫の鼻の手術、私のインフルエンザと今年初っ端から落ち着かない日々が続いたせいか・・・?

今のところ出来上がった糸はこれだけ。

20160326

太さ6番手(1gあたり6m)を目標に紡ぐのだが、同じ太さをキープするのはやはり難しい。

カセ毎の太さは

細いものは7.17

太いのは 5.00

でも細いのと太いのを隣同士にすれば、合わせて12 平均6

まっ、いいか。

1分10秒×20回

先に行われた市民合唱祭で演奏した2曲分の録音CDを受け取った。

団員20名に配布するため、これをコピーしなければならない。

2曲で約7分。パソコンでコピーするのにかかる時間は1分10秒。

パソコンを見ながら待つ時間としては決して長い時間ではないのだが、1度だけならともかく、20回ともなると、なんだかもったいない。

やっぱり何かしなきゃ

と、ずっと前からちまちまやっている原毛のカードかけをすることにした。

パソコンは机の上

カードかけは床に正座

20160313

パソコンのCDの書き込み開始ボタンを押す

すぐに座ってカードかけを1分10秒

カチャッとCDが取り出される音がすると、立ち上がる。

新しいCDに入れ替えて、また書き込み開始

座る・・・立ち上がる・・・座る・・・立ち上がる

これを20回繰り返す。

約1時間後

20枚のコピーができあがり、そしてカードかけが合計約23分でき、立ち上がる+座るの足腰運動も20回。

頼まれ仕事も前向きに!