5月の山登り

「旅行の前にもう一度くらい足慣らししておきたいなあ。今度の日・月と泊りがけでどう?」

夫のオファーがあったのは先週木曜日。

日・月というとすぐじゃないの。「もう少し先がいいな」といつもだったら返すのだが、今回は即同意。

最近の私は少々愚痴が多い。この「イライラ」を山中に捨ててくるのもいいかもしれない・・・と、思ったからだ。

日曜日早朝出発

8:27 ヤビツ峠からしばらく舗装道路を歩く  天気は晴れ  暑くなりそう・・・20170521a

行き先は「塔の岳」標高1490.9m。先日登った「大山」と同じく丹沢山地の一角をなす。今日歩くのは表尾根縦走コースで三の塔→鳥尾山→行者岳→塔の岳。地図に書かれているコースタイムは約4時間。健脚ならば日帰りできる山なのだが、私の足では無理なので、一泊の予定。

8:52 ここから登山道が始まる。塔の岳まで6.2km 20170521b

新緑の中をテクテク・・・じゃなくて、ハアハア20170521d20170521e

登山道は木道などがかなり整備されているとは言え、荒れている個所も多い。20170521f

10:40 三の塔のちょっと手前の二の塔20170521h

この辺から空腹を感じ始める。朝、秦野駅でバスの乗り継ぎがスムーズ過ぎて、おにぎりを買う時間がなかったのだが、「おにぎりがない!」と思えば思うほど、食べたくなる。少し早めだが、とりあえずラーメンを1個作って二人で分けて食べた。

11:00 三の塔到着  中央のちょっと高い山が目指す塔ノ岳 ああ~遠い・・・20170521n

13:30 二度目のラーメン これも美味しい!だがおにぎりがないのが悔やまれる。20170521p

14:00 ゴールまであと少し。20170521q

15:00 やっと着いた~!  若い青年がシャッターを押してくれた。20170521s

いつものご褒美 350㎖500円20170521u

山小屋の名前は「尊仏山荘」という20170521v

ここの夕食はいつもカレーライスと決まっている。20170521y

日曜日の宿泊客は少なく、ベッドは4つあるが個室状態で、快適だった。20170521z

「よく頑張りましたね」と夫。小学生が花丸もらった時のようなうれしさ。山の上と下では完全に立場が逆転する我々。40年で培った夫婦のバランス術なのだ。

翌朝 6:00 遠くに富士山20170522d

ゆっくりのんびり下る。途中、走って登る人たちとすれ違う。速いのなんのって、彼らの身体は一体どうなってるの?

20170522g

夫がずっと探していたミツバツツジに下り道でやっと出会えた。20170522i20170522l

でもほんのちょっと。ツツジのシーズンには少し早かったようだ。夫が残念がっていた。

2回目の足慣らしはいつものように時間はかかったが無事終了。

もう準備はいいかな?

花菜(かな)ガーデン

5月は春バラの季節

我が家から車でほんの10分ほどのところにある県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」のバラ園を見学してきた。

バラ園には1500種、約2300株のバラが植えられており、今が開花のピーク。

20170518a

20170518c

お花の世話をする才能はないけれど、見るのは嫌いではないよ。

顔をそっと近づけて香りを嗅ぐ。

夫も私も香りの表現力がないので

ただ「石鹸の香りだね」

20170518e

1945年ベルリン陥落を記念して命名・発売された「ピース」↓

20170518b

クレマチスも開花のピーク

20170518d

バラに負けじと個性的な色・形で競っている。

20170518f

予想していたより人は多かったが、園内はかなり広いのであまり気にならない。

20170518g20170518h

睡蓮も咲いている。

帰りがけ、JAの直売所で蕗・セロリ・ソラマメ・グリンピース・ブロッコリー・ズッキーニを買った。夕飯はこれらの野菜がずらり。

ああ、いい季節だ!

 

 

 

ヴェガはどこに?

7月1日の合唱公演 全13曲からなる合唱組曲のタイトルは「星空のレジェンド」

七夕伝説をもとに作られた創作物語だ。

3曲目の「私はヴェガ」に出てくる歌詞

🎶 私はヴェガ

機織りするのが 好きなの私

あなたの着物を 織るのが好きよ

日がな一日 織るのが好きなの・・・🎶

そう、私は機織りが好きなヴェガなのに・・・

このところ、合唱の練習・準備で忙しくて全く織れない!

ちょっとイライラ

公演が終わるまでの我慢だとしても

時々ヴェガの生活に戻りたくなる

20170515

 

 

 

 

忘れないうちに

ひとつ前の記事は4月25日にアップ。今日は5月13日。半月以上プログを書かなかったとは・・・。

心の中では「ブログ」用に何かしらつぶやいているのだが、私の場合、記事にするにはたっぷりの時間が必要。その時間が最近なかなか取れない。忙しいのが理由と思いたいが、実は老化現象なのかも・・・。

言い訳はともかく、せめて、楽しかったことは忘れないうちに。

★ ★ ★

連休後半は、息子夫婦の住む栃木へ一泊旅行。

連れて行ってもらったのは鹿沼市にある「前日光県立自然公園」内の横根高原

右の雲のかかっている山が男体山。左の雪山が白根山。

20170504

展望台から少し奥に入ると井戸湿原。木道の周遊コースが整備されている。新しいトレッキングシューズで約3時間歩く。今の季節ならもしかして満開のツツジが・・・と期待したのだが、少し早かったようだ。

20170504b

宇都宮市街への戻る途中、大谷石の採掘跡へ。観音様の顔だけが他の部分に比べ白く風化していないのが不思議。

20170504c

夜は4人で居酒屋へ。お互い気が楽なのが一番!20170504d

翌日5日も快晴。益子の陶器祭りへ。2017050405e

私は焼酎用のマイカップを買った。

20170505a

夫は道の駅で。

20170505b

たっぷり外歩きをしたせいか、その後しばらく顔がヒリヒリ。でも息子夫婦と二日間楽しく過ごせて満足満足。

3度目

決めているいるわけではないのだが、今年もお花見3回。

今年は例年より開花が遅くしかも気温が比較的低い日が続いたせいか花が長持ちしている。お花ゼロだった最初のお花見から17日後の14日金曜日午後、夫と二人、近くの川べりへ3回目の桜見物に出かけた。

20170413a

正面は大山(おおやま) 陽気がいいと山が霞む。

20170413b

っわっ、花がもこもこ。これぞ満開。

20170413c

桜のトンネルだ。

川の土手のサイクリングロードは海まで続く。

20170413d

ちょい不良の我々夫婦

ビニールシートを忘れてきたので、コンクリート直座りで、ミニ宴会。

20170413e20170413f

青い空、瑞々しい緑、菜の花の黄色、そして満開の桜

ああ、ほんとにきれい。