映画「インフェルノ」

20161030

我々には珍しく公開されるのを待ちに待っていた映画「インフェルノ」

封切3日目の昨日夫と共に観てきた。

2年前ダンブラウンの小説を英語で読み、その年の旅行はイタリアのフィレンツェ・ベニスと決め、物語の舞台となった場所をそれぞれ訪ね歩き、大いに楽しんだ。

本を読み、その舞台を訪ねて自分なりに思い描いたイメージがある。

さてそのイメージと映画の映像はちゃんと一致するだろうか・・・?

物語の終わり方が原作と違ってはいたが、はほぼ原作に忠実に作られていた。

場面の移動が多いので、もう少しゆっくり見たい、というのが本音だがほぼ我々のイメージ通り。

本で楽しみ、旅行でなぞり、さらに映画で確認。

詳細を忘れていた部分もあったので

もう一度読もうか・・・・4度目の「インフェルノ」

広告

シェルター

普段とは違う特別な事態の中で
平静を保つため確保したシェルターは
「本の中の世界」だった。
 
入院中の母に付き添っている時も、
亡くなってから葬儀までの3晩、同じ部屋で母の遺体と二人っきりで寝ていた時も、
ずっと本を読んでいた。
 
読みかけの「レディージョーカー」は
もう終わり近くだったので、病院で読み終えた。
次に開いたのは
羽田空港で買った本
「スープ・オペラ」・・・阿川佐和子の小説だ。
 
軽妙な筆致。
読みやすく、ストーリーもなかなか。
 
おかげで葬儀が終了するまでの間、
狂騒曲がガンガン流れる日中の疲れは、
夜の読書タイムで癒すことができた。
 
悲しい時に、阿川佐和子?
と、自分の神経を疑ってみる。
 
確かに変。
 
でも、
ずっと前から
母の死は自然の流れとして覚悟していた。
母の肉体がなくなっても母とのつながりは決して消えない。
「だから、ちっとも悲しくないよ、私」
と思いたくて
あの時本屋で無意識のうちに、
「スープ・オペラ」を選んだのかもしれない。
 
葬儀の前の晩にスープオペラを読み終え、
シェルターがなくなった。
 
次の夜、つまり葬儀を終えた夜、
急に悲しみが押し寄せてきた。

やっぱりミステリー

「ミレニアム 3部作」
著者 スティーグ・ラーソン(スウェーデン人)
 
全世界で800万部を突破したというミステリー小説
 
舞台はもちろんスウェーデンなので、スウェーデンカルチャーてんこ盛りだ。
 
ストーリー? 夫と私の評価はダヴィンチ・コードに次ぐ面白さ。
 
3部作のうち、1部は日本語で読んだ。
スウェーデン語をフランス語に訳し、それを日本語に訳したもので
読み始めは少々ごつごつしていたが、読み進むとお話の面白さで、ごつごつも
気にならなくなる。 
 
2部は英語で。これも翻訳版ゆえ、固有名詞はスウェーデン語で少々読みづらいが、
ワクワクストーリーがカバーしてくれる。
2部はあと4ページで完読。
 
さて次は3部だ。
夫がすでに3部(日本語版)を読んでいる。
 
私は「絶対英語で」とアマゾンを覗いてみたら
英語版は秋にならないと発売されないことが判明。
 
やっぱり秋まで待てそうにないので、夫の後日本語版で読もう。

青豆につられて

「青豆」
と聞いて、人の名前を思い浮かべることができる人は、
最近の「1Q84」を読んだ人と、
utaさんと私のブログを読んだ人くらいではないだろうか・・・・
 
  ☆ ☆ ☆
 
ブログに「青豆善男」という男を突然登場させたのはコメント仲間のTakさんだった。
utaさんのブログ”史上最大のマズッ、続編・「あれ」と「これ」に対するコメントだった。
その後、コメントはエスカレートし、
登場人物は
 青豆善男のほか
 妻 善子
 娘 善江
 父 義三郎
などが出てきた。
 
しばらく経ったある日、私はある物産展で「青豆」という大豆を見つけた。
早速ブログの記事にしたのだが、そのタイトルは青豆善男様にした。
 
会ったこともない人たちとのブログ上でのお遊び。
悪くはなかった。
今まで体験したことのない面白さがあった。
 
そう言えば、村上春樹の大ファンだったTakさん、
今頃どうしているんだろう・・・。
 
   ☆ ☆ ☆
 
つい先日、夫に
「村上春樹の「1Q84」には青豆っていう名前が登場するんだって・・・もしかしてTakさんって村上春樹の友達だったのかしら・・・」と話した。
 
夫は村上春樹の本を読むようなタイプではない。
なのにどうしたことか、「きっとお前も読むだろう」と言って買ってきた。
絶対「青豆」につられて買ったに違いない。
 
夫が読書中なので、私はまだ読んでいないのだが、
読む前からこの「青豆」という名前ばかりがやけに気になる。
 
「青豆」という名前に不思議な因縁を感じるのは
ほんの数人だろうけれど・・・

アメフト

小説を読むのは、
居ながらにして体験したことのない世界に入り込めるので、楽しい。
 
お気に入りの作家・ジョングリシャムの新作が出たので早速注文した。
彼の作品はほとんど弁護士ストーリだったのが、今回は異色。
アメリカンフットボールプレーヤーの物語だ。
 
ジョングリシャムの作品はほとんど読んでいるので、
らく~に読めると思っていたのだが、
どっこい、どうにも進まない。
 
そもそも、アメフトの知識がなさすぎるからだ。
アメフトは日本では超マイナーなスポーツ。
しかし、アメリカでは野球よりも、バスケよりも人気があるという。
 
ならば、ルール・用語くらい知っておいても損にはならないだろう・・・
早速アメフト関連を検索。
読み終わる頃には、すっかりアメフトファンに・・・・なんてことになればいいな。