孫の赤のコート

2015年5月 羊毛を赤に染め

20150505d

糸を紡ぎ

20150505a

2015年9月 織り始めた。

P1100872

糸は布になり

20150925a

ミシンで縫って、赤のコートが完成したのは2015年11月。

20151101a

でも、着せたい孫のM子はこんなに小さかった

IMG_7442

あれから5年。

M子も大きくなり、ついにコートを着た写真が送られてきた。

これから冬本番。

外での写真も一枚お願いね、と頼んだ。

1kgの糸から

最初に作ったリネンの服

ふと「あの子」の洋服に似ていると思った。

紺色のリネン糸1kgを購入。2回に分けて織った。

織りあがった布でサイズを少し違えて2枚縫った。

海の向こうの娘とお揃いでと思って・・・・。

いくつになっても繋がっていたい気持ちは変わらない。

手織りリネンの洋服2枚目

雨の日が続き、散歩が出来ないのは悔しいが、その代り洋裁が捗り、手織りリネンの洋服が完成した。

織り始めたのはほぼ1か月前の6月21日(もっとも整経前には糸を染めたりしているので、準備はもっと前からだが・・・)

なんだか色も柄もモンペみたいで少し不安。

7月14日 織り上げて、じゃぶじゃぶ水洗いし、干して、アイロンかけて、縫製へ。

以前縫った洋服は生成りのリネン。

同じ型なので、比較的スイスイと言いたいところだがミスった個所もあり、表からはわからないように修正。

タグも付けて

心配したモンペ柄・色も案外夏らしく涼し気な雰囲気で良かった。

さて、本日は娘とのスカイプ。

早速これを着たところを見てもらおう。

明るく

なぜかストレスは全然溜まっていない。

今までより健康かも・・・。

今日も大磯港まで自転車で生シラスを買いに行ってきた。

20200327_105236

晩酌が楽しみだ。

さて、散歩以外は手仕事も継続している。

先ほどマリメッコのエプロンが完成

20200327_140427

大胆な柄のおかげで、気持ちもおおらかになる。

次の布はさらに明るい。

20200327a

有名なウニッコも特大サイズ。

20200327b

まだまだ続きそうな自粛生活だが、明るく過ごせそう。

完成

残り糸を集めて織り始めたのは昨年2月。

20190201_104302

11月に織り上がり服地として仕上げた。

20191116_101852

以来ずっとそのままになっていたのだが、

コロナ騒ぎで毎日家にいられる間にと、ジャケットを縫った。

20200320_161905_HDR

羊毛の種類も違う、糸の太さも違う、格子柄のサイズも微妙に違っていたので、最初っから普段着用と決めて縫った。

出番は今年の秋。楽しみ!

今日も

昨日の寒い雨模様の天気から一変、今日は温かい晴天。

9時 いつものルートを歩く。学校がお休みになって家の中に閉じこもっている子供たちも、こういう広い場所での軽いハイキングだったらOKなのでは?

20200303_093214

午後は久しぶりにミシンを出して縫物をする。

20200303_164318

本に出ていたジャケットを作る予定で、作り方頁の寸法通りにまず型紙をおこす。

だが、果たしてその型紙のサイズや形が自分にあうかどうかわからないので、回り道だが、シーチングで試作。

この分だと暇だとぼやく暇もなさそう。

手織りリネンの洋服

未晒しのリネン糸を織り始めたのは5月半ば。(その時の記事

20180518b

服地にするため45cm幅で7m弱を織り上げたのは7月初旬。

織りあがりはパリパリなので、洗濯機でガラガラ回して柔らかくした。

そこまでやっておきながら、その後はなかなか洋服にする決心がつかず、目の届くところに放置。

ジャケットにしようか、それともチュニックにしようか・・・さんざん迷い、ようやく縫う気になったのはつい1週間前のこと。

コーラスの衣装で縫ったチュニックの型紙を少し補正して使用した。

出来上がりは

20180902a

久々にネームタグをつける。

20180902b

これで完成と言いたいところだが、夕方まで着て、着心地を試して見なきゃ。

20180902c

このリネンのザラザラ・シワシワ加減が実は大好き。自然素材で体に優しく、どこにも無理がない形で、とてもらくちんな普段着。

ああ、急に緑いっぱいのところへ行きたくなってきた。

5色のスカーフ

高校合唱部OB会の演奏会が迫ってきた。

全体練習は本番前日の午後と本番の日の午前中だけなので、メンバー各自の自主練に期待がかかる。

ところで、前回の女性のステージ衣装は白のブラウス・黒のスカートだったのだが、「今度はどうする? 考えてくれる?」とまとめ役のSさんにやんわり頼まれた。

ええっ? 白黒でいいじゃない~、と思っていたのだが、やはり少し色があった方がステージが明るくなることは確か。全員が集まるのは演奏会の前日。あまりややこしいことは提案できそうにないし、安価で素敵な衣装・・・

一緒に頼まれたYさんにメールで相談。「赤色のものを1点身に着けるのは?」「じゃあ、スカーフは?」「色はいくつかあった方が・・・」「いろいろ調べたけど、案外安く作れそうだから、やってみるね」

ミシン仕事は得意なので、早速手芸店で少しラメが入ったオーガンジーの布を購入。試作して試着。

20180823

うん、まずまずの出来。

すぐに他の色を買いに走る。

20180823c

縁の始末はロックミシンでOK。

5色×4枚・・・女性20人分完成。

気になるのは、全体の雰囲気はどんな感じになるかだ。

スカーフにして10人分並べてみた。

20180823b

青が少しきついかなあ・・・気になる・気になる・気になる・・・

紫を買って来て入れ替えてみる。

20180823a

私はこっちが好き。

でも、念のため、ぜ~んぶ持っていってみんなに決めてもらおう。

ステージ衣装

コーラスのステージ衣装と言えば、定番は白ブラウスと黒のスカートだが、もちろんカラフルなブラウスやロングドレスなどもお揃いでよく着られる。

さて、7月8日公演の合唱物語「星空のレジェンド」の衣装は?

昨年までは定番の白黒だったのだが、今回は衣装担当さんが色々考えてくださって、今までとは違ったスタイルになる予定。

合唱団員は全員が「村の人」と設定。だからと言って野良着・作業着などを着るわけではなく、決まっているのは着るものを白またはベージュで統一することだけだ。

う~ん・・・私は何を着ようか・・・自由に選ぶというのはかえって難しい。

私の村人のイメージで言うと麻や木綿の自然素材がいいのだが・・・

手持ちにイメージ通りのものがない。

ならば自分で作ろう、と無漂白の綿麻布を買ってきた。

丈は少し長めのチュニック(NHKすてきにハンドメイドの洋裁本についていた型紙使用)にした。

手持ちのパンツとあわせて20180604b

布を買ったついでに紫色のチュールも50cm買ったのだが、首元をちょっとおしゃれにするのはいかが?

今度の練習で衣装担当のKさんにチェックしてもらおう。

着物リフォーム

リフォーム目的でもらった母の着物がまだ数枚残っていた。

「ほどく」「洗う」の手間が余計にかかるので、なかなか手を付けられずにいたのだが、先日ようやくその気になって一挙に2枚縫った。

1枚目 羽織から

20180527b

2枚目 紬のきものから

20180527a

調子にのって綿麻混紡の布を買ってきてもう一枚

20180527c

きもの地は洗うと色が落ちるなど、本来ブラウスなどには適さないのだが・・・

いいの。何もしないで捨てるよりは。